フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

カテゴリー「北海道(道東)で、はいった温泉」の20件の記事

2012年7月22日 (日)

【十勝川温泉[第一ホテル豊洲亭](北海道・音更町)】~掛け流しの湯~ 

【十勝川温泉[第一ホテル豊洲亭](北海道・音更町)】宿泊
入湯日:2004年10月

めっきり暑くなってきたので、しばらくの間、北の地の回想録で気分だけでも涼んでいきたいです♪

--------------------------------------------------------------------
■散歩道、今日の写真!  北海道にて■ Img_46021

「暑さも、日が沈めば・・・」 
北の大地は、日向でこそ暑いですが日陰はカラッとしているので過ごしやすく、内地とは雲泥の差。
--------------------------------------------------------------------

十勝川温泉は北海道の道東地区にある温泉郷でも歴史ある温泉旅館です。創業者も温泉開発に関わったとか。
この年に北海道遺産の登録されており、植物由来の有機物を多く含むモール泉で有名です。温泉には腐食質が含まれています。

第一ホテルは、新館の豊洲亭と本館があり、この時は本館ビジネスプランで宿泊しましたが、平日だからかラッキーなことに新館の二間続きのゴージャスな部屋に通されました。

内湯は1階と2階の二層となっており、下には庭園露天風呂、上には展望露天風呂があります。
内湯の湯船では、褐色のお湯が湯口から出ており、僅かなモール臭も感じられ、ヌルスベ感がとても心地いいのですが少し塩素臭も気になります。湯船の縁からはしっかりオーバーフローしていますが、湯口の量を見ると循環は間違いないです・・・
庭園露天風呂に関しては、100%掛け流しのようで、半透明の濃い琥珀色をしており、湯の華もしっかり確認できるぬるすべ感の強いお湯でした。
そして二階の展望露天風呂も同じような湯使いのいいお湯ですが循環もしているようです。白鳥大橋と帯広の街並みも見ることができます。

食事の方も、部屋食でたいそう立派だった記憶はありますが、内容は覚えていません

大型観光旅館であることを考えれば、なかなか落ち着いたいい宿であったと思います。

十勝川温泉は組合が集中管理する混合温泉ですが、数軒がまだ自家源泉を使用しているようなので、次回訪問時はそちらへも入湯したく思います。

★温泉データー★

泉  質 : 単純温泉

泉  温 : 45.0℃

PH 値 : 8.0

湧出 量 : 219 L/分(動力)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 584 ㎎

使用状況 : 循環・一部掛け流し(湯張時加水する・加温有り・塩素投入))

場  所 : 北海道河東郡音更町十勝川温泉南12

電  話 : 0155-46-2231 

日帰料金 : 1000円(宿泊11800円)

利用時間 : 13:00-22:00 

備  考 : 鍵付ロッカー シャンプーソープ・ドライヤー有。

入湯月日 : 2004年11月

〔8湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ度(宿泊時のみ)4・再訪したい度4

!参考になれば、ポッチっとお願いします!

         人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2012年6月 7日 (木)

【川湯温泉[御園ホテル](北海道・弟子屈町)】~源泉掛け流しの湯~  &北斗の庭

■散歩道、今日の写真!  京都にて■ (※記事とは関連ありません)

Img_38001 
「八相の庭(東庭)」

しつこく、またまた、東福寺のお庭です。
東の庭は、円柱を北斗七星に見立てており、写真右上の生垣が天の川を見立てているとのこと。
コチラでの休憩する方が静かで、ゆっくり考えごとをするには適しているようです。


-----------------------------------------------------------------------

【川湯温泉[御園ホテル](北海道・弟子屈町)】宿泊
入湯日:2004年11月

北海道は女満別空港より車で1時間強の川湯温泉郷でも歴史ある温泉旅館です。

温泉は内湯に源泉掛け流しの湯船と白湯の湯船があり、露天が一つあります。
お湯の特徴は、北海道で一番の強酸性泉。硫黄の香がプンプンし、お味はとんでもなく酸っぱいです。
しばらく浸かっていると肌にピリピリ感が現れます。とてもクセになりますが、肌の弱い方は長湯は要注意です!
内湯に白湯があるのは、交互浴や肌の弱い人のためにあるようですね。
また、露天風呂はお湯がとてもブルーに見えるのですが、お湯自体は無色透明で、
強酸性に耐えられるように特殊ペンキが湯底に塗られているからだそうです。

これだけ個性のある温泉なので、お風呂はよく覚えていますが、
部屋食だった食事はまったく覚えておりません・・・

今こそ、もう一度行きたい特徴ある温泉でした。

★温泉データー★

泉  質 : 硫黄泉

泉  温 : 54.1℃

PH 値 : 1.3

湧出 量 : 260 L/分(自然湧出)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 4176 ㎎

使用状況 : かけ流し(100%・毎日完全換水)

場  所 : 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉3-1-20

電  話 : 015-483-2511 

日帰料金 : 600円(宿泊8000円)

利用時間 : 13:00-18:00 

備  考 : 鍵付ロッカー シャンプーソープ・ドライヤー有。

入湯月日 : 2004年11月

〔8湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします 

        人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2011年11月29日 (火)

【温根湯温泉〔大江本家〕(北海道・留辺蘂町)】~源泉掛け流しの湯~

2011年入湯日数■年間累計:66日間(初入湯60湯)■11月度:10日間(初入湯7湯)

【温根湯温泉〔大江本家〕(北海道・留辺蘂町)】立寄り
入湯日:2005年9月
   

道東、女満別空港より車で1時間半、旭川より2時間強という立地の温泉郷
歴史は古いのですが、最近宿も淘汰されてきており、
こじんまりした温泉郷となってます。

Img_98441
近くの道の駅では、世界一のハト時計がそびえ立ち、
中は子供がよろこぶような装置がいっぱいです。


ちなみに、「オンネユ」とは・・・
アイヌ語で、「大きな湯の湧く所」という意味だそうです。  

本来の目的、温泉の方は、、
たくさんの内風呂・露天風呂のほんんどが完全掛け流し。
子供用の滑り台風呂があるは、巨大旅館ならではでしょうか。
無色透明のお湯は、硫黄臭がしっかり感じられます。お味は無味。
ヌルスベ感は抜群にあります。

★温泉データー★

      泉質 : 単純硫黄泉

      泉温 : 48.9

      PH値 : 9.1

 湧出量(L/分): 混合泉のため不明(動力)

成分総計(mg): 343

源泉利用状況 : 掛け流し(一部浴槽除き)

       場所 : 北海道常呂郡留辺蘂町温根湯温泉  

       TEL  : 0157-45-2511

     日帰り料金 : 800円 

日帰入浴時間 : 13:00-21:00(無休) 

            備考 : ドライヤー無料・シャンプー・ソープあり

         入湯日 : 2005年9月

〔13湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度4・再訪したい度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-。

!参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

【端野温泉〔のんたの湯〕(北海道・端野町)】

【端野温泉〔のんたの湯〕(北海道・端野町)】立寄り
入湯日:2005年9月

 

女満別空港から車で北見方面へ50分弱で行くことができる町営の日帰施設。


Img_09521
 ↑こちら、じゃがいもの収穫後。


Img_09651
 ↑こちら、玉ねぎの収穫前。
  


のどかな田園地帯の高台にたっているので開放感があります。
端野町の100年を記念して掘られた温泉なので、源泉名もおもしろいです!
二つの源泉を内風呂と露天風呂で使い分けていて、
違ったお湯となっているのですが、あまり違いがわからなかった。
循環で塩素臭もしっかりするので、うまく特徴が出せていないのかも・・・
ただ、数種類のお風呂と大きめの露天風呂があるので、場所柄手軽に楽しめます。
お湯は無色透明で多少のヌメリも感じられた。出た後はポカポカスベスベでした。

★温泉データー★

      泉質 : ①ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(源泉名:百年記念1号井)
             ②ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(源泉名:百年記念2号井)

      泉温 : ①48.2
             ②16.8

      PH値 : ①7.9
            ②不明

 湧出量(L/分): ①100(動力)
            ②不明(動力)

成分総計(mg): ①4097
            ②不明

源泉利用状況 : 循環(加温・塩素消毒)

       場所 : 北海道常呂郡端野町字二区792-1  

       TEL  : 0157-67-6111

     日帰り料金 : 500円 

日帰入浴時間 : 10:30-21:45(元旦休み) 

            備考 : 鍵付ロッカー・ドライヤー無料・シャンプー・ソープあり

         入湯日 : 2005年9月

〔12湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価★3★
温泉満足3・清潔満足度4・再訪したい度2・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-。

!参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                    にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                     にほんブログ村

2011年11月 8日 (火)

【美幌温泉〔峠の湯びほろ〕(北海道・美幌町)】

【美幌温泉〔峠の湯びほろ〕(北海道・美幌町)】立寄り
入湯日:2005年7月

北海道、女満別空港より車で15分、網走から30分強で行くことができる、日帰り施設。

Img_45901
天下の絶景、壮大な雲海を見下ろせる美幌峠も近くにあります。

第三セクターが運営している入浴施設で、天井も高くなかなか立派な建物です。
温泉は、男女日替わりの内湯、露天があるが、
この日は露天は改装中とのことで利用不可。、
お湯は、薄く褐色した透明度でモール泉ではないかと思われる。
循環ではあるがヌルすべ効果は健在です。
メタケイ酸143.6mgが大きな要因でしょうか。
 

      泉質 : ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(源泉名:美幌町都橋1号井)

      泉温 : 48.0

      PH値 : 8.1

 湧出量(L/分): 225(動力)

成分総計(mg): 1415

源泉利用状況 : 循環(加温あり・加水なし・塩素使用)

      場所 : 北海道美幌町字都橋40-1 

      TEL  : 01527-3-2121

    日帰り料金 : 500円 

  日帰入浴時間 : 10:00-21:45(第2水曜日休み) 

            備考 : 鍵付ロッカー・ドライヤー無料

          入湯日 : 2005年7月

〔11湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価★3★
温泉満足3・清潔満足度3・再訪したい度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-。

!参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                     にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                      にほんブログ村

2011年8月21日 (日)

【糠平温泉〔中村屋〕(北海道・上士幌町)】~源泉掛け流しの湯~

【糠平温泉〔中村屋〕(北海道・上士幌町)】宿泊
入湯日:2011年8月

2011_080620110311
北海道の旅、4泊目は帯広市街から車で1時間半弱北上した、
糠平湖近くにある温泉郷です。
大正時代に発見された、ぬかびら温泉郷は、9軒の旅館があり
温泉郷として、源泉掛け流し宣言をし、「ぬかびら源泉郷」を名乗られています。
宿泊者は他の6軒の宿に外湯巡りができます!

基本的に1日に違うところには2湯以上入らないのと、かなり疲れていたので、
他の宿には行きませんでした(後悔・・・)

中村屋さんは、建物はとても古いのですが、
それを逆手にとって、ノスタルジックに浸れる宿を維持されています。
こころのこもった宿であることが随所で見受けられ、
とても居心地のいいスペースを提供してくれています。

2011_080620110312  2011_080620110313
中村屋玄関(暖簾は季節で変わる)と温泉犬「ミミ」

2011_080620110346_2  2011_080620110348
古い建物ですが、清掃も行届いており、気持ちがいい。

温泉は、趣向の違った内風呂2つ(男女入れ替え)と
露天風呂(混浴・女性専用時間有)があり、源泉も違います。


Img_2720_2
まずは温泉の外観
 

2011_080620110365
露天風呂「星の里」天気がよければ満天の星空が出迎えてくれます。


2011_080620110356
木の香りのする内風呂。けっこう熱い!カランの水も温泉水です。

2011_080620110353  2011_080620110359
 変色した湯口と    ぬるめる時に使うホース



2011_080620110381
こちらが、30年代にタイル職人によって造られた内風呂。
 
2011_080620110376
天井もタイルで覆われていますね。

2011_080620110388  2011_080620110394
変色した排出口(左)とそれが引かれているであろう小さな湯船(右端)

お湯は無色透明でやわらかいものでした。
 

 
お次は食事!
2011_080620110344  2011_080620110343
食前酒の自家製果樹酒を1つチョイスできます。 

2011_080620110329
夕食は、山の温泉らしいものです。

2011_080620110331  2011_080620110335
オショロコマの南蛮漬け。 エゾジカのたたき。

2011_080620110337
山菜の天ぷらは、カンゾウ・タンポポ・スイバ・エゾイラクサ
他は覚えられなかった・・・

後何品か出てきたが不明・・・

そして、早朝に部屋の前に、地元の瓶入り牛乳が配達されます。
これは今までに経験したことのないサービスでした
 

2011_080620110400  2011_080620110401
こちらは朝食バイキング。やっぱりタラコをチョイス。
今回の旅では、4つ宿で朝食に大好きなタラコがあったが、
プチプチ感はこちらが最高でした。
朝にもかかわらず、
サッポロビール黒ラベルの小缶が置いていたのにも驚き!

その他設備。

Img_2722_2 Img_2724
宿泊者専用の屋根裏部屋「ひとりしずか」。
空いていれば使える部屋で、フロントで鍵をもらって閉じこもることができます。
レコードも置いていて、ひとり物思いに耽ることができますよ!

2011_080620110315  2011_080620110314
「エゾリスの穴」 虫よけ・薬・トランプ・将棋・アイロン・タオル等々
あったらいいな的なものが置いているお部屋。

最後に!

2011_080620110399_2
早朝に気球に乗ることができます。
温泉組合が主催しており、その他いろいろな催しも行われています。
観光旅館不況の中、町おこしならぬ、温泉郷おこしを一致団結してされている
ぬかびら源泉郷には、頑張ってもらいたいです。 

2011_080620110324

泉質  : 単純温泉(鉱泉地1号) / 
泉温  : 54.1   

ph値   : 7.3
  
湧出量(L/秒) : 35(自然湧出) 
 
成分総計(mg) :  1,113
   
場所  : 北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
   
料金  : 宿泊(9,600円) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
 
備考  : 上記は内風呂の温泉分析ですが、
       露天風呂は別の源泉(ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉)使用。 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[3湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度4・家族利用満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ(宿泊時のみ)4。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011年8月16日 (火)

【オーロラ温泉〔オーロラファームヴィレッジ〕(北海道・標茶町)】~源泉掛け流し100%の湯~

【オーロラ温泉〔オーロラファームヴィレッジ〕(北海道・標茶町)】宿泊
入湯日:2011年8月
 

Img_2626
北海道の旅、3泊目。
今回の旅はこのつるつるのモール泉に入るのが一番のお目当て。

 
2011_080620110239_2
道東は、釧路空港より車で1時間半弱の酪農が中心の町、
標茶町の中心街より10キロほど西へ。
敷地面積約30万坪の民間自然体験村。手作り感がいたるところで見受けられます。


Img_2513
公道沿いから、敷地内のダートー道を2キロ進む途中に展望台が。
晴天の中のサンセットが見たかった・・・

 

2011_080620110310
やっと、オーロラファームヴィレッジが見えてきました。
宿泊棟の中心の赤い屋根がメインハウス(管理棟)です。
期待の温泉棟はここから300メートル離れた自然の中にあります。
  
    
2011_080620110243
砂埃を上げて到着したメインハウスでは、温泉犬の茶々丸君がお出迎え!
食事はこちらで!

お利口な雑種ですが、当日はキャンプをしている人がいるので鎖に繋がれています。
なぜならば・・・知らないテントが張られるとマーキングしちゃうそうです

 
 
2011_080620110244_2  2011_080620110248_2
今回はバンガローにお泊り、ソファーやタンスもあり、
別荘のよう。オーナーが代わりTVを置くようになったとのこと。
当日も夜は15度を切り、ストーブは年中必需品です。 
 

2011_080620110246  2011_080620110245
飲み水は、敷地内から湧出する伏水を使用。
これが冷たくて甘味があり美味いです。
無くなれば、近くの給水棟に汲みに行きます 。
その隣に停まっていた四駆は、除雪車として活躍するとか。

冬のメインハウスまでの私道の除雪はさぞ大変だろうと聞くと、
早朝に、近所の酪農家の人々が大型トラクターで温泉に入りに
来てくれるので、その後をこの車で除雪するだけとのこと。
スケールが違いますね

それでは、温泉に参りましょ~う♪   

2011_080620110294 2011_080620110303
  ↑建物正面       ↑誰もいないので後ろから

宿泊棟から300メートル林を進めば半露天の混浴風呂が、まず目に入ります。
更衣室は別々ですね。

 
Img_2631
アワアワのモール泉が左下の湯口から対角線上の排出口まで
ドバドバと掛け流されているお湯での森林浴は、
何物にも代えがたい至極のひと時でした。
 
 
2011_080620110297_2
加水・加温無しの適温の源泉は、ph値が高くとてもヌルヌルしているので、
お魚をつかむのも大変でした~
 

Img_2534 Img_2535
そして混浴棟を少し進むと男女別温泉棟があります。
女湯入口には、しっかり「混浴禁止」の札がついてます。
撮影中に扉が開いたらどうしょうとドキドキでした。
余談ですが、軟弱なので温泉棟まで車で来てしましました

男女ともに、内湯と露天があります!

それでは、男湯へ進んで参ります♪

Img_2573_2
手作り感がある内湯は、2~3人が入れる大きさ。
こちらも湯船がアワアワのモール泉。
 
 
Img_2607  Img_2606
カラン横の止めることのできない蛇口からオレンジ色っぽいモール泉が
流れ続けています。そして湯船からの排出口の1つ 。
 

Img_2571_2
こちらも手作り感のある露天風呂が二つ。
左の第一露天風呂のお湯が排出口から右の第二露天風呂に注がれ、
その排出口から、とておきの湯船へと注がれていきます。
お湯の使い方もエコですね
  

Img_2554
第一露天風呂。源泉から注がれているのでアワアワです。
少し熱いがヌルスベ度がすごいです。
 
 
Img_2562
お次は第二露天風呂。第一露天風呂のお湯が注がれているので、
アワはありませんが、ぬるいので長湯が気持ちいいです。

管理人さんが、近くの酪農家さんから、搾った牛乳を貯めておくタンクを
もらってきて、作ったそうです。
このぬるめの露天風呂で、天の川 を見ながらの湯あみが一番の贅沢だとか。
たしかに、この湯船に浸かれば、街灯はもちろんほとんどの光が遮断されます

今までで、一番の満天の星空を拝むことができました。

そして、次はとっておきの湯船です!

2011_080620110285
第二露天風呂の排出口からこちらへ注がれています!
一般家庭の浴槽のようですが・・・・・実は・・・・・

Img_2537
ちょっと引っ張り過ぎましたが
これは完全予約制の犬専用温泉

実は画像下の「完全予約制」の看板は、
管理人さんが、洒落でこの廃材を利用しただけのようです

最後に、各湯船の湯口の紹介します! どれも湯船にあった贅沢な湯使いです。

Img_2613_2
 ↑混浴風呂  
Img_2602
 ↑内風呂(湯口は湯の中)
Img_2608
 ↑第一露天風呂

食事は、朝夕共に、メインハウスでいただきます。

Img_2580
夜は囲炉裏料理です。
さすが北海道、厚岸あたりで取れた殻付きのカキや北寄貝、
ジンギスカン、地鶏、等々を炭火で焼いていただきます。
それとは別にイカ刺しやでっかいホッケを焼いたのが出てきて、あっという間に満腹状態。
画像はお腹も満腹になり、片付け終わったところ(写真撮るの忘れてました・・・)

2011_080620110305_2
朝食は秋さんまの塩焼きがメインです。
不覚にも納豆事態を言い忘れていました
左隅に半分写る牛乳は、搾りたての牛乳。とても濃いお味

昨夜温泉に入りに来られていた近所の酪農家さん(またまた登場)が
早朝に届けてくれたそうです。
   
都会では、忘れられた近所付き合いを垣間見てなんだかうれしくなりました。

Img_26751
こちらは、歩いて15分ほど登ったところにある、
360度見晴らしのいい小高い丘です。
電柱の廃材で作ったブランコがあるだけ。他に何~~にもありません
左の柱の上部に「阿寒〇〇」との町名表示が・・・



Img_2687  Photo
運が良ければ知床連峰も見えるとか。
ちょうど、野生のエゾジカがこちらを見てました

今回は、自然に親しむということにとことん適した場所でした。
遮る光がない中での星座鑑賞、大自然の中でのカヌーや釣り、
ドップリ温泉に浸って森林浴等、
今度訪れるときは、長期滞在して自然を満喫したいものです。

※長ったらしい記事になりましたが、
最後までお付き合いありがとうございまいした。



Img_2550

泉質  : アルカリ性単純温泉(モール泉)

泉温  : 43.6   

ph値   : 9.4
 
湧出量(L/毎分) : 94(自噴、300Lの源泉からバブル調整のみで必要分使用) 
 
成分総計(mg) :  260
    
場所  : 北海道標茶町字栄219-1 
   
料金  : 宿泊(6950円2食付)+入村料500円 
 
入浴時間: 10:00-翌12:00
 
備考  : 民間の自然体験村なので、数日間泊まって北海道の自然に浸ることが可能。 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[2湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★5★
温泉満足5・清潔満足度4・家族利用満足度5・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ(宿泊時のみ)3。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2011年8月15日 (月)

【阿寒湖温泉〔あかん遊久の里 鶴雅〕(北海道・釧路市)】  (2012.7月追記)

【阿寒湖温泉〔あかん遊久の里 鶴雅〕(北海道・釧路市阿寒湖町)】 立ち寄り
入湯日:2011年8月

-----------------------------------------------------------
右に隣接していた「ホテルエメラルド」
を吸収する形で「鶴雅ウィングス西館」として2012年6月にリニューアルオープンしたようです。どのように変貌を遂げたのか、一度訪れて確かめたいです!
(2012.7追記)
------------------------------------------------------------



阿寒湖を本拠地に北海道内で閉鎖を余儀なくされる温泉旅館を、
高級路線で再生展開している鶴雅リゾート。


2011_080620110199
その本丸である、「あかん遊久の里 鶴雅」へ立ち寄りました。
前回登場の「花ゆう香」に宿泊すれば 、シャトルバスで湯巡りができます。もちろん無料。

2011_080620110178
某情報誌でも、読者の泊まりたい宿No.1に何度も選ばれているだけに、期待も膨らみます。

1階と8階に大浴場があり、男女入れ替えとなります。
どちらもスケールが大きく、本日は男性は「1階 和風大浴場と庭園露天風呂」だったので、「8階 展望大浴場と空中露天風呂」の入湯がかなわなかったのが残念です。

それでは、1階のご紹介♪・・・
2011_080620110188
広大な庭園露天風呂は阿寒湖に手が届きそうなくらい隣接してます。
画像から想像をできるでしょ

2011_080620110185
こちらは、巨大朴をくり抜いた丸太風呂。
他にも洞窟風呂などお風呂はとても充実してます。

2011_080620110193
内風呂から見る洗い場(これは分かるでしょうか

お湯の方は、湯船がたくさんあるからでしょうか、
源泉掛け流しとはいかないようです。
個人的には前出の「花ゆう香」のほうが良いように思います。

2011_080620110191  2011_080620110192
このような表現が高級旅館に箔をつけてくれます。

この度は、分かり辛い画像と記事で、良さがピンとこないと思いますが、
さまざまな部分で高級旅館にふさわしい心使いを感じさせる旅館でした。

2011_080620110194 2011_080620110179_2
↑新7号源泉        ↑正次7号源泉
携帯カメラの限界をお確かめ下さい(早く買い替えたい・・・)


泉質  : 単純温泉(新7号源泉/正次7号源泉)

泉温  : 37.5 / 60.3

ph値   : 7.2 / 7.0

湧出量 : 不明

成分総計(mg) :  677 / 917

場所  : 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-6-10

料金  : 立ち寄り(花ゆう香宿泊で無料)

入浴時間: 15:00-深夜?

備考  : 1Fと8F男女入れ替え制。 
  

入湯日 : 2011年8月


[1湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足3・清潔満足度4・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)-。
 !参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

2011年8月14日 (日)

【阿寒湖温泉〔鶴雅リゾート花ゆう香〕(北海道・釧路市阿寒湖町)】~源泉掛流しの湯~

【阿寒湖温泉〔鶴雅リゾート花ゆう香〕(北海道・釧路市阿寒湖町)】 宿泊
入湯日:2011年8月

2011_080620110233
 
2011_080620110140_2  2011_080620110141
北海道の旅、2泊目は、
観光旅館再生のカリスマ、大西社長率いる鶴雅リゾートのホテルへ。
女性層をターゲットにした洗礼されたラグジュアリー感が売りの施設のようです。
入口正面のロビーからも阿寒湖が見渡せリゾートホテル感が演出されてますね。

鶴雅リゾートの本丸「あかん遊久の里 鶴雅」のお湯も楽しめます(こちらは後程)
 

2011_080620110150  2011_080620110230
おしゃれなバーや  ドレスを着て思い出のアルバムを作るサービスも!

 

2011_080620110147_2  2011_080620110146
部屋の窓からは阿寒湖の眺望が飛び込んできます。
 

2011_080620110235_2
ルームキーはアイヌ紋様の首掛けタイプをペアで用意。
首から下げた感じは、ビジュアル的になかなかです



それでは、温泉に参りましょ~う♪


2011_080620110154
入口のオブジェは、洗礼されていますね
 

2011_080620110225
露天は無く内湯だけのシンプルなものですが、
床の源泉が掛け流されている部分が変色してます。
  ↑左がぬるく、       ↑右が熱い。
2011_080620110221  2011_080620110220

2011_080620110208_3  2011_080620110214
湯口周辺も、ドバドバ出ている源泉で赤褐色に変色してますね。
 
 

2011_080620110216
源泉掛け流しのお湯は、気持ちいいほどオーバーフローされてます。
無色透明で、若干の金気臭とエグ味があります。
湯触りは、キリっとした感じです。

阿寒湖温泉郷は、集中管理されていないのでホテルにより
源泉が違うお湯がたのしめますよ。

 

2011_080620110153
湯上がりにフルーツポンチが食せます
なぜ、フルーツポンチか聞くのを忘れました。

 

・・・そして、食事は、朝夕ともに、ビュッフェスタイルのバイキング形式。

2011_080620110170

2011_080620110166  2011_080620110169_2 
・・・夕食前の風景・・・
 

2011_080620110231  2011_080620110234
・・・朝食前の風景・・・

バイキングの料理内容は現地で確認を・・・



2011_080620110173
毎日、ロビーでプチコンサートが開かれます。
観客が少なくても、一生懸命! 

 

2011_080620110206_2   
 

泉質  : 単純温泉(新2号源泉)

泉温  : 58.7   

ph値   : 不明
 
湧出量 : 不明 
 
成分総計(mg) :  722
   
場所  : 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-6-1 
   
料金  : 宿泊(11700円) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
 
備考  : 女性に喜ばれるホテルという位置付けだが、老若男女楽しく過ごせます。 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[1湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度4・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ(宿泊時のみ)5。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011年5月 1日 (日)

【温根湯温泉〔温根湯ホテル四季平安の館〕(北海道・北見市)】~源泉掛け流しの湯~

【温根湯温泉〔温根湯ホテル四季平安の館〕(北海道・北見市)】 宿泊
入湯日:2009年8月

 

St320575

プライベートの旅行2日目!

網走から旭川方面へ車で2時間弱の位置です。

知床船でゆっくりしたため、
到着が遅れることをTELすると、しばらくして、
「夕方から祭りが始まり通行規制が掛かるので近くに来たら連絡してください。」 と
温泉から電話をいただきました。とても気が利いています。 

 

St320561
温根湯温泉に着いた頃は暗くなってたけど、
当日は温泉祭りとのことでにぎやかで花火も打ち上げられ、プチヨサコイもあり目部屋からの眺望もよく、真正面で花火も見られ、ラッキーexclamation ×2
部屋はガラス面を多くとっているのが嬉しいです。

北見の奥座敷。オンネユは、アイヌ語で「大きな湯」の意味らしく、
昔からの温泉郷だけあって、お湯はとても良質。
もちろん源泉掛け流しで、旅の疲れを癒せます。
特に男女日替わりの渓流沿いの浴場(新館?)はとても素敵です。
この温泉レベルでは考えられないほどのリーズナブルな価格設定です。
料理はそれなりですが、仕方ありません・・・

 

St320565
温泉はとても広いです!

 

St320566
両サイドに岩風呂があります。

 

 St320567
大浴場(もちろん源泉100%)

 

St320569
St320564
 
カバノアナタケ湯なる変り種もわーい(嬉しい顔)(こちらだけ循環ろ過)
お肌スベスベになるとか。

 

 

St320568
露天風呂1(周りは囲まらています・・・)

  

St320574
露天風呂2(こちらは南向きの渓流沿いでのびのびと入れました)
お奨め! 

 

St320562  

 

泉質  : アルカリ性単純温泉

泉温  : 48.9   

ph値   : 9.1
 
湧出量(毎分/L) : 不明
  
場所  : 北海道北見市 
   
料金  : 宿泊(4人で24,905円) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
 
入湯日 : 2009年8月
 
[2湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度3・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)2・
むふふ(宿泊時のみ3。  

!参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                にほんブログ村

その他のカテゴリー

そば・うどん ラーメン 和菓子・スウィーツ 社寺 草花 行事 風景 ほかの食べ物 温泉全般 ★廃業・休業した 温泉施設 ☆更新前の古い記事 北海道(道北)で、はいった温泉 北海道(道東)で、はいった温泉 北海道(道央)で、はいった温泉 北海道(道南)で、はいった温泉 青森で、はいった温泉 宮城で、はいった温泉 山形で、はいった温泉 岩手で、はいった温泉 福島で、はいった温泉 秋田で、はいった温泉 千葉で、はいった温泉 埼玉で、はいった温泉 東京で、はいった温泉 栃木で、はいった温泉 神奈川で、はいった温泉 群馬で、はいった温泉 茨城で、はいった温泉 山梨で、はいった温泉 新潟で、はいった温泉 長野で、はいった温泉 三重で、はいった温泉 岐阜で、はいった温泉 愛知で、はいった温泉 静岡で、はいった温泉 石川で、はいった温泉 京都で、はいった温泉 兵庫で、はいった温泉 和歌山で、はいった温泉 大阪で、はいった温泉 奈良で、はいった温泉 滋賀で、はいった温泉 山口で、はいった温泉 岡山で、はいった温泉 島根で、はいった温泉 広島で、はいった温泉 鳥取で、はいった温泉 徳島で、はいった温泉 愛媛で、はいった温泉 香川で、はいった温泉 高知で、はいった温泉 大分で、はいった温泉 宮崎で、はいった温泉 熊本で、はいった温泉 福岡で、はいった温泉 長崎で、はいった温泉 鹿児島で、はいった温泉

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense