フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】 & コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食す | トップページ | 【宇品天然温泉〔ほの湯〕(広島・広島市南区)】~かけ流しの湯~  & 初夏を楽しむ 「初蛍」 »

2017年5月27日 (土)

【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】~かけ流しの湯~  & ~ワニのづけ丼を食す~

■散歩道、今日の写真! 島根にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn99911_2 Dscn99881_2
 < 道の駅とんばら 「 ワニのづけ丼 」 >
山間部のこの地域で昔から食べられている海の幸、ワニの丼。味もよく保存も効くことから祝い事には欠かせない一品だとか!
因みにこの地域では、鮫のことを「ワニ」と呼ぶとか。
併設の野菜直売所では、この時期ならではの、ユキノシタやらの山菜もお安く売られていました。

--------------------------------------------------------------------
【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】立寄り
入湯日:2015年5月

Dscn01101
島根は、松江自動車道吉田掛合ICより1時間弱の公共浴場「加田温泉〔加田の湯〕」に浸かってきました。R54号線から少しR184号線へ入ったところですが、黄色い看板があるから迷わないでしょう。


Dscn00451
公共浴場といっても、立派な木造平屋建てで、この地独特のバンガラ屋根に夕日が浴びて輝いていました。併設のごんべえ茶屋では地元の食材を使った「ごんべえ定食」がおすすめらしいですが、営業時間が15時までらしいので食事にありつくことはできませんでした。


Dscn00481
早速、受付でお金を払って浴槽のある暖簾の前までやってきました。男女日替わりで、岩風呂と檜風呂を楽しむことができるとのこと。この日は岩風呂です。


Dscn00811
写真は岩風呂の脱衣所です。鍵付きロッカーやドライヤーもあり、清掃も行届いているのでとても快適です。


Dscn00871
さっさと脱いで、浴室へと向かおうとし、ふっと横を見ると木製身長測定器が! 成長の思い出を刻んでほしいのでしょうか(笑)


1021_2
暗めの照明ですが、窓を大きく採られているので開放感があっていいです。7,8人は入れる内湯とサウナの前の温泉ではない水風呂だけのシンプルな浴室です。


Dscn00591_2
太い真竹の竹筒の湯口からは、まだ酸化していない透明な源泉が大量に出ていました。金気臭のする温泉を間違って舐めてみると鉄味以外にもしっかり炭酸味を味わうことができました。三瓶山系のお湯ですね。


1121_2
岩風呂の排出口には析出物ががっちり固まっています。この口だけでは足りず、湯舟の縁からもオーバーフローしており床も棚田状態になりつつありました。


Dscn00941
茶褐色の湯舟に浸かってみると、下の方は全く見えない濁り様です。若干のツルツル感がある程度で見た目ほど、ガツンと来る湯ではありません。塩分が弱いのも影響しているのかもしれませんね。山間の公共温泉にはピッタリのようにも思えます。源泉が湧出しているのは隣の神戸川の畔とのコト。


★温泉データー★(分析日:平成25年4月15日)
泉  質 : ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(源泉名:加田温泉)
泉  温 : 14.8
PH 値 : 未記載
湧出 量 : 20 L/分(動力)
ラドンRn: -- ×10-10Ci/kg
成分総計 : 3121 ㎎/kg
使用状況 : かけ流し(加温有・加水無・塩素消毒有)
場  所 :  島根県飯石郡飯南町下来島707-2
電  話 : 0854-76-3357 
日帰料金 : 400円(家族風呂2500円)
利用時間 : 10:00-20:00 (休:第2.4火曜日)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープあり
入湯月日 : 2015年5月

〔19湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度3


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

« 【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】 & コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食す | トップページ | 【宇品天然温泉〔ほの湯〕(広島・広島市南区)】~かけ流しの湯~  & 初夏を楽しむ 「初蛍」 »

ほかの食べ物」カテゴリの記事

島根で、はいった温泉」カテゴリの記事

コメント

古事記の稲葉の白兎のくだりに、ワニと出て来ますので、流石に島根県とあって、ワニで語り継がれているんですね。出雲大社の大国主命がウサギを助けたんですもん。
長い歴史の中で、今も残るその土地ならではのものに出会うのが、旅をする醍醐味ですね。
しかし。。鮫ってアンモニア臭いイメージなんですが。。。煮込んだ身なんですか?
生じゃないですよね?
温泉は、塩分きついですか?

メイさん。。。
なるほど、そういう歴史があったのですね。
各地域の歴史を調べて訪問すると、旅も楽しくなりますね♪
ワニは刺身で食べるのが主流だそうですよ。
海のない地区なので、昔は保存の効く鮫が重宝されたようですね。
特に冬は絞まって上手いそうです。
塩分は薄かったですね。鉄分が引き立ってました(笑)

ワニってサメのことを言う地方もあったような・・・
温泉にも居ますよね~ワニ。
太い真竹の竹筒の湯口からの、まだ酸化していない透明な源泉いいですね~
しかも400円って安いですね。

めちゃおもろい温泉さん。。。
ここ飯南町は島根ですが、広島の三次辺りでも鮫のことをワニっていいますね。
はじめて聞いたときは、びっくりしましたが、
臭みも無くなかなか美味かったです♪
温泉にいるワニと一緒にしたら失礼ですね(笑)
三瓶山周辺は、お安く、いい湯に浸かれるのがうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572292/65335826

この記事へのトラックバック一覧です: 【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】~かけ流しの湯~  & ~ワニのづけ丼を食す~:

« 【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】 & コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食す | トップページ | 【宇品天然温泉〔ほの湯〕(広島・広島市南区)】~かけ流しの湯~  & 初夏を楽しむ 「初蛍」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense