フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月27日 (土)

【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】~かけ流しの湯~  & ~ワニのづけ丼を食す~

■散歩道、今日の写真! 島根にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn99911_2 Dscn99881_2
 < 道の駅とんばら 「 ワニのづけ丼 」 >
山間部のこの地域で昔から食べられている海の幸、ワニの丼。味もよく保存も効くことから祝い事には欠かせない一品だとか!
因みにこの地域では、鮫のことを「ワニ」と呼ぶとか。
併設の野菜直売所では、この時期ならではの、ユキノシタやらの山菜もお安く売られていました。

--------------------------------------------------------------------
【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】立寄り
入湯日:2015年5月

Dscn01101
島根は、松江自動車道吉田掛合ICより1時間弱の公共浴場「加田温泉〔加田の湯〕」に浸かってきました。R54号線から少しR184号線へ入ったところですが、黄色い看板があるから迷わないでしょう。


Dscn00451
公共浴場といっても、立派な木造平屋建てで、この地独特のバンガラ屋根に夕日が浴びて輝いていました。併設のごんべえ茶屋では地元の食材を使った「ごんべえ定食」がおすすめらしいですが、営業時間が15時までらしいので食事にありつくことはできませんでした。


Dscn00481
早速、受付でお金を払って浴槽のある暖簾の前までやってきました。男女日替わりで、岩風呂と檜風呂を楽しむことができるとのこと。この日は岩風呂です。


Dscn00811
写真は岩風呂の脱衣所です。鍵付きロッカーやドライヤーもあり、清掃も行届いているのでとても快適です。


Dscn00871
さっさと脱いで、浴室へと向かおうとし、ふっと横を見ると木製身長測定器が! 成長の思い出を刻んでほしいのでしょうか(笑)


1021_2
暗めの照明ですが、窓を大きく採られているので開放感があっていいです。7,8人は入れる内湯とサウナの前の温泉ではない水風呂だけのシンプルな浴室です。


Dscn00591_2
太い真竹の竹筒の湯口からは、まだ酸化していない透明な源泉が大量に出ていました。金気臭のする温泉を間違って舐めてみると鉄味以外にもしっかり炭酸味を味わうことができました。三瓶山系のお湯ですね。


1121_2
岩風呂の排出口には析出物ががっちり固まっています。この口だけでは足りず、湯舟の縁からもオーバーフローしており床も棚田状態になりつつありました。


Dscn00941
茶褐色の湯舟に浸かってみると、下の方は全く見えない濁り様です。若干のツルツル感がある程度で見た目ほど、ガツンと来る湯ではありません。塩分が弱いのも影響しているのかもしれませんね。山間の公共温泉にはピッタリのようにも思えます。源泉が湧出しているのは隣の神戸川の畔とのコト。


★温泉データー★(分析日:平成25年4月15日)
泉  質 : ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(源泉名:加田温泉)
泉  温 : 14.8
PH 値 : 未記載
湧出 量 : 20 L/分(動力)
ラドンRn: -- ×10-10Ci/kg
成分総計 : 3121 ㎎/kg
使用状況 : かけ流し(加温有・加水無・塩素消毒有)
場  所 :  島根県飯石郡飯南町下来島707-2
電  話 : 0854-76-3357 
日帰料金 : 400円(家族風呂2500円)
利用時間 : 10:00-20:00 (休:第2.4火曜日)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープあり
入湯月日 : 2015年5月

〔19湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度3


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月 9日 (火)

【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】 & コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食す

■散歩道、今日の写真! 岡山にて■

Dscn04021_2 Dscn04161
 < 岡山津山・橋野食堂 「ホルモンうどん」 >
津山に来たら、やっぱりこれたよね! ということで、コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食しました。二玉はちょっと多すぎたかも・・・

--------------------------------------------------------------------

【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】立寄り
入湯日:2015年5月


Dscn04241
岡山は、米子自動車道湯原ICより10分弱の共同浴場「足(たる)温泉〔足温泉館〕」に浸かってきました。湯原温泉郷の1つですが、4軒の旅館には内風呂がなく、紹介の共同浴場を使用することになります。


Dscn04201
建物は平成11年に建て替えられたもので、鰻の寝床のように奥行きのある構造で、正面から見たときとのギャップが面白い。


Dscn04161_2
玄関を入ると正面に受付があります。その上には、前出の下湯原温泉と同じような温泉ご案内が掲げられていました。家族風呂が5個もあるのは、旅館に内風呂が無いからなんでしょうか。


Dscn03811
正面から手前に休憩所、その奥は右手に貸切風呂がならんでおり、左手が、男女別内湯と露天風呂があるとのこと。早速奥へと進みましょう。


Dscn03841
男女別浴室の暖簾前までやって来ました。館内がピカピカなのと暖簾のくたびれ感にギャップがあります。


Dscn03861
脱衣所は、いたってシンプル。ひと枠が多いく取られていて籐籠が置かれています。貴重品用鍵付きロッカーは別にあるので安心です。


Dscn03911
赤い石の内湯です。赤主体の内風呂とくのも珍しいですね。左手には長方形の2人用ジェットバスがあります。オーバーフローしてない循環の内湯となっています。


Dscn03951
露天風呂は3人程でいっぱいになるコンパクト岩風呂で、すぐ横を旭川が流れているので、こちらでゆっくりすることにしました。わずかなヌルスベ感もあるが弱いです。切傷や皮膚表に特に良いらしいので、湯治的利用も多いとのこと。


Dscn03961
内湯には、間違って舐めてしまう湯口がなかったのですが、露天は、源泉と加温水がブレンドで出ているようです。湯原温泉郷の中でも特徴が分かりづらいものでした。やはり加温することがネックなのでしょうか。


Dscn04271
建物を出て、少し歩くと、以前の共同浴場だった所に、「たるの湯跡」があります。元亀年間に当時の高田城城主が武将たちの刀傷を癒すために、樽に温泉を詰めて運び出したという伝説を伝承するための石碑とのことです。


★温泉データー★(分析日:平成21年9月30日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:足温泉)
泉  温 : 34.0
PH 値 : 9.2
湧出 量 : 150 L/分(動力)
ラドンRn: 2.9 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 135 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水無・消毒有)
場  所 :  岡山県真庭市都喜足346-1
電  話 : 0867-62-2966 
日帰料金 : 600円(家族風呂2500円)
利用時間 : 7:00-22:00 (休:無休)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年5月
〔14湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度2


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月 7日 (日)

【下湯原温泉〔ひまわり館〕(岡山・真庭市)】~ペット専用露天風呂~  &名水で打った十割蕎麦を食す

■散歩道、今日の写真! 岡山にて■

Dscn03701_2 Dscn03731_2
 < 岡山真庭・ひまわり館「そは通の十割そば」を食す  >
温泉施設併設の食堂ですが、名水で打った十割そばが名物とのことで、迷わず注文!600円也。蕎麦の香りも口の中に広がって美味しゅうございました。隣接してそば道場もありました

--------------------------------------------------------------------
【下湯原温泉〔ひまわり館〕(岡山・真庭市)】立寄り
入湯日:2015年5月



Dsc015791
岡山は、米子自動車道湯原ICより5分程の露天風呂しかない公衆浴場「下湯原温泉〔ひまわり館〕」に浸かってきました。湯原温泉郷の1つですが、一番新しく平成元年に掘り当てたとのコトです。



Dsc015801
ひまわり館は、内湯が無く露天風呂のみ。正面右側が男風呂ということで目隠しが低くなってますねえ。なので、立てばこちらを見ることができるわけですが、撮影ポイント近くには、土管に源泉が溜められているところがあるんですが、農作物の洗うためのもので入浴用ではないので、ここでの紹介は控えておきましょう。



Dscn03791
建物の玄関側に回ってきました。赤いベンガラ屋根は物産館で十割蕎麦も食せます。左側が露天風呂の建物になってます。



Dscn03291
受付で料金を払い、長ーい通路の手前が女湯、ドン突きが男湯のようです。



Dscn03621
青いカゴの置かれた脱衣所は、屋根はあるものの雨風が吹き込んでくるので、別に脱衣部屋も用意されているので、天候が荒れていても安心とのコトです。



Dscn03541
露天風呂は広くて、東屋もあるので、天候が荒れていても大丈夫!



Dscn03381 Dscn03581
岩で組まれた湯口からは、加温されたお湯がたゆまなく流れていますが、湯舟の沈んだ石からは、それ以上に大量に温泉が流れ出していました。



Dscn03561
循環ということですが、湯口からは大量に流されていることもあり、大量にオーバーフローしているので、鮮度はいいのかもしれません。



Dscn03451
洗い場も外なので、冬場に身体を洗うのはきついかもしれないけれど、湯原温泉の砂湯は、落ち着かないって人も、ここの広い露天風呂ならゆっくり寛けるでしょう。加温をしているためか無味無臭ですが、循環と云えども、湯触りはトロミがあり、なかなかいいお湯でした。



Dscn03681
料金所の出たところには、露天風呂の案内と「ペットの湯」の入口があります。 ペット専用の温泉を訪れるのは、北海道標茶の「オーロラ温泉」 以来で、とても珍しいのではないでしょうか? ただ、犬猫以外は浸かれないようなので注意が必要です。


★温泉データー★(分析日:平成24年3月13日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:下湯原温泉)
泉  温 : 39.8
PH 値 : 9.6
湧出 量 : 564 L/分(動力)
ラドンRn: 3.03 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 238 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水無・消毒有)
場  所 :  岡山県真庭市下湯原24-1
電  話 : 0867-62-7080 
日帰料金 : 500円
利用時間 : 10:00-21:00 (休:火)
備  考 : ドライヤー無・鍵付きロッカー無・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年5月
〔14湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月 6日 (土)

★RENOVATE2015【真賀温泉〔真賀温泉館幕湯〕(岡山・真庭市)】~足元湧出の源泉掛け流し湯~

★RENOVATE2015  木地屋旅館 に泊まった折、木地屋の真っ赤なタオル片手に再訪。
一部写真・記事を修正・追加しました!
Dscn02441
--------------------------------------------------------------

★おかげさまで、新規施設入湯450湯目の記事となる温泉★

最近、サボり癖がつき記事が書けず、350湯目から半年かかりました。
せめて、このペースは維持したいところです。これからもお付き合いよろしくお願いしますm(_ _)m



【真賀温泉〔真賀温泉館幕湯〕(岡山・真庭市)】立寄り
直近入湯日:2015年5月
Dscn18421 
岡山は米子自動車道湯原ICから車で10分弱の湯原温泉郷の一角にある真賀温泉に浸かってきました。日帰りの施設ですが、男女別の普通湯と家族風呂、そして温泉通には有名な混浴の幕湯があります。


Dscn01871_2
山の斜面に寄り添うように建っていますが、湯治宿のようで風情があります。足元天然自噴の温泉なので、このような立地状態なのでしょうか。


Dscn18531
さっそく中に入り、中央に「幕湯」の暖簾が掛かった混浴風呂へと向かいます。脱衣所は狭く4,5人でいっぱいなので女性にはハードルが高いかもしれません。ちなみに左側が家族風呂「玉之湯」です。


Dscn02471
※追記)2年後に再訪してみると、暖簾がオシャレに変わってました。「幕湯」暖簾は、以前の方がよかったなぁ。



Dscn0241
そして、待望の幕湯に入りましょう。 これは小さい!一坪ほどしかありません。薄暗くまさに壺湯といった感じで、とても深くて、一番深いところだと肩近くまでありました。立湯なので5,6人程は入れるのですが、タオル巻きも禁止なので女性には更にハードルが高い混浴風呂ではないでしょうか。


Dscn02391
お湯は無色透明ですが、かなりのヌルスベで温いので何時までも入っていられそう。


Dscn000181
湯面に竹の筒が下から出ており、源泉が溢れていました。ここに目を近づけて洗うのがいいと地元のおじさんに教えてもらいました。


Dscn000121
真賀温泉館の中でも、この幕湯が足元から自然湧出しているので一番鮮度のいい湯船とのことで人気が高いようです。若い女性も頻繁に入りに来るそうですが、この時は地元のおじさんだけでした。



Dscn18541
館内には、療養温泉番付が掲げられていました。西の前頭三枚目のようです。すべての浴槽が源泉掛け流しのようですが、混浴ながら足元湧出の幕湯が一番人気とのことで、休みには並ぶこともあるようです。しかし女性のギュウギュウ詰めの立湯はとんでもなく難易度が高いのではないでしょうか!

★温泉データー★(分析:平成16年8月20日)

泉  質 : アルカリ性単純温泉

泉  温 : 39.5

PH 値 : 9.4

湧出 量 : 205 L/分(自噴)

ラドンRn: -- x10-10Ci/kg

成分総計 : 151.7 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(幕湯:足元自噴)

場  所 : 岡山県真庭市仲間180

電  話 : 0867-62-2953

日帰料金 : 250円(1回1時間以内・男女別の普通湯は150円)

日帰時間 : 7:00-22:00(年中無休)

備  考 : ドライヤー無・シャンプーソープ無・混浴(幕湯)

入湯月日 : 2013年3月、2015年5月

〔6.13湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2017年5月 5日 (金)

【真賀温泉〔木地屋旅館〕(岡山・真庭市)】~かけ流しの湯~  & 端午の節句の和菓子「あやめ」 

■散歩道、今日の写真! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dsc027161
 < 総本家駿河屋・伏見 「あやめ」 >
5月5日端午の節句は菖蒲の節句とも。
今回の上生菓子は、菓銘「あやめ」。   花言葉「よい便り」
外・練切、中・練餡

-------------------------------------------------------------------
【真賀温泉〔木地屋旅館〕(岡山・真庭市)】宿泊
入湯日:2015年5月



Dscn01651
岡山は米子自動車道湯原ICから車で10分弱のR313美作街道沿いにある「真賀温泉〔木地屋旅館〕」へ泊まってきました。湯原温泉郷の一角ということになるようです。



Dscn01841
日本家屋2階建で、昭和の湯治宿といった風格がありますね。昭和11年築とのこと。



Dscn01831
玄関を入ると、座敷の右奥に階段があり、歴史ある温泉旅館を醸し出していました。



Dscn01771
階段を登り切って、振り向いてみると、鄙びた温泉宿に来たことを実感させてくれました!

Dscn01721
一人旅ということで、6畳部屋がちょうど心地いい広さです。ボクはこういうところがすごく落ち着くんです。なんだかおばあちゃん家へ来たような。
夜のお風呂は折角なので、外湯の「真賀温泉館の幕湯」へ行くこととしました。



Dscn02701
たっぷり混浴風呂を楽しんで部屋へもどると、布団が敷いてありました。炬燵の温もりが布団へ入るように重ねてくれているのがうれしい。



Dscn03151
すっかり熟睡したので、朝風呂は内湯に入ることにしました。



Dscn02811
二人サイズの湯舟には、自家源泉が浴槽足元から注がれていました。奥にはブルーのライオンくんが口を開けていますが温泉は足元からだけ出ているようです。



Dscn03131 Dscn03141
壁には石がはめ込まれているのですが、なぜか、すずりのようなモノが埋め込まれています。何を意味しているのでしょうか?


Dscn02971
無色透明のお湯は、僅かに硫黄臭も感じられスベスベしていますが、お味は特にしませんでした。温めでとても心地よい浴感で、朝から贅沢なひと時を過ごすことができました。



Dscn03181
早朝から、湯上りに旭川の流れや新緑を眺めてボーっとするのは、とても贅沢です。



Dscn02871
そうこうしてると、女将がレモンと砂糖の入ったカップを持ってきてくれました。お湯を入れるとシンプルなレモン湯の出来上がり! これって、湯上りにいいかも。
たぶん70歳を超えているであろう女将は、足が悪く、食事を2階へ運ぶのが辛いので素泊まりしか受けていないとのコトでしたが、気配りが行き届いていて気持ちよく過ごすことができる宿なので、いつまでも続けてほしいとせつに思う温泉宿でした。



★温泉データー★(分析日:平成16年8月4日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:真賀温泉)
泉  温 : 39.5
PH 値 : 9.3
湧出 量 : 測定不能 L/分(自噴)
ラドンRn: 6.3 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 180 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・消毒無)
場  所 :  岡山県真庭市湯原町仲間175
電  話 : 0867-62-2811 
日帰料金 : 立寄り不可(宿泊:素泊3000円)
利用時間 : --
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー無・ソープ有
入湯月日 : 2015年5月
〔13湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度4


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense