フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 【湯の峰温泉〔公衆浴場・薬湯〕(和歌山・田辺市)】 ~源泉かけ流し湯~ &温泉タマゴ | トップページ | 【姫温泉〔弘法湯〕(和歌山・串本町)】~源泉かけ流しの湯~ »

2012年10月29日 (月)

【南紀勝浦温泉〔ホテル浦島〕(和歌山・那智勝浦町)】~源泉かけ流しの湯~

【南紀勝浦温泉〔ホテル浦島〕(和歌山・那智勝浦町)】宿泊
入湯日:2012年10月

2012_10110399
和歌山でも巨大ホテルとして有名な勝浦温泉・ホテル浦島に泊まってきました。列車だと、大阪、名古屋共に特急列車でJR紀伊勝浦駅まで3時間半掛かりますので簡単に行ける場所ではありません!日本一長い滝「那智の滝」もここが最寄駅です。熊野灘と勝浦湾に突き出している岬にホテル浦島の4棟、本館・なぎさ館・日昇館・山上館が佇んでいてるわけですが、アプローチは勝浦湾から渡し船に乗り込み5分程揺られ、ホテル本館前の桟橋に上陸するといった手順です。一日3,000人が宿泊できる巨大ホテル。どんな温泉が待ち構えているか楽しみです。

2012_10110226
渡し船に乗ってしばらくすると、窓から、怪しく光る「ホテル浦島」の赤いネオンが目に飛び込んできました! 桟橋に着くとまるで竜宮城のようなエントランスでお迎えです。

2012_10110229
遅くなってからのチェックインだったので、荷物を部屋において、即、夕食バイキングへと向かいます。勝浦は延縄漁での生マグロ水揚高日本一だけあって、バイキングのマグロもなかなかのものでした。お腹もふくれたのでさっそく温泉へと参りましょう♪

2012_10110230
全館で源泉掛け流しのお風呂が6つありますが各お風呂の利用時間が違っているので、6湯制覇のためには時間配分が必要です。廊下の途中には全館模型配置図がありました。

2012_10110233
1湯目は、日昇館の「玄武洞」。入口の手前から自然の洞窟になってます。

2012_10110235
天然の洞窟に温泉が湧いており、真ん中に男女の仕切りがあります。この一番奥が海岸の接した露天風呂へと続いており、荒波が岩にぶつかり音が響き、露天部分では飛沫をかぶることもできます。

2012_10110237
湯口からは、ゴーゴゥーと源泉が硫黄臭と共に飛び散っています。分かりづらいですが白濁の硫黄泉が更に気分を盛り上げてくれます。

2012_10110263
2湯目は、日昇館の「磯の湯」。無色透明と白濁の二つの源泉のお湯が楽しめます。

2012_10110265
こういう時は、やっぱり白濁の硫黄泉でまったりしてしまいます。カランも真っ黒に変色していますね。この日昇館の二つの浴槽だけが磯の湯1・2・3・5号という源泉をそれぞれ使っており、他の浴槽は5源泉の混合泉を使っているからなのか、日昇館の方が温泉が濃ーいような気がします。

2012_10110340 2012_10110335
3湯目は、本館の「滝の湯」。岩が突き出した内湯と木の露天風呂が二つ、どちらも白濁のお湯です。露天は各々温度が違い下がぬるいです。

2012_10110324
お次は山上館へと移動しましょう!、全長154㍍の名物エスカレーター「スペースウォーカー」で5分45秒で到着ですが、時間が無いので、エレベーターで80㍍の山中を駆け上がります。

2012_10110303
4湯目は、山上館の「遥峰の湯」。勝浦の街の夜景を見下ろしながら硫黄臭のするミルキーホワイトのお湯を楽しみました♪ 実は事前情報では、最上階に露天風呂があるとのことでしたが無くなっていました。

そろそろ、疲れも出てきたので、明日に備えて、部屋へと戻りましょう!

2012_10110269
朝になりました。・・・といってもまだ日は出ていません。お目当ては露天でご来光をみること。

2012_10110381
5湯目は、本館の「忘帰洞」。浦島一番の名物風呂です! 由来は、「帰るのを忘れさせるほど」 から来ているとのこと。

2012_10110376
洞窟の中に5つの湯船があります。すべて白濁の湯ですが、少しずつ色の度合いが違います。

2012_10110350
待ちに待った日の出ですが、僅かに太陽が切れています。

2012_10110366
荒波と潮風を受けながらの朝風呂は、なんとも言えない爽快感を醸し出してくれます。

2012_10110273
こちらは、前夜の忘帰洞、夜は夜で神秘的です!

2012_10110394
最後6湯目は、山上館「天海の湯」。白いタイルを基調とした清潔感のある内風呂。

2012_10110397
露天風呂は手前の二つの樽風呂も含めおひとり様用の四つの湯船が用意されています。こちらの眺望もすばらしいです。

2012_10110312
今回は、仕事の関係で短時間しか逗留していないため駆け足で湯巡りをしましたが、次回はゆーっくり時間をかけて楽しみたいと思います。すべてのお湯が、源泉掛け流しで、硫黄臭のするいいお湯でした。
巨大ホテルでここまで、自然との一体感があるホテルはそうそうないと思います。太平洋に接しているので台風による被害も頻繁に起こるそうで、とてもワイルドなホテルでした。

★温泉データー★

泉  質 : ①含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:ホテル浦島温泉集中タンク)
       ②含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第5号線)
       ③含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第1号線)
       ④含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第2号線)
       ⑤含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第3号線)

泉  温 : ①53.8 ②41.0 ③44.6 ④47.3 ⑤41.6

PH 値 : ①7.3 ②7.6 ③7.3 ④7.7 ⑤8.4

湧出 量 : ①449 L/分②111 L/分 ③115 L/分 ④122 L/分 ⑤298 L/分             

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : ①6,644 ㎎/kg ②6,166 ㎎/kg ③3,700 ㎎/kg ④3,776 ㎎/kg
        ⑤7,514 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(100%源泉)

場  所 : 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦

電  話 : 0735-52-1011 

日帰料金 : 1000円(宿泊:不明)

日帰時間 : 10:00-22:00

備  考 : ドライヤー有り・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2012年10月

〔10湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

        人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

« 【湯の峰温泉〔公衆浴場・薬湯〕(和歌山・田辺市)】 ~源泉かけ流し湯~ &温泉タマゴ | トップページ | 【姫温泉〔弘法湯〕(和歌山・串本町)】~源泉かけ流しの湯~ »

和歌山で、はいった温泉」カテゴリの記事

コメント

最近、他の方のブログで
和歌山の観光情報を知り、気になっていた所
偶然通りがからせて頂きました。

詳しい情報と沢山のお写真で
非常に楽しませてもらいました。

朝日を見ながらの温泉はいいですね!!
私も、実現してみたいです。

こんにちは~

ここは、遠いですが、ずいぶん前の温泉公方と知り合う前に、行きました
3000人泊まれるんですね~

ここに行った時は、まだ、温泉に目覚めてませんでしたが、忘帰洞の美しさに、母が感激していたのを思い出しました

巨大ホテルは、あまり行きませんが、ここの湯は凄そうなので、もう1度行きたいな~と思っていましたが、レポを拝見して、更に行きたくなりました
中の島も気になっています

忘帰洞に入った瞬間に度肝を抜かれたのを
思い出しました。

朝日、いいですね。
僕は、起きる根性がありませんでした。

また、行きたくなりました。

KAnaKAnoさん。。。
またまた、お越しいただきありがとうございます。
身体が良くなったら、是非是非、和歌山へ来てくださいね。

のんさん。。。こんばんは~。。。
すごい!はるばる勝浦まで来られたんですね
生まれてから長年関西暮しでしたが、勝浦温泉がこんなに凄いとは、
行くまで知りませんでした!
お母さんが感動された忘帰洞は、自分もただただ感動するばかりでした
中の島も魅力的ですね!和歌山の温泉は奥が深いです!

kenさん。。。こんばんは~
お越しいただき、ありがとうございます!
さすが、浦島は入浴済みですか。
今度行くときは、根性出して日の出を見てくださいね♪

ずいぶん前、雪不足でスキーに行けなくなったとき、ここに行きました。
すごかったですね、たしかに。これまでに泊まった中では最大級でした。
チェックアウトが大渋滞だったのも初めてなら、駐車場はまるでショッピングモールでした。
忘帰洞、たしかによかったです。のんちゃんのお母さんの感動がよくわかります(^^)

ヒロさん。。。こんばんは~
何もかも、インパクトのあるホテルですよね!
鄙びた宿がいいですが、たまにはこういうところも面白いです!
お湯は玄武洞のほうが好きですが、朝日が見られる忘帰洞に一票でしょうか。
そういえば、戸倉観世温泉に行かれるんですね。それなら、近くの戸倉国民温泉も
ぜひ立ち寄りください。こちらも人気のいいお湯ですよ♪ 駐車場もあります


わ~~~w(°0°)w オォー
なんと表現したらいいんだろ
温泉劇場?温泉パーク?

すごいド迫力にびっくりです
大型ホテルなのに湯量が凄いですね~
成分も濃い
これは連泊しないとじっくり味わえませんね~

じゅうべいさん。。。
たしかに、連泊すれば、まさに温泉三昧ですね
自然の洞窟とうのがテンションあがります
でも、食事はバイキングなのでじゅうべいさんのお口にあうかどうかは、
疑問です・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【湯の峰温泉〔公衆浴場・薬湯〕(和歌山・田辺市)】 ~源泉かけ流し湯~ &温泉タマゴ | トップページ | 【姫温泉〔弘法湯〕(和歌山・串本町)】~源泉かけ流しの湯~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense