フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

【花山温泉〔薬師の湯〕(和歌山・和歌山市)】~源泉掛け流しの湯~

2011年入湯日数 ■年間累計:32日(初入湯30湯) ■8月度:16日(初入湯16湯)


【花山温泉〔薬師の湯〕(和歌山・和歌山市)】立寄り
入湯日:2011年8月
和歌山初上陸は、すごい温泉でした・・・
2011_081911080038
和歌山市の東部に位置し、阪和自動車道和歌山ICから車で5分。
JR和歌山駅からも徒歩30分?とのことです。
営業時間も8:00からなので、頑張れば仕事前の一っ風呂も可能かもhappy01
 
 
2011_081911080024
炭酸濃度がとんでもなく高い高濃度温泉なので、
「あがり湯に入って、良く洗っておあがり下さい」と表記されてます。
そんな温泉の湯船を見てみましょう!
 
 
2011_081911080025
まずは源泉風呂。100%源泉掛け流しで26度のお湯は、炭酸濃度1100ppm。
 
 
 
2011_081911080023  2011_081911080026
源泉風呂湯口 と オーバーフロー部周りのみごとな堆積物。
 
 
 
2011_081911080029
こちら大浴槽の温泉がボゴボゴと不定期に湧き出ているところ。
大浴槽は。加温41.5度で炭酸濃度500ppm。
 
 
 
2011_081911080028
こちらが、大浴槽の上にある「ぬる湯」。
加温38度で炭酸濃度1000ppm。
その他に、露天風呂・上り湯・サウナがあります。
お湯は、茶褐色でかなりの濁りがあり、金気臭がすごいです!
お味は、エグ味がすごいのと、多少は炭酸泉であるのが分かります。
出た後のスベスベ度は凄かったが、硫黄臭がなかなか取れず、
温泉に浸かったのがバレバレですねcoldsweats01
源泉風呂と大浴槽の交互浴がお勧めとのことで、三度ほど往復しました。
 
源泉100%のお湯を毎日換水しており、新鮮度もさらにUPです。 
 
 
2011_081911080021  2011_081911080035
入口を出たところには、 源泉の飲場も用意されています。
 
 
2011_081911080031
2011_081911080022
 
 
泉質  : 含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
 
泉温  : 24.5
 
ph値   : 6.4
 
湧出量(L/分) :  118(自噴)
 
成分総計(mg) :  18,185   
 
場所  : 和歌山市鳴神574
    
料金  : 立ち寄り(1000円) 
 
入浴時間: 8:00-16:30
 
備考  : 天然炭酸泉 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[17湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度3・家族利用満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)- 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

2011年8月28日 (日)

【北湯沢温泉〔湯元 名水亭〕(北海道・伊達市)】

【北湯沢温泉〔湯元 名水亭〕(北海道・伊達市)】宿泊
入湯日:2011年8月

2011_080620110411
北海道の旅、最終宿泊先は、新千歳空港から車で1時間強の北湯沢温泉郷。
巨大ホテルでの宿泊です!

札幌のTVで、子供宿泊料金が破格○○〇円のCMがバンバン流れていて有名。
 

2011_080620110469
ホテルの眼前を流れるオサル川の 金色に輝く「白絹の床」。
川遊びをしている親子をよく見かけます。
ホテルとの間には足湯もあります。
 

それでは、温泉に参りましょ~ぅ!!
 

2011_080620110443 2011_080620110456
先ずは、内風呂。さすが巨大ホテルだけに立派な大浴場です。
 

2011_080620110447
大露天風呂は、広大なもので、温泉源から見下ろしたところ。
段々と下がっていった各湯船からも源泉が注がれています。
 

2011_080620110457
大露天風呂の一番上の段の湯船の先の三角の塔のようなものが。

2011_080620110448_2 2011_080620110460
温泉源「野口観光1号井」です。熱いお湯が注がれています。

これだけ広大な露天は、北海道ではあまり見られないので、貴重かも。
お湯は、無色透明で、無味無臭。ヌメリもほとんど感じられませんでした。

他には、室内温水プールもありますが、遊ぶなら第二名水亭の温泉ピーチへ
行くべきでしょう!
 
 

2011_080620110440
最後に、野口観光グループの温泉比較です。
昨日、第二名水亭・ホロホロ山荘を湯巡りしたので、
名水亭は、朝風呂として入湯することにしましたが、
個人的には、温泉を求めるならホロホロ→名水→第二名水でしょうか。

今、気づいたのですが、名水亭の泉質が硫酸塩塩化物泉になっていますねsign02

 

食事は、朝夕ともにバイキングですので、割愛しますが、
味はともかく蟹の食べ放題の唯一の宿でした。
  

今回の北海道の旅は、最終記事となりますが、
同行者の意見も取り入れたため、ワイルド系で攻められなかったのが
心残りですが、北海道の温泉を満喫することができました!
 

2011_080620110462

泉質  : 単純温泉

泉温  : 66.9   

ph値   : 805
 
湧出量(L/分) : 1,100 
 
成分総計(mg) :  818   
 
場所  : 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-2
    
料金  : 宿泊(4名で33,600円) 
 
入浴時間: 15:00-10:00
  
備考  : グループの三つのホテルの湯巡りができる。大露天風呂あり 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[5湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★3★
温泉満足3・清潔満足度4・家族利用満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ(宿泊時のみ)2。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

2011年8月27日 (土)

【北湯沢温泉〔湯元第二名水亭〕(北海道・伊達市)】

【北湯沢温泉〔湯元第二名水亭〕(北海道・伊達市)】立ち寄り
入湯日:2011年8月

こちらは北湯沢温泉の中でもプールを売りにしているリゾートホテルです。
野口観光グループ宿泊のお子様たちがゾクゾクとシャトルバスでやってきますhappy01

同行者達が温泉ビーチ(プール)で遊び終える時間まで立ち寄りました。

2011_080620110435 2011_080620110436
大浴場と露天風呂。夕暮れ時で分かりにくいですが、
よく見かける巨大温泉ホテルのお風呂といったかんじでしょうか。
加水をした掛け流しとのことですが循環してます。
お湯は無色透明で若干ヌメリあり。

2011_080620110437
露天風呂の壁越しに覗いた「温泉ビーチ」
なんだか女風呂を覗いている気分ですcoldsweats02
左端に見える三角錐のようなものが、第二名水亭の湧出地のようです。

2011_080620110430 2011_080620110431

泉質  : 単純温泉(北湯沢温泉2号泉)

泉温  : 57.8   

ph値   : 8.3
 
湧出量(L/分) : 不明 
 
成分総計(mg) :  773   
 
場所  : 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7
    
料金  : 立ち寄り(名水亭宿泊で無料) 
 
入浴時間: 15:00-深夜?
 
備考  : 温泉ビーチ(プール)あり 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[4湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★2★
温泉満足2・清潔満足度3・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)-。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

2011年8月26日 (金)

【北湯沢温泉〔ホロホロ山荘〕(北海道・伊達市)】~源泉掛け流し~

【北湯沢温泉〔ホロホロ山荘〕(北海道・伊達市)】立ち寄り
入湯日:2011年8月


 
北海道の旅も佳境に入り、最終宿泊地の北湯沢温泉へ。
札幌から車で2時間弱、少し南下すれば洞爺湖という位置。

こちらは野口観光グループの本拠地ですね。
宿泊先の記事は後出となりますが、グループ3館間のシャトルバスが、
15分毎に出ているので、同行者が温泉ビーチ(プール)で遊んでいる時間を利用して、
当日は湯巡りをすることに。

2011_080620110413_3
まずは、最近浴場を改装した、「ホロホロ山荘」。
山小屋のような作りでが、お風呂は違ったイメージですよ。
3館の中でも、いちばんの温泉重視。
男女合わせて19の浴槽があるとのこと。

2011_080620110415  2011_080620110416
大浴場までの廊下は間接照明を駆使、オシャレ!
 

2011_080620110423
メインの湯船に浸かりながら!
 

2011_080620110417  2011_080620110418

2011_080620110420  2011_080620110419
多彩な浴槽は、どれもシックでモダン。
 

2011_080620110428
加水の掛け流しのようですね。
無色透明のお湯はメタケイ酸が多く含まれているからか、
出た後、お肌がすべすべでした。

2011_080620110427 2011_080620110426


泉質  : 単純温泉(北湯沢温泉2号泉)

泉温  : 83.3   

ph値   : 8.4
 
湧出量(L/分) : 不明 
 
成分総計(mg) :  806   
 
場所  : 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町34
    
料金  : 立ち寄り(名水亭宿泊で無料) 
 
入浴時間: 15:00-深夜?
 
備考  : 最近、大浴場が改装されたので、 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[4湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足3・清潔満足度4・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)-。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011年8月21日 (日)

【糠平温泉〔中村屋〕(北海道・上士幌町)】~源泉掛け流しの湯~

【糠平温泉〔中村屋〕(北海道・上士幌町)】宿泊
入湯日:2011年8月

2011_080620110311
北海道の旅、4泊目は帯広市街から車で1時間半弱北上した、
糠平湖近くにある温泉郷です。
大正時代に発見された、ぬかびら温泉郷は、9軒の旅館があり
温泉郷として、源泉掛け流し宣言をし、「ぬかびら源泉郷」を名乗られています。
宿泊者は他の6軒の宿に外湯巡りができます!

基本的に1日に違うところには2湯以上入らないのと、かなり疲れていたので、
他の宿には行きませんでした(後悔・・・)

中村屋さんは、建物はとても古いのですが、
それを逆手にとって、ノスタルジックに浸れる宿を維持されています。
こころのこもった宿であることが随所で見受けられ、
とても居心地のいいスペースを提供してくれています。

2011_080620110312  2011_080620110313
中村屋玄関(暖簾は季節で変わる)と温泉犬「ミミ」

2011_080620110346_2  2011_080620110348
古い建物ですが、清掃も行届いており、気持ちがいい。

温泉は、趣向の違った内風呂2つ(男女入れ替え)と
露天風呂(混浴・女性専用時間有)があり、源泉も違います。


Img_2720_2
まずは温泉の外観happy01
 

2011_080620110365
露天風呂「星の里」天気がよければ満天の星空が出迎えてくれます。


2011_080620110356
木の香りのする内風呂。けっこう熱い!カランの水も温泉水です。

2011_080620110353  2011_080620110359
 変色した湯口と    ぬるめる時に使うホース



2011_080620110381
こちらが、30年代にタイル職人によって造られた内風呂。
 
2011_080620110376
天井もタイルで覆われていますね。

2011_080620110388  2011_080620110394
変色した排出口(左)とそれが引かれているであろう小さな湯船(右端)

お湯は無色透明でやわらかいものでした。
 

 
お次は食事!
2011_080620110344  2011_080620110343
食前酒の自家製果樹酒を1つチョイスできます。 

2011_080620110329
夕食は、山の温泉らしいものです。

2011_080620110331  2011_080620110335
オショロコマの南蛮漬け。 エゾジカのたたき。

2011_080620110337
山菜の天ぷらは、カンゾウ・タンポポ・スイバ・エゾイラクサ
他は覚えられなかった・・・

後何品か出てきたが不明・・・

そして、早朝に部屋の前に、地元の瓶入り牛乳が配達されます。
これは今までに経験したことのないサービスでしたtaurus
 

2011_080620110400  2011_080620110401
こちらは朝食バイキング。やっぱりタラコをチョイス。
今回の旅では、4つ宿で朝食に大好きなタラコがあったが、
プチプチ感はこちらが最高でした。
朝にもかかわらず、
サッポロビール黒ラベルの小缶が置いていたのにも驚き!

その他設備。

Img_2722_2 Img_2724
宿泊者専用の屋根裏部屋「ひとりしずか」。
空いていれば使える部屋で、フロントで鍵をもらって閉じこもることができます。
レコードも置いていて、ひとり物思いに耽ることができますよ!

2011_080620110315  2011_080620110314
「エゾリスの穴」 虫よけ・薬・トランプ・将棋・アイロン・タオル等々
あったらいいな的なものが置いているお部屋。

最後に!

2011_080620110399_2
早朝に気球に乗ることができます。
温泉組合が主催しており、その他いろいろな催しも行われています。
観光旅館不況の中、町おこしならぬ、温泉郷おこしを一致団結してされている
ぬかびら源泉郷には、頑張ってもらいたいです。 

2011_080620110324

泉質  : 単純温泉(鉱泉地1号) / 
泉温  : 54.1   

ph値   : 7.3
  
湧出量(L/秒) : 35(自然湧出) 
 
成分総計(mg) :  1,113
   
場所  : 北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
   
料金  : 宿泊(9,600円) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
 
備考  : 上記は内風呂の温泉分析ですが、
       露天風呂は別の源泉(ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉)使用。 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[3湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度4・家族利用満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ(宿泊時のみ)4。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011年8月16日 (火)

【オーロラ温泉〔オーロラファームヴィレッジ〕(北海道・標茶町)】~源泉掛け流し100%の湯~

【オーロラ温泉〔オーロラファームヴィレッジ〕(北海道・標茶町)】宿泊
入湯日:2011年8月
 

Img_2626
北海道の旅、3泊目。
今回の旅はこのつるつるのモール泉に入るのが一番のお目当て。

 
2011_080620110239_2
道東は、釧路空港より車で1時間半弱の酪農が中心の町、
標茶町の中心街より10キロほど西へ。
敷地面積約30万坪の民間自然体験村。手作り感がいたるところで見受けられます。


Img_2513
公道沿いから、敷地内のダートー道を2キロ進む途中に展望台が。
晴天の中のサンセットが見たかった・・・

 

2011_080620110310
やっと、オーロラファームヴィレッジが見えてきました。
宿泊棟の中心の赤い屋根がメインハウス(管理棟)です。
期待の温泉棟はここから300メートル離れた自然の中にあります。
  
    
2011_080620110243
砂埃を上げて到着したメインハウスでは、温泉犬の茶々丸君がお出迎え!
食事はこちらで!

お利口な雑種ですが、当日はキャンプをしている人がいるので鎖に繋がれています。
なぜならば・・・知らないテントが張られるとマーキングしちゃうそうですhappy01

 
 
2011_080620110244_2  2011_080620110248_2
今回はバンガローにお泊り、ソファーやタンスもあり、
別荘のよう。オーナーが代わりTVを置くようになったとのこと。
当日も夜は15度を切り、ストーブは年中必需品です。 
 

2011_080620110246  2011_080620110245
飲み水は、敷地内から湧出する伏水を使用。
これが冷たくて甘味があり美味いです。
無くなれば、近くの給水棟に汲みに行きます 。
その隣に停まっていた四駆は、除雪車として活躍するとか。

冬のメインハウスまでの私道の除雪はさぞ大変だろうと聞くと、
早朝に、近所の酪農家の人々が大型トラクターで温泉に入りに
来てくれるので、その後をこの車で除雪するだけとのこと。
スケールが違いますねcoldsweats01

それでは、温泉に参りましょ~う♪   

2011_080620110294 2011_080620110303
  ↑建物正面       ↑誰もいないので後ろからcoldsweats01

宿泊棟から300メートル林を進めば半露天の混浴風呂が、まず目に入ります。
更衣室は別々ですね。

 
Img_2631
アワアワのモール泉が左下の湯口から対角線上の排出口まで
ドバドバと掛け流されているお湯での森林浴は、
何物にも代えがたい至極のひと時でした。
 
 
2011_080620110297_2
加水・加温無しの適温の源泉は、ph値が高くとてもヌルヌルしているので、
お魚をつかむのも大変でした~
 

Img_2534 Img_2535
そして混浴棟を少し進むと男女別温泉棟があります。
女湯入口には、しっかり「混浴禁止」の札がついてます。
撮影中に扉が開いたらどうしょうとドキドキでした。
余談ですが、軟弱なので温泉棟まで車で来てしましましたcoldsweats01

男女ともに、内湯と露天があります!

それでは、男湯へ進んで参ります♪

Img_2573_2
手作り感がある内湯は、2~3人が入れる大きさ。
こちらも湯船がアワアワのモール泉。
 
 
Img_2607  Img_2606
カラン横の止めることのできない蛇口からオレンジ色っぽいモール泉が
流れ続けています。そして湯船からの排出口の1つ 。
 

Img_2571_2
こちらも手作り感のある露天風呂が二つ。
左の第一露天風呂のお湯が排出口から右の第二露天風呂に注がれ、
その排出口から、とておきの湯船へと注がれていきます。
お湯の使い方もエコですねhappy01
  

Img_2554
第一露天風呂。源泉から注がれているのでアワアワです。
少し熱いがヌルスベ度がすごいです。
 
 
Img_2562
お次は第二露天風呂。第一露天風呂のお湯が注がれているので、
アワはありませんが、ぬるいので長湯が気持ちいいです。

管理人さんが、近くの酪農家さんから、搾った牛乳を貯めておくタンクを
もらってきて、作ったそうです。
このぬるめの露天風呂で、night天の川night を見ながらの湯あみが一番の贅沢だとか。
たしかに、この湯船に浸かれば、街灯はもちろんほとんどの光が遮断されます night

今までで、一番の満天の星空を拝むことができました。

そして、次はとっておきの湯船です!

2011_080620110285
第二露天風呂の排出口からこちらへ注がれています!
一般家庭の浴槽のようですが・・・・・実は・・・・・

Img_2537
ちょっと引っ張り過ぎましたがcoldsweats01
これは完全予約制の犬専用温泉dog

実は画像下の「完全予約制」の看板は、
管理人さんが、洒落でこの廃材を利用しただけのようですhappy01

最後に、各湯船の湯口の紹介します! どれも湯船にあった贅沢な湯使いです。

Img_2613_2
 ↑混浴風呂  
Img_2602
 ↑内風呂(湯口は湯の中)
Img_2608
 ↑第一露天風呂

食事は、朝夕共に、メインハウスでいただきます。

Img_2580
夜は囲炉裏料理です。
さすが北海道、厚岸あたりで取れた殻付きのカキや北寄貝、
ジンギスカン、地鶏、等々を炭火で焼いていただきます。
それとは別にイカ刺しやでっかいホッケを焼いたのが出てきて、あっという間に満腹状態。
画像はお腹も満腹になり、片付け終わったところ(写真撮るの忘れてました・・・)

2011_080620110305_2
朝食は秋さんまの塩焼きがメインです。
不覚にも納豆事態を言い忘れていましたhappy02
左隅に半分写る牛乳coldsweats01は、搾りたての牛乳。とても濃いお味taurus

昨夜温泉に入りに来られていた近所の酪農家さん(またまた登場)が
早朝に届けてくれたそうです。
   
都会では、忘れられた近所付き合いを垣間見てなんだかうれしくなりました。

Img_26751
こちらは、歩いて15分ほど登ったところにある、
360度見晴らしのいい小高い丘です。
電柱の廃材で作ったブランコがあるだけ。他に何~~にもありませんsuncloud
左の柱の上部に「阿寒〇〇」との町名表示が・・・



Img_2687  Photo
運が良ければ知床連峰も見えるとか。
ちょうど、野生のエゾジカがこちらを見てましたeye

今回は、自然に親しむということにとことん適した場所でした。
遮る光がない中での星座鑑賞、大自然の中でのカヌーや釣り、
ドップリ温泉に浸って森林浴等、
今度訪れるときは、長期滞在して自然を満喫したいものです。

※長ったらしい記事になりましたが、
最後までお付き合いありがとうございまいした。



Img_2550

泉質  : アルカリ性単純温泉(モール泉)

泉温  : 43.6   

ph値   : 9.4
 
湧出量(L/毎分) : 94(自噴、300Lの源泉からバブル調整のみで必要分使用) 
 
成分総計(mg) :  260
    
場所  : 北海道標茶町字栄219-1 
   
料金  : 宿泊(6950円2食付)+入村料500円 
 
入浴時間: 10:00-翌12:00
 
備考  : 民間の自然体験村なので、数日間泊まって北海道の自然に浸ることが可能。 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[2湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★5★
温泉満足5・清潔満足度4・家族利用満足度5・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ(宿泊時のみ)3。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2011年8月15日 (月)

【阿寒湖温泉〔あかん遊久の里 鶴雅〕(北海道・釧路市)】  (2012.7月追記)

【阿寒湖温泉〔あかん遊久の里 鶴雅〕(北海道・釧路市阿寒湖町)】 立ち寄り
入湯日:2011年8月

-----------------------------------------------------------
右に隣接していた「ホテルエメラルド」
を吸収する形で「鶴雅ウィングス西館」として2012年6月にリニューアルオープンしたようです。どのように変貌を遂げたのか、一度訪れて確かめたいです!
(2012.7追記)
------------------------------------------------------------



阿寒湖を本拠地に北海道内で閉鎖を余儀なくされる温泉旅館を、
高級路線で再生展開している鶴雅リゾート。


2011_080620110199
その本丸である、「あかん遊久の里 鶴雅」へ立ち寄りました。
前回登場の「花ゆう香」に宿泊すれば 、シャトルバスで湯巡りができます。もちろん無料。

2011_080620110178
某情報誌でも、読者の泊まりたい宿No.1に何度も選ばれているだけに、期待も膨らみます。

1階と8階に大浴場があり、男女入れ替えとなります。
どちらもスケールが大きく、本日は男性は「1階 和風大浴場と庭園露天風呂」だったので、「8階 展望大浴場と空中露天風呂」の入湯がかなわなかったのが残念です。

それでは、1階のご紹介♪・・・
2011_080620110188
広大な庭園露天風呂は阿寒湖に手が届きそうなくらい隣接してます。
画像から想像をできるでしょcoldsweats01

2011_080620110185
こちらは、巨大朴をくり抜いた丸太風呂。
他にも洞窟風呂などお風呂はとても充実してます。

2011_080620110193
内風呂から見る洗い場(これは分かるでしょうかhappy01

お湯の方は、湯船がたくさんあるからでしょうか、
源泉掛け流しとはいかないようです。
個人的には前出の「花ゆう香」のほうが良いように思います。

2011_080620110191  2011_080620110192
このような表現が高級旅館に箔をつけてくれます。

この度は、分かり辛い画像と記事で、良さがピンとこないと思いますが、
さまざまな部分で高級旅館にふさわしい心使いを感じさせる旅館でした。

2011_080620110194 2011_080620110179_2
↑新7号源泉        ↑正次7号源泉
携帯カメラの限界をお確かめ下さい(早く買い替えたい・・・)


泉質  : 単純温泉(新7号源泉/正次7号源泉)

泉温  : 37.5 / 60.3

ph値   : 7.2 / 7.0

湧出量 : 不明

成分総計(mg) :  677 / 917

場所  : 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-6-10

料金  : 立ち寄り(花ゆう香宿泊で無料)

入浴時間: 15:00-深夜?

備考  : 1Fと8F男女入れ替え制。 
  

入湯日 : 2011年8月


[1湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足3・清潔満足度4・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)-。
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

2011年8月14日 (日)

【阿寒湖温泉〔鶴雅リゾート花ゆう香〕(北海道・釧路市阿寒湖町)】~源泉掛流しの湯~

【阿寒湖温泉〔鶴雅リゾート花ゆう香〕(北海道・釧路市阿寒湖町)】 宿泊
入湯日:2011年8月

2011_080620110233
 
2011_080620110140_2  2011_080620110141
北海道の旅、2泊目は、
観光旅館再生のカリスマ、大西社長率いる鶴雅リゾートのホテルへ。
女性層をターゲットにした洗礼されたラグジュアリー感が売りの施設のようです。
入口正面のロビーからも阿寒湖が見渡せリゾートホテル感が演出されてますね。

鶴雅リゾートの本丸「あかん遊久の里 鶴雅」のお湯も楽しめます(こちらは後程)
 

2011_080620110150  2011_080620110230
おしゃれなバーや  ドレスを着て思い出のアルバムを作るサービスも!

 

2011_080620110147_2  2011_080620110146
部屋の窓からは阿寒湖の眺望が飛び込んできます。
 

2011_080620110235_2
ルームキーはアイヌ紋様の首掛けタイプをペアで用意。
首から下げた感じは、ビジュアル的になかなかですgood



それでは、温泉に参りましょ~う♪


2011_080620110154
入口のオブジェsign02は、洗礼されていますねhappy01
 

2011_080620110225
露天は無く内湯だけのシンプルなものですが、
床の源泉が掛け流されている部分が変色してます。
  ↑左がぬるく、       ↑右が熱い。
2011_080620110221  2011_080620110220

2011_080620110208_3  2011_080620110214
湯口周辺も、ドバドバ出ている源泉で赤褐色に変色してますね。
 
 

2011_080620110216
源泉掛け流しのお湯は、気持ちいいほどオーバーフローされてます。
無色透明で、若干の金気臭とエグ味があります。
湯触りは、キリっとした感じです。

阿寒湖温泉郷は、集中管理されていないのでホテルにより
源泉が違うお湯がたのしめますよ。

 

2011_080620110153
湯上がりにフルーツポンチが食せますsign02
なぜ、フルーツポンチか聞くのを忘れました。

 

・・・そして、食事は、朝夕ともに、ビュッフェスタイルのバイキング形式。

2011_080620110170

2011_080620110166  2011_080620110169_2 
・・・夕食前の風景・・・
 

2011_080620110231  2011_080620110234
・・・朝食前の風景・・・

バイキングの料理内容は現地で確認を・・・happy01



2011_080620110173
毎日、ロビーでプチコンサートが開かれます。
観客が少なくても、一生懸命! 

 

2011_080620110206_2   
 

泉質  : 単純温泉(新2号源泉)

泉温  : 58.7   

ph値   : 不明
 
湧出量 : 不明 
 
成分総計(mg) :  722
   
場所  : 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-6-1 
   
料金  : 宿泊(11700円) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
 
備考  : 女性に喜ばれるホテルという位置付けだが、老若男女楽しく過ごせます。 
  
入湯日 : 2011年8月
 
[1湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度4・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)4・
むふふ(宿泊時のみ)5。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

【阿寒湖温泉 〔ホテルエメラルド〕(北海道・釧路市阿寒町)】 ※休業中 ←その後(2012.7追記)

【阿寒湖温泉 〔ホテルエメラルド〕(北海道・釧路市阿寒町)】 宿泊
直近訪問日:2011年8月

-----------------------------------------------------------
左に隣接していた
「あかん遊久の里 鶴雅」に吸収される形で「鶴雅ウィングス東館」として2012年6月にオープンしたようです。鶴雅リゾートさんが手掛けるとどう変わるのか、一度訪れて確かめたいです!
(2012.7追記)
------------------------------------------------------------

前回の記事で述べるのを忘れてましたが、
十勝岳温泉を皮切りに5泊6日の北海道温泉の旅を満喫中、
2泊目の宿泊地、阿寒湖温泉にたどり着きました。

阿寒湖温泉は、初めてではなく、2回目。
そして、初めて泊まったのがこの「ホテルエメラルド」でした。
手元の資料ではいつ宿泊したのかも全く分からない状態ですので、
記憶と事実が違っていたときは、ご容赦願います~。



2011_080620110135_2
パックツアーでの宿泊温泉として泊まった宿だったのですが、
いわゆる巨大ホテルで、
ロビーの高い天井と部屋や露天から見える阿寒湖の眺望、
品数多いバイキングと万人受けする施設で、
当時は満足してました。←今では温泉に対する考えが随分変わりましたcoldsweats01

今回、その前を通りかかったら、なんともさびしい雰囲気です。

よくよくみると、入口にロープが張ってあり、
閉鎖しているではありませんか!

2011_080620110137_2
入口に何かの紙が貼ってあります。

内容は、東日本大震災および福島原発問題の影響で、
外国人観光客や道外観光客が減少し、営業を続けられないため、
今年の7月より1年間の一時休業をするとの内容でした。

なんともやるせない気持ちを胸に、今回の宿泊旅館へ向かいました。
特に東日本の宿泊施設経営書の方は、他人事ではないのでは無いでしょうか。

ところで、正直、エメラルドのこまかな記憶があまり頭に残っていません (´ρ`)ぽか~ん
 
  

泉質  : ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(15号源泉)

泉温  : 60.5   

ph値   : 6.6
  
湧出量 : 不明 
 
成分総計(mg) :  不明
 
場所  : 北海道釧路市阿寒町 
 
料金  : 宿泊(団体旅行扱いのツアーのため不明) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
 
備考  : 2011年6月30日にて一時休館
 
入湯日 : 記録なし
 
[湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★3★
温泉満足?・清潔満足度?・家族利用満足度?・食事満足度(宿泊時のみ)?・
むふふ(宿泊時のみ)?。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村

2011年8月12日 (金)

【十勝岳温泉 〔カミホロ荘〕(北海道・上富良野町)】

【十勝岳温泉 〔カミホロ荘〕(北海道・上富良野町)】 宿泊
入湯日:2011年7月

2011_080620110012
北海道のど真ん中、十勝連峰の登山口となる、
標高1200mに位置する十勝岳温泉。

四年前入湯の凌雲閣以来の十勝岳温泉!
 http://kimamura.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-e3bd.html

今回目指したのは、露天風呂から雲海が見られるカミホロ荘。
 


Img_22851
途中では、キタキツネがお出迎え・・・


2011_080620110114
漢字だと、こう書くんですね。
 

2011_0806201101151
部屋から見下ろす富良野盆地。
 

2011_080620110038
温泉の特徴を端的にまとめたご案内

それでは、温泉にまいりましょ~う~!


2011_080620110070_2
こちら内風呂。全面オンコの木が使われています。
 

2011_080620110087 2011_080620110085
湯船も洗い場にも使われている、赤みのあるオンコは、
昔は高官の笏に使われていた木で、
古来より、リューマチや夜ぐっすり眠れるという、
効能があるそうですよ。
 

2011_080620110090
そして、露天風呂。こちらはヒノキとヒバが使われております。
 

2011_080620110093
朝の露天風呂から眺める壮大な 雲海 は、
下界のなにもかもを忘れさせてくれます\(^o^)/



2011_080620110065  2011_080620110064
内風呂の湯口!       露天の湯口!

加温はしているが源泉掛け流しの湯は、ほぼ無色で、
お味のほうは、酸味というか、えぐみが強烈。
しっかりしたお湯という感じです。

 

お次は、食事。

2011_080620110020
夕食!  牛肉コースを選んだら肉尽くしにcoldsweats01
ふらの和牛に、かみふらの地養豚
刺身は、北海道らしくサーモンのみ。


2011_080620110021  2011_080620110022
  山麓らしい寿司      スモーク製造機
 
 

2011_080620110122
朝食はバイキング!
 

2011_080620110120 2011_080620110117

2011_080620110118 2011_080620110119
朝食も頑張ってますねgood



2011_080620110033

泉質  : 酸性-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉

泉温  : 28.0   

ph値   : 2.5 
 
成分総計(mg) :  1356
  
場所  : 北海道空知郡上富良野町 
   
料金  : 宿泊(13000円乳搾り・アイスクリーム造りプラン込) 
 
入浴時間: 15:00-9:00?
備考  : 早朝、露天から雲海が見られるぅ
 
入湯日 : 2011年7月
 
[31湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度4・家族利用満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)3・
むふふ(宿泊時のみ)3。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011年8月 8日 (月)

【鈍川温泉[鈍川温泉ホテル](愛媛・今治市)】

【鈍川温泉[鈍川温泉ホテル](愛媛県・今治市)】立寄り
入湯日:2011年7月

St322069 
松山市より車で1時間弱、しまなみ海道今治ICより車で20分の
鈍川渓谷に佇む温泉ホテル。
鈍川温泉郷は、伊予の三湯であり、今治藩の湯治場だったとのこと。
けっこうな山中にあるが道路が整備されているので手軽に行けます。
 

St322081
渓流沿いに建っているので、駐車場からは2階建てに見えるが、
ロビーが4階にある5階建の大きなホテルです。
 

St322073 St322093
この日は残念なことに、露天風呂と大浴場が工事の為入れず、
名物?の岩風呂だけしか入れないとのこと!
1階にあるため3階分下がっていきます。入り口には本物の生け花がお出迎えhappy01
 
 
 

St322091
湯気でモワッとして岩風呂は、自然の岩石を取り込んでいるとのこと。
奥の壁は、いかにも男女別にするため後で仕切ったようだ。
 
 

St322086
お湯は、無色透明で臭い・味は殆ど無し。
PH9.6だが、ヌルっと感はほとんど無し。
自家源泉で湯量も多い為、鮮度はよい!
 

St322094

St322074_5  St322077
↑平成14年分析      ↑昭和57年分析



※おまけ
St322071
駐車場では、クジャクがお出迎え!
 (けっして野生ではありません)
  

泉質  : アルカリ性冷鉱泉

泉温  : 20.2  

ph値   : 9.6
 
湧出量(毎分/L) : 290
  
成分総計(mg) : 221  
  
場所  : 愛媛県今治市玉川町鈍川 
   
料金  : 日帰り(400円) 
 
入浴時間: 6:00-22:00

備考  : ロッカー・ドライヤーあり
 
入湯日 : 2011年7月
 
[26湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★3★
温泉満足3・清潔満足度3・家族利用満足度2・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)-。

 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

2011年8月 7日 (日)

★祝?200湯目★【道後温泉 〔旅館 常磐荘〕(愛媛・松山市)】 ~源泉掛け流しの湯~

【道後温泉 〔旅館 常磐荘〕(愛媛・松山市)】 宿泊
直近入湯日:2011年12月

★おかげさまで、新規入湯200湯目の記事(1施設:1湯)となる記念すべき温泉★


追記記事へ更新 
→ 2012年5月道後温泉〔常磐荘〕再入湯記事


日本三古湯の一つ、松山市の道後温泉での宿泊です。

 

St322062
久しぶりに温泉街の和風旅館にお世話になりました。
大正時代の木造建築は、道後の宿では唯一とのこと。


St321944
お茶菓子は、坊ちゃん団子 でお出迎え!
(先の緑の団子は既に腹の中です・・・)

St321952
部屋からは、道後温泉本館が見渡せますね。


St321947  St321945
もちろん部屋の中も昔のまま歴史を感じさせてくれます。
TVを置いていないこだわりも、心地よいです。


St322045_2  St321989_2
よく磨かれ黒光りした廊下は、まるで鴬張りのように、
歩くたびにギシッギシィと鳴いてくれます。

ドアが無く、引き戸だけの使い勝手の良い日本家屋を、
いつまでも守り続けてほしいです。
因みに今回は、貸切でしたscissors

それでは、お風呂に参りましょ~ぅ!

St322043
鍵をかけて、貸切入浴!

St322025
シンプルな岩風呂風の湯船からは、源泉が、
掛け流されています。

St322033
岩も組んだ下が、湯口で、ボゴ、ボゴっと不規則に
お湯が出てくる音が面白です


St322032
無色透明なヌルスベ感が強いお湯は、
本館からの引き湯だそうですが、
こちらは小さな湯船で鮮度の高い源泉掛け流しなので、
人の多い道後温泉本館での朝風呂は取りやめ、
こちらでゆっくりさせていただきましたhappy01
 

St322064
こちらは朝食!

近代的な大型旅館とは違い、時間がゆっくりと流れているような、
落ち着いた気持ちにさせてくれるお宿でした。
この状態を維持していくのは大変でしょうが、頑張ってほしいです。

St322041_2  St322038


泉質  : アルカリ性単純温泉

泉温  : 48.0   

ph値   : 9.1 
成分総計(mg) :  270
場所  : 愛媛県松山市道後湯月町4-2 
料金  : 宿泊(8000円朝食のみ) 
入浴時間: 15:00-9:00
備考  : 内湯が1つのため、鍵をかけての貸切風呂
入湯日 : 2011年7月(初)、12月
 
[25.11湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度5・家族利用満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)2。
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2011年8月 6日 (土)

【温泉こまどり(高知・安芸市)】~源泉掛け流しの湯~

【温泉こまどり(高知・安芸市)】立寄り
入湯日:2011年7月

St322114
高知市より車で1時間半強の安芸市の山中にあります。
安芸市街地から江川川沿いを30分程遡りますが、
車1台がギリギリの道幅の山道がほどんどで、
対向車とすれ違うと崖下に落ちるのでは、
というスリルも味わえます。

St322109
山間の集落をいくつか通り過ぎ、山をくり抜いた小さなトンネルを越えると、
こまどり温泉のある小さな山里の集落に到着。
手作りの看板のおかけでなんとかたどり着くことができました!
(注意:帰りはトンネルを通り過ぎる可能性大)coldsweats02

St322118
温泉は小さな内湯のみですが、大きな窓から山の風景が
飛び込んできて、開放感いっぱい。
各所、清掃が行き届いており、気持ちよく過ごせますhappy01


St322138 
カランが3つ、左が冷泉、中央・右が加温したものが出ます。
冷泉からは、しっかり硫黄臭が漂っています。

St322132     St322124
湯口はフィルターが巻かれ、カランから出たきれいなお湯の量が
そのまま湯船から掛け流され、
循環ろ過、加水は一切されていない、源泉掛け流しのホンモノですね。
硫黄分が豊富なお湯は、無色透明で、ヌメリの無いしっかりしたものでした。
 

こじんまりした日帰り施設ですが、お湯だけでなく、食事も充実してます。

St322147
名物、「こまどりご膳」は、4日前に予約が必要とのことですが、
地元でとれた川魚や野菜を使った立派な山里料理。
 
 

St322148
他にもメニューは豊富。
しかし・・・今回は時間がなく、食事は断念・・・
 
 

2011_080620110477
こまどり温泉 謹製 「なすびん」300円也をお土産に。

なすびの辛子漬けですが、
「こりゃ辛い、こりゃ旨い」とサブタイトルがついているだけにbeerに最適happy01

 

自然いっぱいの住民20人あまりの山里という環境の中、素朴なお湯と山里料理は、
とても安らぎを与えてくれる温泉施設です。

St322115

泉質  : 単純硫黄冷鉱泉

泉温  : 17  

ph値   : 不明
 
湧出量(毎分/L) : 不明
  
成分総計(mg) :  351
  
場所  : 高知県安芸市黒瀬550 
   
料金  : 日帰り(400円) 
 
入浴時間: 11:00-18:00
備考  : ロッカー(無料)あり・ドライヤーあり・農業体験可
 
入湯日 : 2011年7月
 
[22湯次の勝手な5段階評価]  総合評価★4★
温泉満足4・清潔満足度5・家族利用満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ(宿泊時のみ)-。
 
 !参考になれば、ポッチっとお願いします! soon       人気ブログランキングへ

                                   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
                                    にほんブログ村 

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense