フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« ★謹賀新年★ 2015年! | トップページ | 【寒河江温泉 〔割烹旅館福よし〕(山形・寒河江市)】~源泉かけ流しの湯~ &和菓子{ひつじ} »

2015年1月25日 (日)

【赤倉温泉 〔湯守の宿 三之亟〕(山形・最上町)】~掛け流しの湯~ &京の湯豆腐

■散歩道、今日の一枚! 京都にて■ ※記事とは関連ありません 

Dscn13571
 <南禅寺・奥丹「湯豆腐」 >
京都の底冷えも慣れてきましたが、寒さには変わりありません!
ということ、南禅寺に湯豆腐を食しにまいりました。
この季節は観光客も少なく、静寂を楽しみながらも、ほっこりすることができますよ♪

--------------------------------------------------------------------
【赤倉温泉 〔湯守の宿 三之亟〕(山形・最上町)】宿泊
入湯日:2014年3月

Dscn00171
山形は、東北中央道新庄ICから車で40分の山形赤倉温泉にある混浴大岩風呂で有名な 赤倉温泉 〔湯守の宿 三之亟〕へ泊まってきました。


Dscn00211
江戸時代開業の日本秘湯を守る会会員の宿です。大分・壁湯以来、久しぶりに提灯を見ることができました! どんな秘湯がまっているのでしょうか!


Dscn00241_2 Dscn00261
玄関を入ると古民家風建物で、ロビーには囲炉裏があり焚火の香りが漂っていました。部屋は昭和っぽくて好きな部類です。外の雪を見ると早く湯船に浸かりたい気持ちが高まってきました。


Dscn00411
さっそく混浴大岩風呂への扉を開けてみると、内湯とは思えないワイルドな浴室が目の前に現れました!
もやっていますが、右手の洗い場の奥にむき出しの岩肌と巨大な岩風呂が広がっています。混浴とはいえ女性専用時間が設けられているので、人っ子一人見当たりませんでした。


Dscn02481
大岩風呂の奥まで行って振り返ると、手前の湯船が「中湯」、その奥が「深湯」、左上の高いところに「高湯」と、3つの湯船を見ることができます。江戸時代に天然の岩石をくり抜いて作られたらしいです。


Dscn00391 Dscn01011
岩風呂の案内板を見ると、真ん中あたりに「湯かき穴」というのがあります。最深140cmの湯かき穴は数百年の年月で自然にえぐれたとのこと。


Dscn02501 Dscn00691
中湯の壁には、右書きで「昔の湯」書かれたポイントや、高湯への階段をあがれば岩に掘られた源泉洞(以前はここから2号源泉を運んでいた)があったりと、楽しめました。


Dscn00451
3メートほど階段を上ったところにある「高湯」。打たせ湯を楽しめます。小さい湯船なので鮮度がいいかもしれません。温度も低いです。


Dscn02341_2
高湯から下を見てみると、右が「中湯」、左が「深湯」となっています。因みにこの岩風呂は、1号源泉が使われています。


Dscn02381 Dscn00841
湯口も秘湯らしくて風情のある造りになってますね。中湯と深湯の湯船の間には水路ならぬ湯路が通っており、泉温を落とす工夫かもしれません。


Dscn02441 Dscn00911
中湯(左)・深湯(右)共に高湯より若干熱くなっています。この湯船で数百年の昔から人々が湯治をしていたと思うと、蒸気のせいもあってか不思議な空間への導かれたような気持になりました。


Dscn01881
露天風呂です。男女入替のため、前を流れる小国川は簾の目隠しで見ることはできませんが、川のせせらぎを聞くことはできました。風呂桶はあまり見かけない「ポカリ桶」でした。ここと、次に紹介のひょうたん風呂は2号源泉が使われているようです。


Dscn01981_2
ひょうたん風呂です。こちらは無料で40分の貸切もできる、二人程が入れる湯船ですが、部屋に近いのと湯船が小さく鮮度が良さそうなので長時間何度も浸からせてもらいました。無色透明のお湯は、少し鉱物臭のする他はあまり特徴がないですが、スベスベ感のあるやわらかい温泉でした。


Dscn01281
お待ちかねの夕食は、派手さはないものの田舎料理のご馳走でした。左から外周りに、最上町特産のブランド黒毛和牛『もがみ牛』を使ったしやぶしゃぶ、ニシンの焼き物、カレイの炊いたん、牛肉とレンコン焼いたん、鯉のあらい他。
写真以外に後から、温かい野菜の天ぷらとお吸い物・白米が運ばれてきました。


Dscn02221
朝食も夕食と同じく食事処でいただきます。素朴な具材ですが充実しており、右のなんともいえない臭いを放つ物体以外は美味しくいただきました。


Dscn022541 Dscn01741 Dscn01251
最後に、3つの浴室「岩風呂」「露天風呂」「ひょうたん風呂」の源泉と浴槽水のORP分析書です。源泉と同一の温泉水が浴用提供されていることを示しているもので、オーナーさんの温泉に対する心意気が伝わります。

★温泉データー★ (分析:①平成16年11月18日 ②平成21年1月31日)

泉  質 : カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(源泉名:①三之亟1号源泉、②三之亟2号源泉)

泉  温 : ①62.3 ②53.5

PH 値 : ①8.1 ②7.9

湧出 量 : 不明 L/分(自噴)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : ①1115、②1007 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(加水の場合井戸水)

場  所 :  山形県最上郡最上町大字富沢884

電  話 : 0233-45-2301

日帰料金 : 500円(宿泊:8550円)

利用時間 : 10:00-16:00(日帰り)

備  考 : ドライヤー(無料)有・ロッカー有・シャンプー.ソープ有・混浴岩風呂(女性専用時間有)他は男女入替制

入湯月日 : 2014年3月

〔12湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ度(宿泊時のみ)3・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

« ★謹賀新年★ 2015年! | トップページ | 【寒河江温泉 〔割烹旅館福よし〕(山形・寒河江市)】~源泉かけ流しの湯~ &和菓子{ひつじ} »

ほかの食べ物」カテゴリの記事

山形で、はいった温泉」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
この時期、湯豆腐は毎日でもいいです~
わざわざ食べに行かれるとは相当美味しい豆腐なんでしょうね~
羨ましいわぁ~~

赤倉温泉 湯守の宿 三之亟は秘湯の宿に加盟したので宿泊したいとは思うんですが、何と言っても琢琇に軍配が上がっちゃって思ってるだけになってます。
昔、混浴大岩風呂の写真をスクラップしてました。
しっかり憑いていきますっ

>カレイの炊いたん、牛肉とレンコン焼いたん
煮物とか焼物って事ですか?

朝食のNはいらないですね~(*^m^)o==3プッ

湯けむりの向こうでに、うなじの美しい女性が湯船に浸かっているかなぁ~
江戸時代から続いている秘湯の雰囲気がイイですね
食事もご当地の美味しいもの尽くしでおもてなし・・・
3種類のお魚料理も、焼く、煮る、あらい と手が込んでますね。

湯次さんは、ネバネバはNG!なんだ( ´艸`)プププ

じゅうべいさん。。。
湯豆腐を食べにわざわざ南禅寺まで行ったかいはありましたよ。
湯豆腐は奥丹が一番好きですかね。
メニューが湯豆腐セットしかないところも気に入ってます(^_^)

噂の琢琇(*^-^)が近くなんですよね!
知っていたらそちらに泊まっていたかもしれません

>煮物とか焼物って事ですか?
あたりです!
特ににおばんざいは、〇〇たん。 というのが料理名です。
大根とお揚げさんの炊いたん。 とか
たけのこと鶏の炊いたん。 とか・・・

tuba姐さん。。。
かなりの時間、岩風呂で楽しんでましたが、
うなじの綺麗なお姉さんは現れませんでした(^_^;)
温泉ではこういう料理が落ち着きますね!
腐ったものは食べない方がいいと思います(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ★謹賀新年★ 2015年! | トップページ | 【寒河江温泉 〔割烹旅館福よし〕(山形・寒河江市)】~源泉かけ流しの湯~ &和菓子{ひつじ} »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense