フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

【関金温泉〔湯楽里〕(鳥取・倉吉市)】 & ぴゅ~っ と 噴出~

■散歩道、今日の一枚! 兵庫にて■ ※記事とは関連ありません

1
 < 兵庫・宝塚自然休養林  >
岩から水が噴き出していると聞き、どんなものかと行ってきました! 岩から勢いよく、ぴゅ~っと 2メートルほど冷泉が噴出しているではありませんか!

--------------------------------------------------------------------
【関金温泉〔湯楽里〕(鳥取・倉吉市)】 宿泊
直近入湯日:2016年7月


Dscn00961
鳥取は、米子自動車道湯原ICから車で30分程の高台にある簡易宿泊施設「関金温泉〔湯楽里〕」に泊まってきました。2016年の初入湯時には無かったオレンジの看板がとても目立っていました。



Dscn00771
玄関を入ってすぐのところに、心和むものが置かれていました。フロントにて宿泊費を払い部屋へと向かいます。 ここは自炊もできる湯治宿の側面もあり、アットホームな雰囲気のようです。



Dscn00801
十畳の部屋は一人では、かなり広く感じられます。こちらは、自分で布団をひくシステムとなっていました。ちなみに浴衣は100円で借りることができます。



Dscn00811_2 Dscn01391
こちらの部屋はリビング付の部屋で、自炊も部屋で行うことができるタイプです。食器をはじめ自炊に必要なものはしっかり準備されていました。大人数で泊まってワイワイやるのが最適なんでしょうか。なにもしないのも勿体ないので、地酒の熱燗をすることにしました。



Dscn00951
一般の部屋の人は、こちらの共同食事室にて、自炊をすることができます。キッチンも2か所用意されています。ここで温泉の情報交換をするのも楽しいかもしれませんね。



Dscn00691
早速、温泉へと向かいましょう! 1階の大浴場と書かれた扉を開けると、談話室と呼ばれる風呂上りの休めるスペースがあります。



Dscn01741
なぜがプロゴルファーのサインが沢山張られていました。この付近でトーナメントでも開かれているのでしょうか。



Dscn00921
さっさと暖簾をくぐって、温泉へと進みます。千鳥格子の床はなかなかセンスがあるなぁと思いました。



Dscn01091
脱衣所は、シンプルな鍵付きスチールロッカーが並んでだ、清掃の行き届いたスペースでした。



Dscn01561
温泉浴槽です。5人ほどが入れるタイルの湯舟からわずかなオーバーフローも確認できます。湯口の上には何やら書かれて看板が吊るされていました。



Dscn01581
こちらにもお帰りなさいの文字が。こういうのを見ると落ち着いた気持ちにさせてくれます。



Dscn00851
無色透明無味無臭のお湯ですが、遠い昔から白金の湯と呼ばれ、日本の名湯百選にも選ばれている関金温泉で、ラドン特有のホルミシス効果をじっくり吸収することができました。桶の積んでいる階段から外へ出るとウッドデッキになっており涼むこともできます。



Dscn01841
宿の建つ高台からは関金の街を望むことができました。以前は関金温泉の中心的存在であった温清楼の看板も見ることができます。


★温泉データー★(分析日:平成21年1月28日)
泉  質 : 単純弱放射能温泉(源泉名:関金配湯所1.4.9.10号 南源泉)
泉  温 : 46.7
PH 値 : 7.6
湧出 量 : 不明 L/分(動力)
ラドンRn: 50.7 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 594 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水無・塩素消毒有)
場  所 :  鳥取県倉吉市関金町関金宿1396-2
電  話 : 0858-45-6400
日帰料金 : 400円(宿泊4578円素泊)
利用時間 : 8:00-22:00(休み:無)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ有
入湯月日 : 2015年4月(初)、2016年7月
〔23・21湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)3・再訪したい度3




↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

 soon 人気ブログランキングへ

2017年2月26日 (日)

【鹿野温泉〔国民宿舎 山紫苑〕(鳥取・鳥取市)】~かけ流しの湯~  & おでん食べられず!

■散歩道、今日の一枚! 大阪にて■ ※記事とは関連ありません

1
  < 大阪新梅田食堂街・「たこ梅」北店  >
大阪のおでんの草分け的存在ということで昨日12時に行くと、残念ながら、16時からということで、まだ閉まっていました!

--------------------------------------------------------------------
【鹿野温泉〔国民宿舎 山紫苑(さんしえん)〕(鳥取・鳥取市)】立寄り
入湯日:2015年4月


Dscn00551
鳥取は、JR山陰本線鳥取駅から車で30分程日本海海岸から少し入ったところにある「鹿野温泉〔国民宿舎 山紫苑〕」 に浸かってきました。夕日の綺麗な国道9号の海岸線を走っていると鹿野温泉の看板が目に入ったので寄ってみることにしました。



Dscn00511
浜村温泉を過ぎて、県道を右折すると正面に山紫苑の建物が見えてきました。後ろの山の麓まで雲が垂れ込めているのが幻想的。



Dscn99931
玄関に着きました。手書きの宿泊者歓迎立札が掲げられていました。



Dscn99971
フロントでお金を払い、長い廊下を進むと男女の暖簾が出迎えてくれました。この記事を書いている今、気づいたのですが、「新館4階の展望浴場があります。ご自由に御入りください」と張り紙がされていました(汗)



Dscn00071
脱衣所の靴を脱ぐところが微妙で判りづらいですが、先客の履物らしいものがあったので、その横で靴を脱ぎましょう。天井が汚れていますが、壁には注意書きがあり、雨漏りのため衣類などが濡れるので棚の上に物を置かないように書かれていました。



Dscn00041
露天風呂「大石の湯」には、脱衣所から直接行くことができます。オーバーフローしたお湯がドバドバ排水溝へ流されているではありませんか!



Dscn00081
奥には、岩の間から滝のようにお湯を流しているのですが、これをするために、大石の湯だけが唯一循環しているとのコトで、勿体ないと思うのでした。因みにこの日は女性用露天風呂となっている「堀の湯」は、加水無の100%源泉掛け流しとのコトで、こちらが男性用になる日に再訪したいです。



Dscn00351
内湯は、最近は珍しくなったタイル風呂です。奥の左側には塩ビの湯口のパイプがありました。



Dscn00321
注入の温泉が空気に触れない工夫がうれしいです。浴槽の水面あたりのパイプに析出物が付いているのにニンマリしてしまいました。



Dscn00251
高温のため加水しているのと、国民宿舎だからか塩素消毒しているのは残念ですが、塩素臭も気にならず、芒硝泉の薬品臭を嗅ぐことができました。とても柔らかいお湯です。



Dscn99901
こちらでは、鹿野町が推進する、電気で動く二人用の超小型モビリティを借りることができます。これで鹿野の城下町を探索するのもいいかもしれません。


★温泉データー★(分析日:平成26年2月20日)
泉  質 : 単純温泉(源泉名:山紫苑前配湯所)
泉  温 : 62.0
PH 値 : 7.7
湧出 量 : 不明 L/分(動力)
ラドンRn: 不明 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 836 ㎎/kg
使用状況 : かけ流し(加温無・加水有・塩素消毒有)※露天「堀の湯」加水無。露天「大石の湯」のみ循環。
場  所 :  鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1
電  話 : 0857-84-2211
日帰料金 : 510円
利用時間 : 11:00-20:00(休み:無)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ有・温泉スタンド併設
入湯月日 : 2015年4月
〔23湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度4



↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

 soon 人気ブログランキングへ

2017年2月18日 (土)

★キリバン☆600湯目★【【三朝温泉〔河原風呂〕(鳥取・三朝町】~混浴かけ流しの湯~  & 蕎麦が美味い♪

■散歩道、今日の1枚! 広島にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn00051
 < 広島豊平・どんぐり庵「田舎寿司セット(ざる)」 >
広島市内から車で1時間程の北広島にある蕎麦屋へ行ってきました。
なんでも、蕎麦で町おこしをしているらしく、豊平産そば粉100%です。そば道場も併設の力の入れよう。高橋名人って人の指導の写真が貼ってました。風味のいい美味い蕎麦で満足。寿司セットじゃなく大モリにすればよかった・・・
--------------------------------------------------------------------
★おかげさまで、新規温泉 入湯600湯目の記事となる温泉★

【三朝温泉〔河原風呂〕(鳥取・三朝町)】立寄り

入湯日:2015年4月


Dscn02731
鳥取は、米子道湯原ICから車で60分の三徳川、三朝橋のほとりにある混浴露天風呂の「三朝温泉〔河原風呂〕」に浸かってきました。橋の上から、おもいっきり丸見えですねえ。



Dscn03421
河原へ降りてみると、橋の欄干から丸見えだったのは、足湯だったのですね。その奥には脱衣所があり、河原風呂の川沿いには、目隠しの葦簀が張られていました。



Dscn03341
河原風呂です。岩で組まれた湯舟が2層に分かれていて、手前がヌル湯で、奥が湯口のあるアツ湯になっていました。湯舟脇には桶が置かれています。しっかりダイジな部分を中心に掛湯をしましょう。



Dscn03281
塩ビパイプからは、高温の源泉がかけ流されていました。60℃近くあるようです。お味はちょっぴり塩が効いた好きなテイストでした。



Dscn03171
奥のアツ湯に入ってみました。45℃近くあるかもしれません。湯舟からは湯煙がたっており、三朝温泉は世界屈指の放射能泉なので、露天でもホルミシス効果が得られるかもしれませんね。正面に見えるのは、皇室も泊られるという「依山楼 岩崎」 が輝いておりました。



Dscn03441
橋の袂に張られた入浴の心得の最後には、「お客様、ご近所、知らないもの同士が裸でふれあう共同浴場です」・・・と書かれていたのが印象的でした。



Dscn03111
湯冷ましに、射的屋さんのある通りを歩いていると、中湯とかかれた、組合員専用という「ジモセン」の中から笑い声が聞こえてきました。三朝温泉は日本の温泉文化がいまだに根付いている温泉郷のようです。


★温泉データー★
泉  質 : 単純放射能温泉
泉  温 : 60.1
PH 値 : 未確認
湧出 量 : 不明 L/分
ラドンRn: 38.5 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 不明 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・塩素消毒無)
場  所 :  鳥取県東伯郡三朝町三朝   
電  話 : 0858-43-0431(観光協会)
日帰料金 : 無料
利用時間 : 24時間(奇数日の午前中は清掃の為入浴不可)
備  考 : ドライヤー無・脱衣所あり・シャンプー.ソープ無 ・混浴(タオル巻きNG)
入湯月日 : 2015年4月
〔15湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

 soon 人気ブログランキングへ

2017年2月13日 (月)

【三朝温泉〔株湯〕(鳥取・三朝町)】~かけ流しの湯~  & 三度目の正直で、凍った滝を見る

■散歩道、今日の写真! 大阪にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn02481_2
 < 金剛山・ツツジオ谷 「氷瀑」 >
今シーズンは気候に恵まれず、奈良・兵庫では、氷瀑を拝むことがなかなかできず、3度目でやっと見ることができました~

--------------------------------------------------------------------
【三朝温泉〔株湯〕(鳥取・三朝町)】立寄り
入湯日:2015年4月

Dscn02781
鳥取は、米子道湯原ICから車で60分の三朝温泉街から少し外れたところにある「三朝温泉〔株湯〕」に浸かってきました。光輝いているのが湯屋です。手前が飲泉所でその右手には足湯も完備されていました。



Dscn03061
飲泉所と足湯のあるところには、以前に旧株湯の湯屋があり、ここが三朝温泉の発祥の地ということで、歴史のある場所であることが示されていました。三朝温泉は根株から湧いているのを白狐を助けたことで発見されたとの起源も書かれていました。



Dscn02791
早速、株湯へと参りましょう~。見た目は、とてもシンプルな造りで、湯治のための共同浴場であることを具現して建物となっております。



Dscn02801
急いで暖簾をくぐってしまったので、後ろからの写真です。紺に白く抜かれた「ゆ」の文字がなかなかカッコいい。



Dscn03021
建物は、平成22年に建て替わっており、脱衣所も清潔感の漂うスペースでした。鍵付きロッカーはリターンタイプではないので、注意が必要です。



Dscn02961
浴室には3人ほどが入れる浴槽が一つあるだけ。湯口は空気に触れないタイプで奥側にオーバーフローしております。無色透明のお湯は湯の華も僅かに浮いており、ヌルヌル感もありました。湯口がでていないので飲むことは躊躇しましたが、外の飲泉所で味わうと極薄の塩味がしました。源泉完全かけ流しで40℃半ばと、かなり熱く、加水をしてはいけないと掲示されています。熱湯好きにはうれしい温度でした。



Dscn03031
脱衣所に掲げられていた「株湯10か条」。 すべて当たり前のことなのですが、地元の人が株湯を大事に維持なさっていることが伺えます。


★温泉データー★
泉  質 : 単純放射能温泉(源泉名:株湯1.2混合泉)
泉  温 : 51.0
PH 値 : 7.2
湧出 量 : 不明 L/分(自噴)
ラドンRn: 48.1 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 929 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・塩素消毒無)
場  所 :  鳥取県東伯郡三朝町三朝   
電  話 : 0858-43-0431(観光協会)
日帰料金 : 300円
利用時間 : 8:00-20:15(無休)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有(有料)・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年4月

〔15湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度5


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ


2017年2月 6日 (月)

【三朝温泉〔桶屋旅館〕(鳥取・三朝町)】~かけ流しの湯~  & ~ ゾウ 温泉~♪

■散歩道、今日の写真! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn03001  Dscn02721
 < 京都市動物園「ゾウ温泉」 >
初めての試みとのことで、京都市動物園のゾウ温泉へ行ってきました。恒例だったサルが高齢でお湯に浸からなくなったための苦肉の策とか。
水浴び好きのゾウに45℃のお湯をプールに溜めて入ってもらうことにしたとのこと。ゾウも温泉嫌いがいるようで3匹のゾーサンが気持ちよく入っていました。
--------------------------------------------------------------------
【三朝温泉〔桶屋旅館〕(鳥取・三朝町)】宿泊
入湯日:2015年4月

Dscn04111
鳥取は、米子道湯原ICから車で60分の三朝温泉街にある「三朝温泉〔桶屋旅館」に泊まってきました。こちらは、立寄り不可の食事付き湯治の宿であります。



Dscn04091
創業は、大正2年とのコトで狸が迎えてくれる玄関にも風情があります。自家源泉の桶屋の湯は明治5年の記録にも残っているとか。



Dscn01291 Dscn02581
6畳の和室はとってもシンプル。エアコンやTV、ポットと設備も充実。ちゃぶ台もひっくり返せる大きさです。向いには、5つの源泉を持つという老舗旅館 旅館大橋 がありました。



Dscn01531
早速、足元自噴の自家源泉のある、桶屋の湯へと向かいましょう!



Dscn02491
湯治宿だけに脱衣所は脱衣籠があるだけで、こじんまりとしていました。左手の扉から入るカタチです。



Dscn02481
浴室の扉を開けてみると、ビックリ! 脱衣所のイメージから小っちゃい普通の浴室を想像していたら、なんと、階段を8段下がった地下の空間に湯舟が吸い込むように待ち構えていて驚き!思わずニンマリしてしまう浴室です。



Dscn02391
早速、湯舟に浸かるってみると、底には大きな石が敷かれており、独自源泉が足元自噴しているのですが、ドバドバではなくコンコンと湧いてるようです。無色無臭のラドン泉特有の特徴のないお湯だと思いきや、しばらく浸かるとガッツリ感のような浴感が得られるのが不思議。



Dscn02001 Dscn01891
階段を降りた、左の石の組んだ壁に立掛けていた木蓋をどけると飲料専用の穴が開いており、柄杓で源泉をすくって飲泉ができます。お味は僅かな塩味。中を見ると、湯の華なのか、カルシウムの結晶なのか、白い膜が張っていました。



Dscn02141
浴室のコンクリートの床は、一部が温泉の地熱で暖かくなっていて、木の枕を使てトド寝をすれば、オンドル式の湯治が楽しめます。



Dscn02271
トド寝をしながら、眼を開けてみると、木製の屋根が湯治場情緒をかもし出してくれる、桶屋旅館はリピーターが多いとのコト。



Dscn01871
地下に降りる階段にはケロリン桶が規則正しく置かれているのも、湯治気分を盛り上げてくれます。一番上のケロリンの奥が脱衣所からの入口です。



Dscn04051
21時から翌日の昼までは桶屋の湯は女湯と変わるので、もう一つの新館の湯へとやって来ました。こちらは町の共同源泉の引き湯とのコト。小さい湯舟なので鮮度はこちらの方がいいのかもしれません。成分総計が大きく違うからか、お湯が柔らかいような気がします。
いずれにしろ、どちらのお湯も素晴らしく良く、何度も通いたくなる、まさに湯治の宿でした。


Dscn01351_2 Dscn03651
食事は2食付。地場の食材を使った家庭料理で地元の食事を美味しく楽しむことができました。連泊しても、おかずは同じではないのもうれしいですね。


★温泉データー★(分析日:①平成21年11月30日、②平成18年12月15日)
泉  質 : 含弱放射能泉-ナトリウム-塩化物泉(源泉名:①桶屋の湯、②町有混合タンク1.4.6号泉)
泉  温 : ①57.4、②65.9
PH 値 : 6.9
湧出 量 : ①8.2、②不明 L/分(自噴)
ラドンRn: ①124 ×10-10Ci/kg 、②39.5 ×10-10Ci/kg
成分総計 : ①2319 ㎎/kg、②1453 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・塩素消毒無)
場  所 :  鳥取県東伯郡三朝町山田150 
電  話 : 0858-43-0817
日帰料金 : 不可(宿泊7500円)
利用時間 : 15:00-10:00
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー無・シャンプー.ソープ有
入湯月日 : 2015年4月

〔15湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年2月 5日 (日)

【湯郷星輝温泉〔かんぽの宿美作湯郷〕(岡山・美作市)】 既に閉館してます~  & 氷瀑見られず!!

■散歩道、今日の一枚! 兵庫にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn02761
 < 六甲山有馬・七曲滝の氷瀑を見に行く!  >
冬季、凍結する滝として有名ですが、残念ながら、いいお天気で、ほぼ凍っておりません(-_-;)!!
--------------------------------------------------------------------
【湯郷星輝温泉〔かんぽの宿美作湯郷〕(岡山・美作市)】宿泊
入湯日:2015年4月


Dscn01161
岡山は、中国自動車道美作ICから車で30分弱の高台にある国民宿舎「湯郷星輝温泉〔かんぽの宿美作湯郷」に泊まってきました。実はこちらは、2015年8月末にて閉鎖となっており、その前に駆け込みで行った温泉の回想です。



Dscn00551
入ってみると、もうすぐ閉館するとは思いえないゴージャスなロビーでした。



Dscn00571
早速、部屋へ入ってみると、布団が敷かれていました。寝転びたい衝動に負けず、温泉へと向かいます。



Dscn00591
「ゆ」の暖簾の奥の階段を上ると温泉です。頑張ってバリフリー対応に努めているのは、さすがかんぽの宿ですね。



Dscn00981
男女浴室の間の看板には、「ゆのごう きらきら おんせん」とルビがふられていました。温泉の扉が自動ドアというのもかんぽの宿らしいです。



Dscn00991
脱衣所もきれいに整えられていて気持ちイイです!



Dscn01081
浴室に入ると、木々の緑が目に飛び込み開放感があり、床もお湯が流れていると好感持てます。



Dscn01111
おっと!湯口横の割れ目から、温泉が漏れています、間もなくの閉鎖を物語っていました。



Dscn01121
こちらは、温めの小さな湯舟。オーバーフロが凄いです。お湯は、無味無臭ながら、少しヌメリのある浴感を楽しむことができました。


    Dscn00891    
どんなお湯でも、無くなることは寂しいもので、この源泉が、今どのように使われているかが気になるところです。この日も別れを惜しむかのように日帰りのお客さんが沢山来られていました。

★温泉データー★(分析日:平成24年9月25日)
泉  質 : 単純温泉(源泉名:湯郷星輝温泉)
泉  温 : 38.7
PH 値 : 9.6
湧出 量 : 100 L/分(動力)
ラドンRn: 7.7 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 209 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水有・塩素消毒有)※加水は湯はり時のみ
場  所 :  岡山県美作市中山674-7
電  話 : 閉鎖
日帰料金 : 500円(宿泊5000円素泊)
利用時間 : 11:00-21:00(休み:無)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ有
入湯月日 : 2015年4月

〔14湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度2

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense