フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 【生谷温泉〔伊沢の里〕(兵庫・山崎町)】 &庭の奥行 | トップページ | 【金田一温泉[仙養館](岩手・二戸市)】 &市松模様の庭園 »

2012年6月 3日 (日)

【新登別温泉[旅館四季](北海道・登別市)】~源泉掛け流しの湯~ &他とは違う、たぬきうどん

■散歩道、今日の写真!  京都にて■ (※記事とは関連ありません)

St321857 St321858
「京のたぬきうどん」

京都のたぬきうどんは、関東のたぬきうどんや、大阪のたぬきとは全く違い、京都独特のもんです。
あんかけのお出汁に九条ネギとお揚げさんが入ってます。その上に生姜のおろしたのをのせていただく。凄く温まるので、おもに京の冬の底冷えに適したうどんですが、今日のような涼しい日は温好きならまだ食べられますsign02
写真は、京の老舗「大黒屋」さん。創業は大正年間だとか。

-----------------------------------------------------------------------

【新登別温泉[旅館 四季](北海道・登別市)】宿泊
直近入湯日:2004年12月


北海道は道央道・登別東ICより車で10分強の温泉分譲地にある温泉旅館です。有名な登別温泉の少し奥ですが、とても静かなところで、その奥にはカルルス温泉があります。訪れてから月日がたっているので記憶が曖昧なところもありますが、とても居心地のいい宿でした。

温泉は登別の地獄谷のほうからの引き湯ですが高温です。
100%掛け流しのお湯は、真冬だったので快適でしたが、夏は熱いかもです。白い湯の華が舞っている乳白色のお湯は、強い硫黄臭を放ち、酸味も強いのですが、肌滑らかにする温泉とパンフに記載ているだけに、全身ツルスベのいいお湯でした。メタケイ酸も、今、資料を見ると3ケタです!

Pict02751_2 
野鳥の餌付けをしているので、頻繁に野鳥を見ることができました。
(野鳥はどこでしょう?)

Pict02721
当時は温泉の写真を撮ってないのでこんな写真しかありません・・・
(野鳥はどこでしょう?)

Dscf0145
そして夕食写真。御主人は大阪で料理人をされていたらしく、口に合うものでしたが、ほとんど覚えていません。今気付いたのですが、箸紙に「山紅葉」とありますねえ。近くの旅館で既に廃業しているので譲り受けたのかもしれません??

★温泉データー★

泉  質 : 単純硫黄温泉 硫化水素型(源泉名:奥の湯)

泉  温 : 52.5(1.7㌔先の源泉元80.5℃からの引き湯)

PH 値 : 4.9

湧出 量 : 1500 L/分

ラドンRn: --×10-10Ci/kg

成分総計 : 558 ㎎

使用状況 : かけ流し(湯ハリ時加水)

場  所 : 北海道登別市上登別町42-28

電  話 : 0143-84-3045 

日帰料金 : 500円(宿泊10500円)

利用時間 : 8:00-22:00 

備  考 : 野鳥の来る宿 シャンプーソープ有。

入湯月日 : 2003年9月(初)・2004年12月

〔13.19湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度5

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします 

     soon   人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
          にほんブログ村

« 【生谷温泉〔伊沢の里〕(兵庫・山崎町)】 &庭の奥行 | トップページ | 【金田一温泉[仙養館](岩手・二戸市)】 &市松模様の庭園 »

そば・うどん」カテゴリの記事

北海道(道央)で、はいった温泉」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun

登別カルルス、行きたいですよ~paper
登別の地獄谷からの引き湯なんでしたねspa

登別は、第一滝本館に宿泊しましたが、スゴイ広さの湯殿に温泉が掛け流されてましたscissors
こちらの酸性硫黄泉は、家の方の那須湯本等と違う匂いで、独特の匂いだった事が印象的ですsign01
どちらが独特なのかはわからないですがねhappy01

のんさん。。。 こんばんは~。。

第一滝本館は、ザ・登別ですよね!
あのお湯の種類には圧巻です!!
でも、行ったのは、随分前だったので、
記事に登場するかは神のみぞ知るです(謎)

那須湯本温泉は行ったことがないですが、
違う匂いとは! ・・・気になりますね。
是非とも、いつか行ってみたいです♪

登別は欲張って入り過ぎて、初めてひっくり返ったとこですcoldsweats01
立ち寄りだったので何処のホテルだったか記憶がありませんが、内湯だけで5種類の泉質があった事だけは記憶してますspa
もう一度やりなおしたいですぅぅぅぅぅぅぅ~happy02

じゅうべいさん。。。 こんばんは~

登別温泉は11の泉質がある、温泉の宝庫だそうです。
ノボリベツはアイヌ語で「白くにごった川」という意味だそうですから、
きっと、パワーのあるお湯なのでしょうね。

5種類の泉質だと第一滝本館かもしれませんねsign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572292/54868935

この記事へのトラックバック一覧です: 【新登別温泉[旅館四季](北海道・登別市)】~源泉掛け流しの湯~ &他とは違う、たぬきうどん:

« 【生谷温泉〔伊沢の里〕(兵庫・山崎町)】 &庭の奥行 | トップページ | 【金田一温泉[仙養館](岩手・二戸市)】 &市松模様の庭園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense