フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 【温根湯温泉〔大江本家〕(北海道・留辺蘂町)】~源泉掛け流しの湯~ | トップページ | 【美唄温泉〔VIVA美唄ゆ~りん館〕(北海道・美唄市)】 »

2011年12月 2日 (金)

【小藪温泉(愛媛・大洲市)】

【小藪温泉(愛媛・大洲市)】宿泊
入湯日:2011年11月

2011_11250072
愛媛は、松山道五十崎ICより車で20分強かかる、山間の一軒宿です。
松山市内からは1時間半弱で行けます。

2011_11250070_2
お宿の一番の売りは、有形登録文化財に指定されている、
大正時代のできた木造三階建ての本館の建築物です。
これじゃあ、分かりつらいので・・・

 

2011_11250067 2011_11250069
これでも、分かりづらいですが、
欄干付きの回り廊下が巡らせてある三層構造は
今ではなかなかお目にかかれないものです。

 

2011_11250061
部屋の中。
実は、本館は日帰り入浴のお休み処として使われており、
手を加えないとお客を泊めることはできないとのこと。

   
  
   

2011_112500651
障子と呼べばいいんでしょうか? とても凝った装飾で風流です!

 

2011_112500621
湯上りにはぴったりの部屋かもしれませんね。
ながめも、なかなかのもの。

 

  
   

2011_11250029
こちらが宿泊した新館の部屋。
引き戸を多用していて、気に入りました!

  
   

2011_11250037
こちらトイレ。
さて、上から何番目の燦を左右に動かせば開くでしょうか?

   
   
  
  

2011_11250052
そして内風呂の檜風呂。
湯気がすごくてうまく撮れませんね。
覗いたわけではないのですが、女湯は岩風呂とのこと。

 

2011_11250050
成分の半分弱を占める炭酸水素イオンのせいかは不明ですが、
カラン全開の下だと泡付きもします。

お湯は、内風呂のみで、循環加熱となっており、
無色透明で無味無臭のやわらかいお湯です。
高いPH値を体感できないのが残念でした・・・
だが、出た後のスベスベ感は格段に良かったです!

 

2011_11250055
こちら朝食!

今回は真の日本旅館に泊まれたことがよかったです!

  
  
  

2011_11250057

 

★温泉データー★

      泉質 : 単純泉

      泉温 : 16.80

      PH値 : 9.52

 湧出量(L/分): 不明

成分総計(mg): 346

源泉利用状況 : 循環(加温)

       場所 : 愛媛県大洲市肱川町小藪  

       TEL  : 0893-34-2007

     日帰り料金 : 500円 (宿泊:6,000円朝食のみ)

日帰入浴時間 : 10:00-19:00(月1回不定休) 

            備考 : ドライヤー無料・シャンプー・ソープあり

         入湯日 : 2011年11月

〔24湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価★3★
温泉満足3・清潔満足度4・再訪したい度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)3。

!参考になれば、ポッチっとお願いします!        人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

« 【温根湯温泉〔大江本家〕(北海道・留辺蘂町)】~源泉掛け流しの湯~ | トップページ | 【美唄温泉〔VIVA美唄ゆ~りん館〕(北海道・美唄市)】 »

愛媛で、はいった温泉」カテゴリの記事

コメント

泡が付くって事はカランからは源泉が出てるんですか

PH9.52もあれば強アルカリ泉・・・循環が悔しいです

でも、いかにも日本の旅館って感じで素晴らしいですね
本館に泊ってみたいです~無理だけど・・・・・
会津の「向滝」を思い出しました

トイレの扉の燦は上から6番目?
丁度、電気のスイッチと同じ高さのとこ?

湯次さん、こんばんは
う~ん上から7番目かな?(笑)
これって一見引き戸にも見えるけれど開き戸なのですね。
開け方難しい~まるで忍者屋敷のよう(笑)
造りの立派な老舗旅館のようですね
有形登録文化財とは見るだけでも価値ありますね。
温泉もアルカリ泉で泡付きだなんてお得ですね~

じゅうべいさん。。。 おこんばんは~

ぶー!ぶー!
正解は7段目でした、スイッチより、チョイ下でした~!
アルカリ泉の特徴が全く出ていないのは、とても残念です
本館には泊まってみたいですよね!
でも、泊めるための手直しがとんでもなく掛かるそうで難しいようです。

さくらさん。。。 おこんばんは~

7段目、大正解です!!
トイレを開けられず、数分間入口に佇んでました
昔の日本家屋はすごく手を掛けてますよね!
こういう旅館はいつまでも保存してほしいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【小藪温泉(愛媛・大洲市)】:

« 【温根湯温泉〔大江本家〕(北海道・留辺蘂町)】~源泉掛け流しの湯~ | トップページ | 【美唄温泉〔VIVA美唄ゆ~りん館〕(北海道・美唄市)】 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense