フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月19日 (日)

【イズミ天然温泉 光明の湯〔スパ・リフレ〕(大阪・堺市)】  ~京の冬の和菓子「寒椿」

■散歩道、今日の一枚! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn9368  Dscn94061
 < 二条・京菓子匠 源水「寒椿」

京都二条城東の1825年創業の和菓子の老舗です。お正月前に購入したもので(汗)
12月の和菓子なので、椿の花が咲き切っていない状態の意匠。
外郎に、中は白こしあん。

--------------------------------------------------------------------

【イズミ天然温泉 光明の湯〔スパ・リフレ〕(大阪・堺市)】立寄り
入湯日:2013年8月

Dscn6727
大阪は阪和自動車道堺ICより車で15分程の住宅街にあるにある日帰り温泉施設に浸かってきました。広い駐車場にポツンと「ゆ」の看板が立っていました。左手にゴルフ練習場しか見えません。

Dscn6729
車を置き、練習場の方へ進んでいくと右奥に目立たない看板と温泉の建物が見えてきました♪

Dscn6763
玄関を入ると天井の高い明るい休憩室が目に飛び込んできます。左手に温泉の女湯暖簾が見えています。

Dscn6735
暖簾を潜って脱衣所へと来ました。 掃除が行き届いており清潔感が漂っています。

Dscn6758
裸になって内湯へと潜入しました! 真ん中が赤茶色の源泉風呂ですが、白湯はいろりろあり飽きさせませんが、お目当ての源泉風呂以外は今回はパスさせていただきます。

Dscn6736
そして、露天風呂へと。ここにも源泉風呂が一つあり、「源泉こうみょうの湯」との石碑が。他にも白湯があります。

Dscn6753
赤褐色の温泉は、少し体を沈めるとほとんで見えない金泉ですが、ピーカンの青空の下でゆっくり楽しむのが気持ちいいです。

Dscn6755
湯口からは僅かに源泉が流れていますが、ほぼ循環のようです。少し鼻を近づけると金気臭を感じることができました。お味はとても強い塩味でなんだか効きそうで、お湯にしばらく浸かっているとキシキシ感を得られます。出た後もとても温まるお湯でした。

Dscn6769   
気分よく外へ出てよくみると、玄関先に源泉をかけ流しす足湯がありましたが、残念ながら今はお湯が張られていないので、楽しむことができませんでした。このあたりで金泉というのはあまり聞かないので、とても得した気分になりました!住宅内なので手軽に行けるのがグッドです。

★温泉データー★

泉  質 : ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩泉

泉  温 : 30.4

PH 値 : 6.99

湧出 量 : 218 L/分(動力)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 24,420 ㎎/kg

使用状況 : 掛流し循環併用(加温有・加水無・塩素投入)

場  所 :  大阪府堺市美木多上903-6

電  話 : 0722-84-2626

日帰料金 : 600円

日帰時間 : 10:00-25:00(休日:無)

備  考 : ドライヤー有・鍵付ロッカー有・シャンプー.ソープ有

入湯月日 : 2013年8月

〔27湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
            にほんブログ村

2014年1月13日 (月)

【高知の温泉〔某○○旅館〕(高知・○○○)】~源泉かけ流し~ &京和菓子「水尾の里」

■散歩道、今日の一枚! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

 < 二条・京菓子匠 源水「水尾の里」 >
Dscn9389 Dscn93971
京都二条城西の1825年創業の和菓子の老舗です。お正月前に購入したもので(汗)
12月の和菓子となります。
水尾は地名で、保津川下りやトロッコ列車で有名な嵐山の奥、保津峡の北位置します。
柚子の里として京都では知れ渡っている水尾に因み、柚子の意匠。
柚子の実そっくりで、ところどころで皮の色が微妙に違うのが芸術ものです!まさに匠の技です。
中は柚子風味のこしあん。

--------------------------------------------------------------------
【高知の温泉〔某○○旅館〕(高知・○○○)】宿泊
入湯日:2013年8月

新年早々ですが、昨年8月訪問の記事で恐縮です。

Dscn65811_2 
高知のとある温泉旅館に訪れた際、とっておきの温泉を見せてもらいました。オーナと夕食時温泉談義が盛り上がり、最近、新にオーナーのプライベート浴槽を作られたとのことでした。そして翌朝、見せてもらうことになりました。天井も含めふんだんに窓が取り入られており、とても開放感があります。

Dscn65761 
窓の下の眺めが素晴らしく、下を流れる渓谷を見ることができます。

Dscn66431
湯口の近くにコックがあり、それを開くと白い湯の華が舞うように浴槽を白く濁らせていきます。この温泉はガスが多く発生する硫黄泉なのですが、宿泊客の入る浴槽は、大人の事情で、こちらのとは別の浴槽になりますが、オーナーのご厚意で見せてもらうことができたわけです。誤って足をつけるとヌメリも少しありました。

Dscn66591
こちらがプライベート湯小屋の外観。

★温泉データー★

使用状況 : 掛け流し(加温有)

場  所 :  高知県

入湯月日 : 2013年8月

〔22湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ度(宿泊時のみ)3・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
            にほんブログ村

2014年1月 2日 (木)

謹賀新年 ♪2014♪

明けましておめでとうございます。
深酒がたたり、2日のご挨拶となりました。

温泉回想録にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
昨年は、沢山の方々に来ていただき、感謝感謝です。
今年も、よろしくお願いします!

今年も昨年同様、この1年間に、初入湯100湯を目指したいと思いますが、
どんなお湯と巡り合えますことやら、とても楽しみです♪
因みに、昨年一年間では81日間温泉巡りをし、98湯にお世話になり、うち初入湯は74湯と目標未達となってしまいました(涙)
そんな中、湯次的に2013年新湯で5本の指に入った温泉を綴ります。

先ずは第5位!

【有馬口温泉〔エクシブ有馬離宮〕(兵庫・神戸市北区)】
2013年8月入湯の温泉。
Dscn63381 
日本三大古湯の一つ有馬温泉の高台に2011年にできたリゾートホテル。滞在型ホテルなので非日常的なゴージャスさを味わえました。
有馬なので、源泉の鉄分が酸化して赤濁した金泉がメインですが、源泉に含まれている鉄分を抑え無色透明にしている浴槽もあり、ココからの景色は最高でした。
何も遮るものがないので遠くの山のゴルフ場が露天風呂からよく見えます。
http://kimamura.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-4574.html

第4位!

【高知の温泉〔某○○旅館〕(高知・○○○)】
2013年8月入湯の温泉。
Dscn65881
こちらは、高知県某所にある温泉旅館です。今年あらたにオーナー用の温泉浴槽を作られました。
自家用浴槽なので公開されていませんが、特別に見せていただきました。
残念ながら大人の事情で、普通にお客が入れる浴槽は源泉に含まれるガスを抜いているのです・・・
この浴室の真下は渓谷で自然との一体感があり、源泉を出すと湯船が白く濁ってきて、硫黄臭が堪能できる温泉でした。


第3位!

【尾張温泉 〔湯元 別館〕(愛知・蟹江町)】
2013年12月入湯の温泉。
Dscn9677
愛知の西寄り、三重も近い水郷の町にある温泉。街中にあるが門をくぐると離れ部屋と温泉棟のみで、まるで田舎のおばあちゃんの家に来たような気分になります。温泉はこじんまりとしており、浴槽は3~4人は入れる程と小さいのは湯量に合わせているからのようです。源泉は50℃ですが、湯船に引かれる頃は丁度いい温度で源泉かけ流しとなっています。訪れた冬場はいいのですが、夏場は先客がいると水で薄める可能性があるので注意が必要です。若干黄色みのあるお湯は、ヌルスベで泡付もしっかりあり、金気臭と少しの硫黄臭を感じることができ、お味は僅かに甘みがあります。ただし湯口は湯船の中なので味わうのはカランの蛇口からどうぞ。多めのオーバーフローで鮮度抜群なお湯を街中で楽しめられるのがうれしいです。



第2位!

【瀬波温泉 〔椿の宿 吉田や〕(新潟・村上市)】
2013年4月入湯の温泉。
Dscn36911
こちらは新潟の奥座敷瀬波温泉郷にある老舗旅館〔椿の宿 吉田や〕さん。周辺の大型旅館の合間にこじんまりと佇んでおり、軒下には村上地区伝統製法で作られた塩引き鮭が吊るされていのが印象的でした。脱衣所にある成分表の下には、「大浴場 源泉かけ流し 温泉管理システム」図表が掲げられています。95℃の源泉は貯湯槽で75℃となり、それを熱交換器にて45~50℃に下げ源泉で掛け流しており、高温泉でも源泉にこだわっているのがうれしい! 少し濁ったお湯は白っぽい湯の華が舞いヌルヌル感もしっかりあります。少し油臭というか薬品臭のような不思議が香りがする甘い塩味の今まで感じたことのない温泉。
http://kimamura.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-d735.html


そして、栄えある第1位!

【湯川内温泉〔かじか荘〕(鹿児島・出水市)】
2012年3月入湯の温泉。
Dscn25671
一軒宿の湯治場。湯船の底の砂利の合間から38度弱の僅かに硫黄臭のする温泉が自噴しています。お味は薄い出汁といったところ。上の湯・下の湯の二つの浴室とみに湯船の足元周辺から源泉と共に気泡が上がってきます。しばらくすると足にも泡がまとわり付きま。温いお湯なのに岩に腰掛け1時間程まったりしていると汗ばんでくるから不思議。今回泊まったのは、旅館部だったが次回は湯治部屋で湯治客といろいろ温泉話を語らいたいもんです。この時も女子大生は湯治部屋に泊ってました。
http://kimamura.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-50bb.html



以上、2013年も、甲乙つけがたい温泉が山のようにありましたが、ワンポイント、違いの出せているものを優先しました。
あくまでも湯次の主観によるもとですのでご理解願います。
 

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

           にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
            にほんブログ村

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense