フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

【姫温泉〔弘法湯〕(和歌山・串本町)】~源泉かけ流しの湯~

【2012.10月を終え】
2012年入湯日数■年間累計:89日間(初入湯76湯)■10月度:12日間(初入湯12湯)


【姫温泉〔弘法湯〕(和歌山・串本町)】立寄り
入湯日:2012年10月

2012_10110402
本州最南端の町、和歌山・串本町にある公衆温泉に浸かってきました。JR紀伊姫駅という無人駅から徒歩10分弱。隣には、大小40コの岩が一列にそそり立った奇岩群として名勝となっている橋杭岩の1つ目のクツヌギ石と赤い屋根の弘法大師堂があります。

2012_10110460
国道42号線沿いにあるのですが、国道より下にある平屋建ての建物なので、車で走っていると見落としそうになります。

2012_10110406
さっそく、建物に入ってみましょう~♪。 ます、民家の居間のようなところに通され、机の上のノートへ住所氏名を書き、お金を払います。お風呂は1.2人が入れる貸切風呂で、2つあります。実はこちらはフツーの共同浴場ではなく、姫地区の自治会が運営する地元の人のコミュニティ浴場とのことで、先客がいればこの居間で順番を待ちコミュニケーションを図りるということでしょうか。シンプルな湯船は槇を使われています。なんだかおばあちゃん家へ来ているようです。

2012_10110427
窓を開けると、紀伊大島と太平洋の波打ち際の景色が飛び込んできました。

2012_10110452 2012_10110417
上水道を通していないのでシャワーやカランも源泉です。湯船の蛇口の右が100%源泉、左が加温した源泉です。何故か左の蛇口周りに析出物が。

2012_10110441 2012_10110420
無色透明のお湯は、蛇口からは硫黄臭がしっかりし、わずかに玉子のお味もします。PHが高いためかとてもやわらかいお湯でした。 一人湯船を独占し、波の音をBGMに、考え事をまとめるには最適な一時を送ることができました。

★温泉データー★(分析:平成21年8月12日)
泉  質 : 単純泉

泉  温 : 27.0

PH 値 : 9.5

湧出 量 : 17 L/分(自噴)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 170 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(加温のみ有)

場  所 : 和歌山県東牟婁郡串本町姫572

電  話 : 0735-62-0654 

日帰料金 : 400円

日帰時間 : 13:30-19:30(利用可能日:火・木・土・日のみ)

備  考 : ドライヤー無・貴重品ロッカー無・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2012年10月

〔11湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月29日 (月)

【南紀勝浦温泉〔ホテル浦島〕(和歌山・那智勝浦町)】~源泉かけ流しの湯~

【南紀勝浦温泉〔ホテル浦島〕(和歌山・那智勝浦町)】宿泊
入湯日:2012年10月

2012_10110399
和歌山でも巨大ホテルとして有名な勝浦温泉・ホテル浦島に泊まってきました。列車だと、大阪、名古屋共に特急列車でJR紀伊勝浦駅まで3時間半掛かりますので簡単に行ける場所ではありません!日本一長い滝「那智の滝」もここが最寄駅です。熊野灘と勝浦湾に突き出している岬にホテル浦島の4棟、本館・なぎさ館・日昇館・山上館が佇んでいてるわけですが、アプローチは勝浦湾から渡し船に乗り込み5分程揺られ、ホテル本館前の桟橋に上陸するといった手順です。一日3,000人が宿泊できる巨大ホテル。どんな温泉が待ち構えているか楽しみです。

2012_10110226
渡し船に乗ってしばらくすると、窓から、怪しく光る「ホテル浦島」の赤いネオンが目に飛び込んできました! 桟橋に着くとまるで竜宮城のようなエントランスでお迎えです。

2012_10110229
遅くなってからのチェックインだったので、荷物を部屋において、即、夕食バイキングへと向かいます。勝浦は延縄漁での生マグロ水揚高日本一だけあって、バイキングのマグロもなかなかのものでした。お腹もふくれたのでさっそく温泉へと参りましょう♪

2012_10110230
全館で源泉掛け流しのお風呂が6つありますが各お風呂の利用時間が違っているので、6湯制覇のためには時間配分が必要です。廊下の途中には全館模型配置図がありました。

2012_10110233
1湯目は、日昇館の「玄武洞」。入口の手前から自然の洞窟になってます。

2012_10110235
天然の洞窟に温泉が湧いており、真ん中に男女の仕切りがあります。この一番奥が海岸の接した露天風呂へと続いており、荒波が岩にぶつかり音が響き、露天部分では飛沫をかぶることもできます。

2012_10110237
湯口からは、ゴーゴゥーと源泉が硫黄臭と共に飛び散っています。分かりづらいですが白濁の硫黄泉が更に気分を盛り上げてくれます。

2012_10110263
2湯目は、日昇館の「磯の湯」。無色透明と白濁の二つの源泉のお湯が楽しめます。

2012_10110265
こういう時は、やっぱり白濁の硫黄泉でまったりしてしまいます。カランも真っ黒に変色していますね。この日昇館の二つの浴槽だけが磯の湯1・2・3・5号という源泉をそれぞれ使っており、他の浴槽は5源泉の混合泉を使っているからなのか、日昇館の方が温泉が濃ーいような気がします。

2012_10110340 2012_10110335
3湯目は、本館の「滝の湯」。岩が突き出した内湯と木の露天風呂が二つ、どちらも白濁のお湯です。露天は各々温度が違い下がぬるいです。

2012_10110324
お次は山上館へと移動しましょう!、全長154㍍の名物エスカレーター「スペースウォーカー」で5分45秒で到着ですが、時間が無いので、エレベーターで80㍍の山中を駆け上がります。

2012_10110303
4湯目は、山上館の「遥峰の湯」。勝浦の街の夜景を見下ろしながら硫黄臭のするミルキーホワイトのお湯を楽しみました♪ 実は事前情報では、最上階に露天風呂があるとのことでしたが無くなっていました。

そろそろ、疲れも出てきたので、明日に備えて、部屋へと戻りましょう!

2012_10110269
朝になりました。・・・といってもまだ日は出ていません。お目当ては露天でご来光をみること。

2012_10110381
5湯目は、本館の「忘帰洞」。浦島一番の名物風呂です! 由来は、「帰るのを忘れさせるほど」 から来ているとのこと。

2012_10110376
洞窟の中に5つの湯船があります。すべて白濁の湯ですが、少しずつ色の度合いが違います。

2012_10110350
待ちに待った日の出ですが、僅かに太陽が切れています。

2012_10110366
荒波と潮風を受けながらの朝風呂は、なんとも言えない爽快感を醸し出してくれます。

2012_10110273
こちらは、前夜の忘帰洞、夜は夜で神秘的です!

2012_10110394
最後6湯目は、山上館「天海の湯」。白いタイルを基調とした清潔感のある内風呂。

2012_10110397
露天風呂は手前の二つの樽風呂も含めおひとり様用の四つの湯船が用意されています。こちらの眺望もすばらしいです。

2012_10110312
今回は、仕事の関係で短時間しか逗留していないため駆け足で湯巡りをしましたが、次回はゆーっくり時間をかけて楽しみたいと思います。すべてのお湯が、源泉掛け流しで、硫黄臭のするいいお湯でした。
巨大ホテルでここまで、自然との一体感があるホテルはそうそうないと思います。太平洋に接しているので台風による被害も頻繁に起こるそうで、とてもワイルドなホテルでした。

★温泉データー★

泉  質 : ①含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:ホテル浦島温泉集中タンク)
       ②含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第5号線)
       ③含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第1号線)
       ④含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第2号線)
       ⑤含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(源泉名:磯の湯第3号線)

泉  温 : ①53.8 ②41.0 ③44.6 ④47.3 ⑤41.6

PH 値 : ①7.3 ②7.6 ③7.3 ④7.7 ⑤8.4

湧出 量 : ①449 L/分②111 L/分 ③115 L/分 ④122 L/分 ⑤298 L/分             

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : ①6,644 ㎎/kg ②6,166 ㎎/kg ③3,700 ㎎/kg ④3,776 ㎎/kg
        ⑤7,514 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(100%源泉)

場  所 : 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦

電  話 : 0735-52-1011 

日帰料金 : 1000円(宿泊:不明)

日帰時間 : 10:00-22:00

備  考 : ドライヤー有り・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2012年10月

〔10湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2012年10月28日 (日)

【湯の峰温泉〔公衆浴場・薬湯〕(和歌山・田辺市)】 ~源泉かけ流し湯~ &温泉タマゴ

■散歩道、今日の写真!  和歌山・紀伊半島にて■
2012_10110104 2012_10110157

2012_10110217 2012_10110219
 < 湯の峰温泉「湯筒」 >
つぼ湯の少し下流にはタマゴや野菜を茹でる「湯筒」があります。
近くの売店には、ネット入りの生タマゴやさつまいもが売られていました!
湯筒には、「玉子などを取られないように」とのカラス対策の注意書きが。
烏の行水でお馴染みのカラスが高温泉からタマゴをくすねるとは見上げたものです。
カラスと称した輩がいたりして・・・
--------------------------------------------------------------------
【湯の峰温泉〔公衆浴場・薬湯〕(和歌山・田辺市)】立寄り
入湯日:2012年10月

2012_101102161_2
和歌山・湯の峰温泉は四世紀ごろ発見され、熊野詣において湯垢離場として栄えた温泉地。こちらの公衆浴場に浸かってきました♪

2012_10110101
世界文化遺産登録の「つぼ湯」に入浴すると、もれなく湯の峰温泉の公衆浴場「薬湯」もしくは「一般湯」のどちらかに入浴することができるということで、
今回はくすり湯をチョイスしました! 何が違うかというと、薬湯は100%源泉掛け流しで体・頭は洗えません、一般湯は50%源泉の掛け流しで体・頭が洗えます。くすり湯には1日料金が設定されており、まさに湯治湯ということでしょう!(実は、つぼ湯料金を払っても1日中入浴できます)

2012_10110195
4~5人ほどが入れるシンプルな湯船が1つ。つぼ湯は熱くて加水せざるを得ない状態ですが、くすり湯は源泉のまま温度調整されているので、こちらのほうが濃度が高いです。湯口付近が浅く半身浴や寝湯にピッタリ。

2012_10110184 2012_10110163_2
湯口には、白い湯の華が付着しています。無色透明のお湯は、つぼ湯よりも強い硫黄臭と、口に含むと塩の効いたやわらかいダシ味がします。

2012_10110181
白く輝いているのが、純白の湯の華です! 湯船からのオーバーフローが気持ちいい、少しヌルヌルしたお湯は、上がった後もポカポカするとても気持ちのいい極上のものでした。受付のおっちゃんは気さくな人で古湯の管理人さんとしては適任のようです。

★温泉データー★(分析:平成13年11月14日)

泉  質 : 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

泉  温 : 89.6

PH 値 : 7.8

湧出 量 : 87 L/分(自噴)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 1781 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(100%源泉)

場  所 : 和歌山県田辺市本宮町湯の峰107

電  話 : 0735-42-0074 

日帰料金 : 380円(つぼ湯に入れば無料))

日帰時間 : 6:00-22:00

備  考 : ドライヤー無・貴重品ロッカー無・シャンプーソープ無

入湯月日 : 2012年10月

〔10湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2012年10月26日 (金)

★キリバン☆400湯目★【湯の峰温泉〔つぼ湯〕(和歌山・田辺市)】~世界遺産のかけ流しの湯~

★おかげさまで、新規施設入湯400湯目の記事となる記念すべき温泉★

【湯の峰温泉〔つぼ湯〕(和歌山・田辺市)】立寄り
入湯日:2012年10月

2012_101101031
和歌山とはいえ、京都からは車で5時間弱かかり簡単には行けない山間の温泉地です。
この地は、熊野本宮大社へ続く熊野古道にあり、平安時代から熊野詣への穢れを落とす温泉場として栄えていたとのこと。その中心部につぼ湯はあります。

2012_101101131
川の岩間から湧くつぼ湯の上に小屋をかぶせたというのが正しいでしょう。ココの凄いところは世界で唯一の世界文化遺産に登録されていること。日本最古の共同浴場と言われています。30分の貸切風呂となっていますので休みの日は行列ができるとか。

2012_10110154
受付で3番札(本日3人目?)をもらい入口横で待機! しばらくすると先客が出てきたので、さっそく中に入りましょう♪ 靴は入り口の外に置いておき、入浴中であることを知らせるルールのようです。

2012_10110117
入口をくぐると中には石の階段がありそこで裸になります(脱衣所はなく石段に衣類入れのカゴあり)。下には一坪ほどの岩穴が見えます。

2012_10110128
足元自噴の岩穴ですが、92℃の源泉はとても熱く加水しないと入れません。先客がうめているのですが源泉の湧出が多いのですぐに熱くなります。この時は、透明度の高い若干白濁したお湯でしたが、一日に七色に変化するとのこと。

2012_10110142
つぼ湯の囲いの隙間から光が差し込み、妄想的な光景の中、じっくりお湯を楽しむことができました。ただ熱いお湯が苦手な人にはつらいかも知れません。お湯自体は、硫黄臭もほとんどしないやわらかいものでした。加水をせずに入れないのは残念ですが、1000年前のいにしえ人と同じお湯に浸かれるのは、なんともロマンを感じさせられます。

★温泉データー★

泉  質 : 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉

泉  温 : 92

PH 値 : 8.7

湧出 量 : 不明 L/分(自噴)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 不明 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(加水有)

場  所 : 和歌山県田辺市本宮町湯の峰110

電  話 : 0735-42-0074

日帰料金 : 750円(他にもう1湯入れる))

日帰時間 : 6:00-22:00

備  考 : ドライヤー無・貴重品ロッカー無・シャンプーソープ無

入湯月日 : 2012年10月

〔10湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2012年10月25日 (木)

【稚内温泉〔宗谷パレス〕(北海道・稚内市)】  &ノシャップ岬と利尻富士

■散歩道、今日の1枚!  北海道にて■

0075
 < 稚内 「ノシャップ岬と利尻富士」 >
北方領土を考えないで、日本最北端の宗谷岬の西側にノシャップ岬があります。
宗谷岬ほど観光客はいませんが、気持ちのいい北端の岬で、利尻島の利尻富士も眺めることができます!

--------------------------------------------------------------------
【稚内温泉〔宗谷パレス〕(北海道・稚内市)】宿泊
入湯日:2003年10月

0068
稚内にある日本最北端の温泉訪問時の回想です。ちなみにこちらが湧出するまでは豊富温泉が最北端だったようです。
JR稚内駅から車で20分弱行ったところに船員保険保養所「宗谷パレス」があります。
隣には湯元である公共日帰り施設「童夢」が建ってます。そして写真の3階中央が宗谷パレスの温泉浴場です。

0060
内湯のみで5・6人ほど入れるコンパクトな湯船は、若干笹濁りのようです。早朝だったので外に見えるのはガラガラの「童夢」の駐車スペースです。
負の四拍子が揃ったお湯ですが、ヌルスベ感がしっかりある塩味。塩素臭もせず心地よく入れる温泉でした。

0065
窓からは、雄大の利尻島と利尻富士を見ることもできました!
いつかは、礼文・利尻島に行くぞと強く思うのでした!!

料理は、別注でホタテを頼んでいると記録にありますが、全く覚えておりません・・・

★温泉データー★(分析日:平成9年4月22日)

泉  質 : ナトリウム-塩化物泉(源泉名:稚内ノシャップ温泉1号)

泉  温 : 34.4

PH 値 : 7.6

湧出 量 : 51 L/分(自噴)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 24730 ㎎/kg

使用状況 : 循環(加水有・加温有・塩素投入)

場  所 : 北海道稚内市富士見4丁目1837番

電  話 : 0162-28-1211 

日帰料金 : 300円(宿泊:7350円)

入浴時間 : 13:00~22:00

備  考 :  ドライヤー有・ロッカー有・シャンプーソープ有。

入湯月日 : 2003年10月

〔30湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)?・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2012年10月23日 (火)

【豊富温泉〔ふれあいセンター〕(北海道・豊富町)】~かけ流しの湯~

【豊富温泉〔ふれあいセンター〕(北海道・豊富町)】立寄り
入湯日:2003年10月

0097
前回は、豊富温泉宿泊時の記事を綴りましたが、今回はその1ヶ月前のある日に立寄った豊富温泉郷の公衆浴場の紹介です。
中央のトンガリ屋根がふれあいセンター新館となります。とてものどかな風景ですが、後2か月もすれば雪で覆われるのでしょうね。
大正時代に石油の試掘を行っていたら天然ガスと温泉が噴出したのが始まりだそうです。

0090
正面入り口です。小っちゃな共同浴場といったかんじですが、これが凄い温泉なんです! 内湯の浴槽が「湯治湯」と「一般浴場」の二つあり、露天はありません。
先ずは、湯治湯への向かいましょう♪

00911
こちらが湯治湯。黄土色に濁ったお湯からは強くはないが鼻を衝く石油臭がします。油膜もしっかり張ってます。
さっそく浸かってみると、これは凄い!お湯に油が混じっているw(゚o゚)w  ヌルヌルの油まみれとなりました。時間が経てば経つほど体に吸収されるようで、まるで、濃~いベビーオイルを塗りたくっているような感覚です。湯船から上がると足の裏がツルツルで床がスベル!しかも石油臭く身体全体が黄色っぽくギトギトしているし、シャワーでも洗い落とせない!
こんな強烈なお湯は、今までで最高レベルです。お味は塩味ですが、泉質表示のナトリウム-塩化物泉では言い表せない極上の温泉でした。
この時は昼一の訪問でしたが、後で調べると、朝一番のお湯は油でドロドロしているとのこと。いつかは早朝にアタックしたいものです。

0094
こちらは一般浴槽。循環ろ過しており、わずかな石油臭と薄い黄土色ですが、程よいツルツル感でまさに一般向きといった感じです。かなり熱めに加温され加水もされていて、ちょうど良い湯に調整されていると言っていいでしょう! こちらにも長時間浸かっていましたが、身体の油臭とヌメリが取れることはなく、1日中身体に油がまとわり付いていました。

こんな温泉が日本最北端の地に湧いてることに感動です(うるる)。
アトピー性皮膚炎の方も全国から湯治でこられているとのことで、かなり全国区になりつつあるようですが、いつまでも静かな最北の小さな温泉郷を維持していってほしいと思います。

0093_2 0096

★温泉データー★分析日:①元年5月22日②平成9年7月22日

泉  質 : (湯治湯①)ナトリウム-塩化物泉(源泉名:R1A号井)
       (一般湯②)ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(源泉名:R1A号井、R4号井・R9号井混合泉)

泉  温 : ①32.8 ②20.2

PH 値 : ①7.6 ②7.9

湧出 量 : ①100L/分(動力)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : ①11170 ㎎/kg ②14290 ㎎/kg

使用状況 : ①掛け流し(加温有)②循環

場  所 : 北海道天塩郡豊富町豊富温泉

電  話 : 0162-82-1777 

日帰料金 : 420円

日帰時間 : 8:30-21:30

備  考 : ドライヤー有・貴重品ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2003年10月

〔31湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2012年10月21日 (日)

【福山温泉〔ホテルグランティア福山・華のゆ〕(広島・福山市)】 &パワースポット

■散歩道、今日の写真!  京都にて■ (記事と関連ありません!)
2012_092900961
2012_092900771
2012_092901011 2012_092900901
2012_092900831
   < 晴明神社と桔梗 >
平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明を祀る晴明神社はパワースポットとしても有名。
鳥居に掲げられた金色の社紋は桔梗を象っていて、9月下旬まで境内にも桔梗が咲き乱れています。
この地は、その後、秀吉によって聚楽第が設けられ千利休の屋敷がありました。
境内にある晴明井の水は、利休が茶の湯に使っており、最期の一服もこの水で点てたそうです。
ちなみに水口がその年の恵方の方角に向いています。

--------------------------------------------------------------------
【福山温泉〔ホテルグランティア福山・華のゆ〕(広島・福山市)】宿泊
入湯日:2012年10月


広島は山陽道福山東ICより車で20分弱のスー銭併設のビジネスホテルに泊まってきました。もちろん、ホテル宿泊者は無料で健康ランドを利用することができます。


2012_10060231
お風呂は、「和みの湯」「蔵の湯」二種類のスペースが男女定期的に入れ替わるそうです。今回訪れた時は、男性は木のぬくもりを感じらるという「和みの湯」となっていました。
あかすり・サウナをはじめ、多数の浴槽があり、本格的な健康ランドです。上の写真は、多目的風呂から入浴目線でみたもの。屋根の付いた腰湯とその先に檜風呂が見渡せます。

2012_10060227
こちらは、1枚目の写真では死角になっていた右手にある圧注湯(体が引き締められます)からの入浴目線。正面にサウナがあり、左手が腰湯、右手に檜風呂があり、その右が露天風呂です。露天には壺湯やごろりん湯(寝湯)と 水風呂以外で唯一の白湯「滝湯」がありますが、長時間の居座り組がおられたので画像の登場はありません。

2012_10060230
一番ゆっくりしたのが、シンプルな檜風呂。よく見ると湯船の縁だけが檜ですね。無色透明のお湯が湯口からタップリでており、循環ながら塩素臭はほどんど感じられず、苦みある塩味です。出た後はスベスベになります!湯量が多く濃~い温泉だったこともあり予想に反して良い温泉でした。

全国チェーンホテルのルートイングループということで、接客はとてもよく気持ちよく過ごすことができました。同系列の「グランティア函館駅前」とはちょっと違って長時間楽しむことのできる施設でした。

★温泉データー★ 分析年月日:2004.7.15

泉  質 : 含弱放射能-カルシウム・ナトリウム-塩化物冷鉱泉

泉  温 : 21

PH 値 : 7.4

湧出 量 : 300 L/分(動力)

ラドンRn: 27マッヘ単位/kg

成分総計 : 2290 ㎎/kg

使用状況 : 循環(加温有・塩素消毒有)

場  所 : 広島県福山市沖野上町5丁目27-11

電  話 : 084-922-5511 

日帰料金 : 750円(平日21時以降はタオル・バスタオル・館内着付で700円、宿泊6500円)

日帰時間 : 10:00-24:00

備  考 : ドライヤー有・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2012年10月

〔4湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月20日 (土)

【湯郷温泉〔湯郷鷺温泉館〕(岡山・美作市)】 & PORTABULE SHINTO SHRINE

■散歩道、今日の写真!  京都にて■ (記事と関連ありません!)

Img_52821_2 Img_52871
 < 伏見・御香宮「お神輿」 >
御香宮は創建の由緒は不明で862年に社殿の修復記録はあるらしく、豊臣秀吉が伏見城築城時城内に移し、徳川家康が元の位置に戻し、本殿が造営されたとのこと。
そんなこともあり、このお神輿は、二代将軍秀忠が江(大河ドラマでおなじみ)との長女千姫の誕生を祝して寄進されたものとあります。
むかしは担がれていたようですが、今はお祭りの時に公開されるだけです。
まあ、2トン以上あるものを担いで練り歩くなんて、考えただけで・・・
そして、立札の下にお神輿の英訳「PORTABULE SHINTO SHRINE」=「持ち運び神社sign02」とありました。  なるほどhappy01
境内には名水百選に選定された「御香水」も湧いており、酒処伏見を物語っています。

--------------------------------------------------------------------
【湯郷温泉〔湯郷鷺温泉館〕(岡山・美作市)】立寄り
入湯日:2012年10月

2012_10060220
岡山は中国道美作ICより車で10分弱とアクセスのいい、1200年以上の歴史ある温泉郷を訪ねました。湯郷温泉は、奥津・湯原とともに岡山美作三湯とよばれる由緒ある温泉で情緒があります。温泉発見の起源から別名「鷺の湯」ともいい、こちら元湯の公衆浴場に、この名が付けられています。

2012_10060197_2 2012_10060198
中に入れば、最近のスー銭と変わらない設備の充実した施設です。さっそく、温泉への向かいましょう♪
入ってすぐに、源泉のご案内と共に、ジョウロの口のような先から源泉が流されています。口に含めば、硫黄臭とともに程よいダシ味で、これには、とっても充実した気持ちになります♪

2012_10060204
内湯は、湯口からドバドバお湯が流れていますが、源泉とは全く違い、ほとんど無味無臭に近く、加温消毒だけでここまで変わるのかといったお湯に変貌しています。

2012_10060195
それではと、露天風呂へと期待に胸膨らみます! が、露天風呂も沢山のお湯が出ていますがお湯は内風呂と変わらず。正面には、円形風呂、右には洞窟風風呂が見えます。

2012_10060186
こちらがその洞窟風風呂ですが、歴史のある温泉場を思わせないところがいいのかもしれません。結局、それほど特徴のないやわらかいお湯といいたところでしょうか。

今回の男湯は<静>の湯ということで、週替わりで男女入替えとなっているそうです。
次回は、もう一方の<動>の湯にも入ってもいいかなと、その時は思ったのですが・・・

2012_10060206

・・・しかし、この後、落ちがありまして・・・
帰って、いろいろ調べてみると、
鷺温泉館の隣に、姉妹館「療養湯」というのがありまして、源泉は同じなのに、掛け流しで泡付もあるとのこと(石鹸・シャンプーは使えない)!
・・・ってことで、完全に入るところを間違えてしまった、残念な一日でした。
必ずリベンジしたいと思います。

★温泉データー★ 分析年月日:2005.9.7

泉  質 : ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

泉  温 : 39.9~40.5

PH 値 : 8.4

湧出 量 : 370 L/分(動力)

ラドンRn: 1.2×10-10Ci/kg

成分総計 : 1732 ㎎/kg

使用状況 : 循環(加温有・塩素消毒有)

場  所 : 岡山県美作市湯郷595-1

電  話 : 0868-72-0279 

日帰料金 : 600円

日帰時間 : 8:00-22:00

備  考 : ドライヤー有・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2012年10月

〔4湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月16日 (火)

【豊富温泉〔ホテル豊富〕(北海道・豊富町)】~かけ流しの湯~ &ぼうだら

■散歩道、今日の写真!  北海道・稚内にて■

0070

 < 稚内産「棒鱈(ぼうだら)」 >
やっと涼しくなったところですが、おせち料理ネタを!
京都では、これを1週間ほど水に浸してやわらかく炊いたものが、
おせちの一品となります。京野菜の海老芋の炊いたんとセットで「いのぼう」といいます。
京の正月にはなくてはならないもの。 日本酒にはとっても合いますよ~
生産地は、稚内や礼文島。10㌔の鱈が強い季節風に3ヶ月さらされ1㌔の棒鱈になる(昆布ではございません!!)、手間暇かかった一品。天日の力恐るべしです!
この地域で作られた棒鱈が、江戸の頃から北前船で京都まで届けられていたようです。

--------------------------------------------------------------------

【豊富温泉〔ホテル豊富〕(北海道・豊富町)】宿泊
入湯日:2003年11月

日本最北端の温泉郷である豊富温泉、稚内の南に位置します。
しかし、こちらは数件ある温泉郷から離れて、1軒宿のように佇んでいます。源泉も自家源泉だそうです。
なので、原野の一軒宿といった落ち着きのあるリゾートホテルのようでした!
仕事での訪問だったわけですが、不思議なもので約1ヶ月前にもこちらの温泉郷を訪れており、強烈な公共施設に入湯しておりますが、それに関しては近いうちに綴らせていただきましょう!

部屋や食事はほぼ忘れてしまっていますが、リゾート感はたっぷりだったように思えます。
温泉は、温泉街周辺ほどのインパクトはありませんが、充分特徴のあるものでした。
内風呂だけで露天はありませんが、屋根の上の方までガラス張りの半円形で開放感がとても気持ちいいです。
お湯は、黄色味がかった透明ですが、湯口やあちこちが赤褐色に変色していて、
油臭もしっかり漂い、しっかりした塩味。そして油膜もしっかり浮いていました。
アトピーにもいいということで最近では全国区になってきているようです。
北海道でも思い出深い温泉地となりました。

★温泉データー★

泉  質 : ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

泉  温 : 42.4

PH 値 : 8.7

湧出 量 : 59L/分(動力)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 11430 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(加温有)

場  所 : 北海道稚内市大黒2丁目13-11

電  話 : 0162-82-1055 

日帰料金 : 400円(宿泊9000円)

日帰時間 : 11:30-14:30(前日予約必要)

備  考 : ドライヤー有・貴重品ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2003年11月

〔30湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)4・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月15日 (月)

【天然温泉ふれあいの湯〔稚内グランドホテル〕(北海道・稚内市)】 &六色丼~

■散歩道、今日の写真!  北海道にて■

2010_1211p0004
 <マルトマ食堂「六色丼」 >
こちらは苫小牧の食堂での六色丼ですが、北海道各地でこのような海鮮丼がお手頃価格で食せます♪
まぐろ・甘海老・雲丹・秋刀魚・イクラ・北寄貝の六色!で1,000円のサービスランチ。

--------------------------------------------------------------------
【天然温泉ふれあいの湯〔稚内グランドホテル〕(北海道・稚内市)】宿泊
入湯日:2003年12月

日本最北端の街、稚内の街中にある温泉の湧くホテルへやってきました。
JR南稚内駅から徒歩2分と列車で行くにはとても便利な温泉です。
札幌からも路線バスが出ておりますが、約5時間かかるということで北海道の広さを体感するにはいいかもしれません。
こちらは、基本的には宿泊者専用の温泉となっていますが、予約をすれば食事つきでの立寄りも可能です。

旅の疲れを癒すため、チェックイン後早速、1階の温泉へ向かいます。
内湯が1つと水風呂が1つのシンプルなものですが、苦みのある塩味のお湯はなかなか気持ちいいです。
後で調べてみると、負の四拍子が揃っていたようですが、塩分が濃いための加水とのことで、温泉としてはなかなかインパクトのあるお湯でした。

このホテルのオーナーは元々北洋漁業の船主だったのが、旧ソ連の200海里政策によりやむなく廃業となり、ホテル業に転身したという、異色のお宿だそうです。

★温泉データー★

泉  質 : ナトリウム-塩化物強塩泉

泉  温 : 35.5

PH 値 : 6.9

湧出 量 : 110L/分(動力)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 24880 ㎎/kg

使用状況 : 循環(加温有・加水有・塩素投入))

場  所 : 北海道稚内市大黒2丁目13-11

電  話 : 0162-22-4114 

日帰料金 : 2100円(入浴・食事・休憩込め)・宿泊5500円

日帰時間 : 11:30-14:30(前日予約必要)

備  考 : ドライヤー有・貴重品ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2003年12月

〔1湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月10日 (水)

【伊香保温泉〔ホテル轟〕(群馬・渋川市)】 &佐野ラーメン

■散歩道、今日の写真!  埼玉にて■ (記事と関連ありません!)

St320752 St320751
 < 佐野ラーメン「たかの」 >
温トモさんのブログに触発されて、なんだか再び食べたくなって登場となりました!
こちらは佐野ではなく、埼玉・南浦和ですが、当時近所ということもあり何度となく通ったお店です。
こってりが主流の京都では、まず食べられないあっさりスープの塩味が忘れられません!!

--------------------------------------------------------------------
【伊香保温泉〔ホテル轟〕(群馬・渋川市)】宿泊
入湯日:2004年2月

群馬は関越道渋川伊香保ICから車で30分強の伊香保温泉郷へ宿泊しました。
今回は仕事がらみの送別会で得意先を交えた宴会プランですので、温泉を楽しむ趣旨とはちょっと違います。

大型旅館で、宴会にはピッタリの施設ですが、伊香保石段を降りて直ぐという立地条件ですので、外に出れば即、温泉情緒を楽しめます。
温泉は、白銀の湯のみで黄金の湯がないのは残念すが、8F展望露天風呂からの眺望はよく、赤城山やその周辺を見下ろすことができます。
これとは別に1Fにも大浴場がありゆったり温泉を楽しめますが、加温・加水・循環・塩素消毒の負の四拍子が揃っているのは、大型ホテルなので仕方がないのかもです。

その後、民事再生法の適用を申請したようですが現在も営業は続けているようですのでこれからも頑張ってほしいです。

★温泉データー★

泉  質 : 単純温泉(白銀の湯)

泉  温 : 未確認

PH 値 : 未確認

湧出 量 : 未確認

ラドンRn: 未確認

成分総計 : 未確認

使用状況 : 循環(加温・加水有・塩素投入)

場  所 : 渋川市伊香保町伊香保106

電  話 : 0279-72-2222 

日帰料金 : 日帰り不可(宿泊15,000)

日帰時間 : -- 

備  考 : ドライヤー有・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2004年2月

〔7湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★2★
温泉満足3・清潔満足度2・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度1

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月 8日 (月)

【平城宮温泉〔かんぽの宿奈良〕(奈良市)】 &いにしえの平城京

■散歩道、今日の写真!  奈良にて■ (記事と関連ありません!)

Img_08221
 < 平城宮跡 >
数年前遷都1300年のメイン会場となった平城宮跡ですが、文化庁のこんな看板が立っています。
ホントにゴルフをする人がいるんでしょうかねえ??

--------------------------------------------------------------------
【平城宮温泉〔かんぽの宿奈良〕(奈良・奈良市)】立寄り
入湯日:2012年10月

2012_10060089_3 2012_10060090_2
奈良はJR奈良駅から車で15分程、平城宮跡の西隣りにあるかんぽの宿に立ち寄りました。看板に四拍子揃っていることが開示されていますがチャレンジしてみます(笑)

2012_10060105
さっそく入ってみると、内湯には緑に濁ったお湯で満たされています。窓が大きく開放感もあります。

2012_10060114
外には岩で組まれた露天風呂があり、湯口は黒く変色していました。

2012_10060108
信楽焼の樽風呂も1つありました。なんだか最近、信楽焼をよく目にするのですがブームなのでしょうか?

2012_10060109
露天風呂は、すごい量がオーバーフローしていて床の岩も変色していますが、分析書には「加水した水道水と、源泉を半々混合して利用している」と記しています。
加水してでも多くの量を流したいようですが、循環もしているので、衛生さに敏感すぎるのではないかと思ってしまいます。
お湯は、鉱物臭のある塩味ですが、ほとんどクセのないやわらかいものでスベスベ感もあります。みなさんとても長湯でのんびりされていました。
当初の予想に反して、なかなかいい温泉で、奈良観光の基地にもなりそうです。

★温泉データー★ 分析年月日:2004.11.2

泉  質 : ナトリウム-塩化物泉

泉  温 : 38.5

PH 値 : 7.5

湧出 量 : 測定不能 L/分(動力)

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 3228 ㎎/kg (メタケイ酸125.6mg)

使用状況 : 循環(加温・加水有・塩素消毒有)

場  所 : 奈良県奈良市二条町3-9-1

電  話 : 0742-33-2351 

日帰料金 : 600円

日帰時間 : 11:00-16:00 、18:00-20:00

備  考 : ドライヤー有・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有

入湯月日 : 2012年10月

〔2湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

2012年10月 7日 (日)

【登別温泉〔ホテルまほろば〕(北海道・登別市)】 &赤鬼・青鬼

■散歩道、今日の写真!  北海道にて■

Dscf0032_2 Dscf0034
 < 登別の「赤鬼・青鬼」 >
登別温泉街には、赤鬼・青鬼とたくさん登場します。
地獄谷なんかもあるので、鬼で町興しといったところでしょうか!
鬼火祭りもやっているようなので、次回はその時に行ってみたいです♪

--------------------------------------------------------------------
【登別温泉〔ホテルまほろば〕(北海道・登別市)】宿泊
入湯日:2004年3月

北海道三大温泉に数えられる登別温泉に訪れました。千歳空港から車で1時間弱とアクセスもいいです。
こちらは、札幌引越し初日の宿泊先でした。荷物が届くのに中1日かかるので、新居で寝ることができません!

以前紹介の「湯の川温泉〔平成館海洋亭〕」と同経営で湯使いの上手な大型ホテルです。
4つの源泉をもっており、内湯も、露天もたくさんありましが・・・
記念すべき温泉なのに、荷造りの疲れからか、ほとんど覚えていません。
唯一、硫黄臭がきつく、心地よかったことは、頭にしっかり残ってます。
いつか、もう一度リベンジしたい温泉です。

★温泉データー★ ①ミョウバン泉 ②硫黄泉 ③鉄鉱泉 ④食塩泉

泉  質 : ①酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩-塩化物泉
   ②含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
   ③酸性・含鉄-ナトリウム-塩化物泉
       ④ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

 
泉  温 : 未確認

PH 値 : 未確認

湧出 量 : 未確認

ラドンRn: 未確認

成分総計 : 未確認

使用状況 : 掛け流し(加水・塩素投入)※循環併用風呂もあり

場  所 : 北海道登別市登別温泉町65   

電  話 : 0143-84-2211 

日帰料金 : 立寄り不可(宿泊のみ)

日帰時間 : -- 

備  考 : ドライヤー有・鍵付ロッカー有・シャンプーソープ有。

入湯月日 : 2004年3月

〔31湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ度(宿泊時のみ)3・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense