フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 【城ヶ倉温泉〔ホテル城ヶ倉〕(青森・青森市)】  &宇治金時 | トップページ | 【濁川温泉〔新栄館〕(北海道・森町)】~源泉かけ流しの湯~  &函館・夜景 »

2012年8月16日 (木)

【湯布院温泉〔下ん湯〕(大分・湯布院町)】~源泉掛け流し~  &長生堂の上生菓子

■散歩道、今日の写真!  京都にて■ (記事と関連ありません!)
Img_49191
< 長生堂の『涼泉』 >
上生菓子にしては珍しくキューイが中に入ってます。寒天と相性がいいかも
さっぱりした夏の和菓子です  清涼感たっぷり。
今日は「大文字の送り火」、もうそろそろ涼しくなってくるのかなぁ・・・

--------------------------------------------------------------------

【湯布院温泉〔下ん湯〕(大分・湯布院町)】立寄り
入湯日:2012年7月

Img_44371_2
初の本格的な湯巡り3湯目は、湯布院の混浴共同浴場へ行ってきました。別府からは車で40分程と思いのほか早く着きましたが、前日の集中豪雨で目的の「下ん湯」の奥の道路は土砂崩れで通行止めになっていました。
後で知ったことですが、この大雨で犠牲になられた方も多く心よりお見舞い申し上げます。

Img_44391
ここは、温泉が湧き出ている湖「金鱗湖」の北の湖畔にあり、茅葺の湯小屋が雰囲気を醸し出しています。左手の屋根のあるところは地元の方が洗濯する場所のようです。

Img_44351
さっそく、入口の賽銭箱のような筒に200円を入れ、中に入ると、すぐ内風呂の湯船となります。入口の仕切の奥2メートル弱先に湯船が迎えてくれます。
その両脇に脱衣棚があり、脱衣場がないので女性はハードルが高そうですね。画像ではスノコが立てかけていますが、これは昨夜の雨で土砂が入ったそうで掃除をした直ぐ後だったからのようです。

2012_07120149
内湯の奥にあるのが半露天風呂で、奥の方に行くと左手の金鱗湖越しに観光客と目が合いそうになります(笑)
お湯は無色透明でしっとりした感覚のやわらかいもので掛け流しです。内湯はけっこう熱く、露天の方がゆっくりできます。

2012_071201521
お湯の排出口からは大量のお湯が流れており、そのまま金鱗湖へとそそがれます。

ここでご一緒したおじさんとの温泉話が盛り上がり小一時間ほどゆっくりさせてもらいました。
このおじさん、近くの旅館で料理人をしているそうで、以前は大阪北新地で働いていたそうだが不景気で温泉地に流れてきたらしい。湯布院で働くと共同浴場の入浴券をもらえるので休みは温泉三昧の生活をしているとこで、うらやましい限りでした。

Img_44411
下ん湯の向かいには、ジモセンがあり、おばあちゃんの笑い声が聞こえてきました。
有名温泉地とは思えない癒しのスペースにちょこっとだけ溶け込むことができました

★温泉データー★

泉  質 : 単純温泉(源泉名:岳本共同温泉)

泉  温 : 63.1

PH 値 : 8.1

湧出 量 : 200 L/分(動力)

ラドンRn: 2.0×10-10Ci/kg

成分総計 : 788 ㎎/kg(メタケイ酸194.0)

使用状況 : 掛け流し(加水有り)

場  所 : 大分県大分郡由布院町川上1585 

電  話 : 無し 

日帰料金 : 200円

日帰時間 : 9:00-23:00 

備  考 : ドライヤー無し・シャンプーソープ無・混浴

入湯月日 : 2012年7月

〔5湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

        人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

« 【城ヶ倉温泉〔ホテル城ヶ倉〕(青森・青森市)】  &宇治金時 | トップページ | 【濁川温泉〔新栄館〕(北海道・森町)】~源泉かけ流しの湯~  &函館・夜景 »

大分で、はいった温泉」カテゴリの記事

和菓子・スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

うちの旦那は小学校の時、遠足で金鱗湖へ行って泳いだとか言ってましたよ~
当時は高級旅館など無く、(別府が繁盛してた頃)民宿みたいな宿が少しあっただけとか・・・

旅館の料理人の方は大阪にいるよりこっちに来て良かったみたいですね~
ホント羨ましいです
温泉地のそばで暮したいデス

じゅうべいさん。。。
湯布院は今じゃ観光スポット化されていまよね。
鄙びた感も残っているから人気なのかもしれません。
でも一部の外国の観光の人々が狭い道でもわがもの顔で歩くから、
車の運転が困ると地元の人は嘆いているようですよ(おじさん談)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【城ヶ倉温泉〔ホテル城ヶ倉〕(青森・青森市)】  &宇治金時 | トップページ | 【濁川温泉〔新栄館〕(北海道・森町)】~源泉かけ流しの湯~  &函館・夜景 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense