フォト

湯次の勝手な評価は、あくまで私の主観であり、期待に対するものです。 

カテゴリー

↓ ポチっとお願いします ↓

すごい マウスウォッシュ

  • すごいマウスウォッシュ

    むし歯菌・歯周病菌を99.9% 死滅させる 乳酸菌、L8020乳酸菌が入っているそうで手軽に歯周病対策ができそうでいい。朝、起きたとき口のネバネバがなくなりました(笑)

無料ブログはココログ

使えます!

2017年7月18日 (火)

【斐乃上温泉〔かたくりの里 民宿たなべ〕(島根・奥出雲町)】~かけ流しの湯~  &今日の和菓子「琥珀羹」

■散歩道、今日の写真! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dsc042841
 < 源水・京都二条 「琥珀羹」 >
夏の和菓子です。この透明感が涼しげな意匠となります。寒天で作っているので、冷やせるのがうれしいです。この黄色はくちなしの実で出してるんですよ~
上生菓子は、菓銘「こはくかん」。
錦玉羹

--------------------------------------------------------------------
【斐乃上温泉〔かたくりの里 民宿たなべ〕(島根・奥出雲町)】宿泊
直近入湯日:2016年9月


Dscn01181
島根はJR木地線出雲横田駅から車で20分程の山沿いにある「斐乃上温泉〔かたくりの里 民宿たなべ〕」へ泊まってきました。湯原温泉郷の一角ということらしいです。



Dscn03471
出雲神話にもでてくる船通山の登山口となっていて、山小屋風の建物が似合ってっます。山の帰りによるのもおススメです。ちなみに斐乃上温泉は日本三大美肌湯温泉で、残る2つは、嬉野温泉(佐賀)・喜連川温泉(栃木)らしい。余談ですが、"日本三大美人の湯"というのもあって、川中温泉(群馬)・龍神温泉(和歌山)・湯ノ川温泉(島根)のことだそう。



Dscn01371
玄関に入ると、吹き抜けの天井で開放感があり、山小屋ぽくって、民宿とは思えない立派さに期待が膨らみます。何気になく、何枚か俳優等のサインが飾っていました。



Dscn01481
部屋はとてもシンプルで窓の外の草木が目に飛び込んできて、癒し感満載。縁側がとっても気に入ってしまいました。


 
Dscn01451 Dscn01461
お茶請けの和菓子や、床の間に生けられた生花から、良質なおもてなしの心が伝わってきます。



Dscn01751
すっかり寛いだので、温泉へと向かいましょう! 内湯は5人程が入れるとてもシンプルな白いタイルの浴槽で、露天風呂の木々が映えて見えます。26.3℃の源泉を循環せず加温してかけ流しており、オーナーの温泉に対する思いが伝わってきます。



Dscn04171 Dscn04151
湯口な白くなっているのは、温泉成分のせいでしょうか? 右のカランを開けると、美肌の湯と云われるヌルヌルの源泉を楽しむことができますが、出し過ぎは浴槽の温度が落ちるので注意が必要です! 排出口からもひっきりなしにオーバーフローしていました。



Dscn04201_2
内湯の奥の扉を開けると露天風呂へと続いています。岩で組まれた露天風呂は3,4人が入れる大きさで緑がいっぱい。山のお宿であることを思い出させてくれます。



Dscn02791
この日は、あいにくの天気で星空を見ることはできなかったけど、かじかの鳴き声を聞きながら、ヌルヌルのお湯に浸かって、ボーっとする至福の一時を過ごすことができ、定宿がまた一つ増えることとなったのでした。



Dscn02401
そして、もう一つ、民宿とは思えない、いい意味で裏切られたのが、食事です。岩魚尽くしを食すことができました。写真左上から時計回りで、岩魚の塩焼き・岩魚の刺身・岩魚酢〆と甘酢あえ・漬物・茶碗蒸し・山菜とコンニャクの炊いたん。が、先ず出てきました。



Dscn03931
ここで、岩魚の骨酒をオーダー。岩魚をかたどった徳利には、思わずニンマリ。これが、絶品!



Dscn02561 Dscn03821
しばらくすると、山菜の天ぷら(こごみ・こしあぶら・わらび・ぜんまい・ふき等)と手打ち蕎麦。最後に、自作米と岩魚のアラ汁・季節の果物。蕎麦やコメも自宅で作っているとのコトで、地産地消の贅沢さでした。



Dscn01561_2 Dscn04451
朝食は、部屋ではなく、囲炉裏端でいただきます。素朴な料理が並びます。お米も美味く箸が進みます。



Dscn04471
今回は、定宿にできる隠れ家が見つかり、充実した温泉巡りとなりました。中国地方最高の標高にある温泉宿。今頃は最高の避暑地のなっていることでしょう。

★温泉データー★(分析日:平成17年11月14日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:斐の上温泉)
泉  温 : 26.3
PH 値 : 9.9
湧出 量 : 測定不能 L/分(--)
ラドンRn: 16.8 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 160 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温有・加水無・消毒無)
場  所 :  島根県仁多郡奥出雲町竹崎1844
電  話 : 0854-52-0930 
日帰料金 : 500円(宿泊:2食付9500円)
利用時間 : 10:30-19:00(宿泊:21:00まで翌日6:30より)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー無・ソープ有
入湯月日 : 2015年5月、2016年9月


〔26.30湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度5・食事満足度(宿泊時のみ)5・
むふふ度(宿泊時のみ)4・再訪したい度5



↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年6月10日 (土)

【奥出雲湯村温泉〔河原の野湯〕(島根・雲南市)】 ~お手軽野湯は、足元自噴~  & 出雲そばを食す

■散歩道、今日の1枚  島根にて■ ※記事とは、関係ありません!


Dscn00641
< 出雲そばレストランむらげ 「割子そば」 >
雲南吉田IC降りてすぐにある道の駅「たたらば壱番地」にある十割蕎麦屋さん。
三段の丸い器に盛られたそばに、薬味とつゆをかけて食します。これは何杯でも行けそう。
〆は、湯のみに蕎麦湯が入っており、そこに蕎麦つゆを入れて蕎麦湯を楽しみます。普通とは逆なのがおもしろい。

--------------------------------------------------------------------
【奥出雲湯村温泉〔河原の野湯〕(島根・雲南市)】 立ち寄り
入湯日:2015年5月

Dscn00691
島根は、松江自動車道三刀屋木次ICから車で20分程の山里、斐伊川から自噴している「奥出雲湯村温泉〔河原の野湯〕に浸かってきました。先日記事にした「奥出雲湯村温泉〔公衆浴場 元湯漆仁の湯〕」のすぐ近く。


Dscn00721
元湯漆仁の湯から、河原を下っていくだけのお手軽野湯です。


Dscn00771
以前は、管理された露天風呂があったのか、料金箱や土管のようなもの等残骸残っていたりします。


Dscn00741
コンクリートで固められた浴槽のようなものもありました。手を着けてみると温かいです。間違って入ってしまう人がいたりして。


Dscn00761
その下にも、藻が大量に発生している湯だまりもありました。


Dscn00791 Dscn00801
更に河原まで下っていくと、湯舟のようなものが見えてきました。一見すると川と一体化していて湯舟と見分けがつきませんね。


Dscn00861_2
ここが温泉の湯舟です。お湯が澄んでて、手を浸けてみないと温泉と川水の区別がつかないです。


Dscn01031
よく見ると湯舟の底からブクブクと泡が出ていて、足元自噴であることを目で楽しむことができました。


Dscn00891
では、早速、スッポンポンになって浸かってみましょう♪ 無味無臭・無色透明で特徴のないお湯ですが、まるで川に浸かっているようで、ピーカンの中、大自然と一体になれ、至福の一時を過ごすことができました。あらら、写真がピンボケですね(^_^;)


Dscn01131
お手軽野湯とはいえ、周りからは丸見えで隠れるところもないので、恥ずかしくなりそそくさと車へ戻るのでした!
実は最近、再訪したのですが、前日の雨で増水しており湯舟が消えていました(^_^;)訪問時は確認を!

★温泉データー★
泉  質 : アルカリ性単純温泉
泉  温 : 43(元湯漆仁の湯の源泉参照)
PH 値 : 8.7 43(元湯漆仁の湯の源泉参照)
湧出 量 : 不明 L/分(足元自噴)
ラドンRn: 不明x10-10 Ci/kg
成分総計 : 不明 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・塩素消毒無)
場  所 :  島根県雲南市木次町大字湯村
電  話 : 無
日帰料金 : 無料
利用時間 : 24時間(増水時不可)
備  考 : 脱衣所等一切なし
入湯月日 : 2015年5月
〔26湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度5
↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年6月 9日 (金)

【宇品天然温泉〔ほの湯〕(広島・広島市南区)】~かけ流しの湯~  & 初夏を楽しむ 「初蛍」

■散歩道、今日の写真! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dsc042771
 < 源水・京都二条 「初蛍」 >
全国的に梅雨入りしましたが、季節先取りの和菓子の世界で初夏を楽しみました♪
水辺の草の中に輝く蛍を表しています。
今回の上生菓子は、菓銘「初蛍」。
外・きんとん、中・つぶ餡

--------------------------------------------------------------------
【宇品天然温泉〔ほの湯〕(広島・広島市南区)】立寄り
入湯日:2015年5月


Dscn00541
広島は、広島高速3号線 宇品I.Cより約5分の都心のスーパー温泉銭湯「宇品天然温泉〔ほの湯〕」に浸かってきました。周りには町工場があったりして、下町にポツンと大きな建物が立っているといったイメージですが、広島市内では珍しいかけ流し温泉とのことです。



Dscn00301
車を置いて、玄関へ通じる廊下を進むと古き良き和風旅館を思わせる看板が暗闇に浮かんでいました。以前に紹介した同経営の 【塩谷天然温泉〔ほの湯 楽々園〕】  とは、ずいぶん雰囲気が違いました。



Dscn00331
しばらく進むと、周りの植え込みがライトアップされたエントランスへ到着です。



Dscn00341 Dscn00351
受付を済ませ館内を進んでいくと数段上がったところに女湯と男湯の暖簾が左右にありました。



Dscn00471
脱衣所は、清掃も行届いていて清潔感たっぷりです♪



Dscn00381
早速、浴室へと向かいます。内湯はいろいろな浴槽があるのですが、いずれも白湯なのでパスして、露天風呂にたどり着きました。露天にも多くの浴槽があるのですが、一番中心高い所にあるのが源泉浴槽で緑掛かった源泉をしばらく楽しみました。



Dscn00371
奥にモニターが見えていますが、その下の浴槽は循環ながらぬるめのお湯なので多くの人がTVを楽しんでいます。その間、ボクは源泉浴槽を独り占めさせていただきました。
湯口からは勢いよく源泉が注がれていました。間違って飲んでみると、金気臭とわずかな石油臭を嗅ぐことができました。間違って飲んでみると、とても塩辛い中に鉄味が感じられました。浴感はキシキシ。ラドン泉の多いこの地区で違った泉質のかけ流しを楽しむことができるとは思ってもいませんでした。
★温泉データー★(分析日:平成25年9月11日)
泉  質 : 含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩冷鉱泉(源泉名:E.R.E 宇品の湯)
泉  温 : 23.8
PH 値 : 7.0
湧出 量 : 350 L/分(動力)
ラドンRn: 3.5 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 25,126 ㎎/kg
使用状況 : かけ流し(一部)(加温有・加水無・消毒有)
場  所 :  広島市南区宇品東三丁目4番34号
電  話 : 082-252-1126  
日帰料金 : 750円(家族風呂2500円)
利用時間 : 10:00-25:00 (休:無休)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年5月

〔25湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度4



↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月27日 (土)

【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】~かけ流しの湯~  & ~ワニのづけ丼を食す~

■散歩道、今日の写真! 島根にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn99911_2 Dscn99881_2
 < 道の駅とんばら 「 ワニのづけ丼 」 >
山間部のこの地域で昔から食べられている海の幸、ワニの丼。味もよく保存も効くことから祝い事には欠かせない一品だとか!
因みにこの地域では、鮫のことを「ワニ」と呼ぶとか。
併設の野菜直売所では、この時期ならではの、ユキノシタやらの山菜もお安く売られていました。

--------------------------------------------------------------------
【加田温泉〔加田の湯〕(島根・飯南町)】立寄り
入湯日:2015年5月

Dscn01101
島根は、松江自動車道吉田掛合ICより1時間弱の公共浴場「加田温泉〔加田の湯〕」に浸かってきました。R54号線から少しR184号線へ入ったところですが、黄色い看板があるから迷わないでしょう。


Dscn00451
公共浴場といっても、立派な木造平屋建てで、この地独特のバンガラ屋根に夕日が浴びて輝いていました。併設のごんべえ茶屋では地元の食材を使った「ごんべえ定食」がおすすめらしいですが、営業時間が15時までらしいので食事にありつくことはできませんでした。


Dscn00481
早速、受付でお金を払って浴槽のある暖簾の前までやってきました。男女日替わりで、岩風呂と檜風呂を楽しむことができるとのこと。この日は岩風呂です。


Dscn00811
写真は岩風呂の脱衣所です。鍵付きロッカーやドライヤーもあり、清掃も行届いているのでとても快適です。


Dscn00871
さっさと脱いで、浴室へと向かおうとし、ふっと横を見ると木製身長測定器が! 成長の思い出を刻んでほしいのでしょうか(笑)


1021_2
暗めの照明ですが、窓を大きく採られているので開放感があっていいです。7,8人は入れる内湯とサウナの前の温泉ではない水風呂だけのシンプルな浴室です。


Dscn00591_2
太い真竹の竹筒の湯口からは、まだ酸化していない透明な源泉が大量に出ていました。金気臭のする温泉を間違って舐めてみると鉄味以外にもしっかり炭酸味を味わうことができました。三瓶山系のお湯ですね。


1121_2
岩風呂の排出口には析出物ががっちり固まっています。この口だけでは足りず、湯舟の縁からもオーバーフローしており床も棚田状態になりつつありました。


Dscn00941
茶褐色の湯舟に浸かってみると、下の方は全く見えない濁り様です。若干のツルツル感がある程度で見た目ほど、ガツンと来る湯ではありません。塩分が弱いのも影響しているのかもしれませんね。山間の公共温泉にはピッタリのようにも思えます。源泉が湧出しているのは隣の神戸川の畔とのコト。


★温泉データー★(分析日:平成25年4月15日)
泉  質 : ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(源泉名:加田温泉)
泉  温 : 14.8
PH 値 : 未記載
湧出 量 : 20 L/分(動力)
ラドンRn: -- ×10-10Ci/kg
成分総計 : 3121 ㎎/kg
使用状況 : かけ流し(加温有・加水無・塩素消毒有)
場  所 :  島根県飯石郡飯南町下来島707-2
電  話 : 0854-76-3357 
日帰料金 : 400円(家族風呂2500円)
利用時間 : 10:00-20:00 (休:第2.4火曜日)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープあり
入湯月日 : 2015年5月

〔19湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足4・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度3


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月 9日 (火)

【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】 & コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食す

■散歩道、今日の写真! 岡山にて■

Dscn04021_2 Dscn04161
 < 岡山津山・橋野食堂 「ホルモンうどん」 >
津山に来たら、やっぱりこれたよね! ということで、コラーゲンたっぷりのホルモンうどんを食しました。二玉はちょっと多すぎたかも・・・

--------------------------------------------------------------------

【足(たる)温泉〔足温泉館〕(岡山・真庭市)】立寄り
入湯日:2015年5月


Dscn04241
岡山は、米子自動車道湯原ICより10分弱の共同浴場「足(たる)温泉〔足温泉館〕」に浸かってきました。湯原温泉郷の1つですが、4軒の旅館には内風呂がなく、紹介の共同浴場を使用することになります。


Dscn04201
建物は平成11年に建て替えられたもので、鰻の寝床のように奥行きのある構造で、正面から見たときとのギャップが面白い。


Dscn04161_2
玄関を入ると正面に受付があります。その上には、前出の下湯原温泉と同じような温泉ご案内が掲げられていました。家族風呂が5個もあるのは、旅館に内風呂が無いからなんでしょうか。


Dscn03811
正面から手前に休憩所、その奥は右手に貸切風呂がならんでおり、左手が、男女別内湯と露天風呂があるとのこと。早速奥へと進みましょう。


Dscn03841
男女別浴室の暖簾前までやって来ました。館内がピカピカなのと暖簾のくたびれ感にギャップがあります。


Dscn03861
脱衣所は、いたってシンプル。ひと枠が多いく取られていて籐籠が置かれています。貴重品用鍵付きロッカーは別にあるので安心です。


Dscn03911
赤い石の内湯です。赤主体の内風呂とくのも珍しいですね。左手には長方形の2人用ジェットバスがあります。オーバーフローしてない循環の内湯となっています。


Dscn03951
露天風呂は3人程でいっぱいになるコンパクト岩風呂で、すぐ横を旭川が流れているので、こちらでゆっくりすることにしました。わずかなヌルスベ感もあるが弱いです。切傷や皮膚表に特に良いらしいので、湯治的利用も多いとのこと。


Dscn03961
内湯には、間違って舐めてしまう湯口がなかったのですが、露天は、源泉と加温水がブレンドで出ているようです。湯原温泉郷の中でも特徴が分かりづらいものでした。やはり加温することがネックなのでしょうか。


Dscn04271
建物を出て、少し歩くと、以前の共同浴場だった所に、「たるの湯跡」があります。元亀年間に当時の高田城城主が武将たちの刀傷を癒すために、樽に温泉を詰めて運び出したという伝説を伝承するための石碑とのことです。


★温泉データー★(分析日:平成21年9月30日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:足温泉)
泉  温 : 34.0
PH 値 : 9.2
湧出 量 : 150 L/分(動力)
ラドンRn: 2.9 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 135 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水無・消毒有)
場  所 :  岡山県真庭市都喜足346-1
電  話 : 0867-62-2966 
日帰料金 : 600円(家族風呂2500円)
利用時間 : 7:00-22:00 (休:無休)
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年5月
〔14湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度2


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月 7日 (日)

【下湯原温泉〔ひまわり館〕(岡山・真庭市)】~ペット専用露天風呂~  &名水で打った十割蕎麦を食す

■散歩道、今日の写真! 岡山にて■

Dscn03701_2 Dscn03731_2
 < 岡山真庭・ひまわり館「そは通の十割そば」を食す  >
温泉施設併設の食堂ですが、名水で打った十割そばが名物とのことで、迷わず注文!600円也。蕎麦の香りも口の中に広がって美味しゅうございました。隣接してそば道場もありました

--------------------------------------------------------------------
【下湯原温泉〔ひまわり館〕(岡山・真庭市)】立寄り
入湯日:2015年5月



Dsc015791
岡山は、米子自動車道湯原ICより5分程の露天風呂しかない公衆浴場「下湯原温泉〔ひまわり館〕」に浸かってきました。湯原温泉郷の1つですが、一番新しく平成元年に掘り当てたとのコトです。



Dsc015801
ひまわり館は、内湯が無く露天風呂のみ。正面右側が男風呂ということで目隠しが低くなってますねえ。なので、立てばこちらを見ることができるわけですが、撮影ポイント近くには、土管に源泉が溜められているところがあるんですが、農作物の洗うためのもので入浴用ではないので、ここでの紹介は控えておきましょう。



Dscn03791
建物の玄関側に回ってきました。赤いベンガラ屋根は物産館で十割蕎麦も食せます。左側が露天風呂の建物になってます。



Dscn03291
受付で料金を払い、長ーい通路の手前が女湯、ドン突きが男湯のようです。



Dscn03621
青いカゴの置かれた脱衣所は、屋根はあるものの雨風が吹き込んでくるので、別に脱衣部屋も用意されているので、天候が荒れていても安心とのコトです。



Dscn03541
露天風呂は広くて、東屋もあるので、天候が荒れていても大丈夫!



Dscn03381 Dscn03581
岩で組まれた湯口からは、加温されたお湯がたゆまなく流れていますが、湯舟の沈んだ石からは、それ以上に大量に温泉が流れ出していました。



Dscn03561
循環ということですが、湯口からは大量に流されていることもあり、大量にオーバーフローしているので、鮮度はいいのかもしれません。



Dscn03451
洗い場も外なので、冬場に身体を洗うのはきついかもしれないけれど、湯原温泉の砂湯は、落ち着かないって人も、ここの広い露天風呂ならゆっくり寛けるでしょう。加温をしているためか無味無臭ですが、循環と云えども、湯触りはトロミがあり、なかなかいいお湯でした。



Dscn03681
料金所の出たところには、露天風呂の案内と「ペットの湯」の入口があります。 ペット専用の温泉を訪れるのは、北海道標茶の「オーロラ温泉」 以来で、とても珍しいのではないでしょうか? ただ、犬猫以外は浸かれないようなので注意が必要です。


★温泉データー★(分析日:平成24年3月13日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:下湯原温泉)
泉  温 : 39.8
PH 値 : 9.6
湧出 量 : 564 L/分(動力)
ラドンRn: 3.03 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 238 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水無・消毒有)
場  所 :  岡山県真庭市下湯原24-1
電  話 : 0867-62-7080 
日帰料金 : 500円
利用時間 : 10:00-21:00 (休:火)
備  考 : ドライヤー無・鍵付きロッカー無・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年5月
〔14湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度3

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年5月 6日 (土)

★RENOVATE2015【真賀温泉〔真賀温泉館幕湯〕(岡山・真庭市)】~足元湧出の源泉掛け流し湯~

★RENOVATE2015  木地屋旅館 に泊まった折、木地屋の真っ赤なタオル片手に再訪。
一部写真・記事を修正・追加しました!
Dscn02441
--------------------------------------------------------------

★おかげさまで、新規施設入湯450湯目の記事となる温泉★

最近、サボり癖がつき記事が書けず、350湯目から半年かかりました。
せめて、このペースは維持したいところです。これからもお付き合いよろしくお願いしますm(_ _)m



【真賀温泉〔真賀温泉館幕湯〕(岡山・真庭市)】立寄り
直近入湯日:2015年5月
Dscn18421 
岡山は米子自動車道湯原ICから車で10分弱の湯原温泉郷の一角にある真賀温泉に浸かってきました。日帰りの施設ですが、男女別の普通湯と家族風呂、そして温泉通には有名な混浴の幕湯があります。


Dscn01871_2
山の斜面に寄り添うように建っていますが、湯治宿のようで風情があります。足元天然自噴の温泉なので、このような立地状態なのでしょうか。


Dscn18531
さっそく中に入り、中央に「幕湯」の暖簾が掛かった混浴風呂へと向かいます。脱衣所は狭く4,5人でいっぱいなので女性にはハードルが高いかもしれません。ちなみに左側が家族風呂「玉之湯」です。


Dscn02471
※追記)2年後に再訪してみると、暖簾がオシャレに変わってました。「幕湯」暖簾は、以前の方がよかったなぁ。



Dscn0241
そして、待望の幕湯に入りましょう。 これは小さい!一坪ほどしかありません。薄暗くまさに壺湯といった感じで、とても深くて、一番深いところだと肩近くまでありました。立湯なので5,6人程は入れるのですが、タオル巻きも禁止なので女性には更にハードルが高い混浴風呂ではないでしょうか。


Dscn02391
お湯は無色透明ですが、かなりのヌルスベで温いので何時までも入っていられそう。


Dscn000181
湯面に竹の筒が下から出ており、源泉が溢れていました。ここに目を近づけて洗うのがいいと地元のおじさんに教えてもらいました。


Dscn000121
真賀温泉館の中でも、この幕湯が足元から自然湧出しているので一番鮮度のいい湯船とのことで人気が高いようです。若い女性も頻繁に入りに来るそうですが、この時は地元のおじさんだけでした。



Dscn18541
館内には、療養温泉番付が掲げられていました。西の前頭三枚目のようです。すべての浴槽が源泉掛け流しのようですが、混浴ながら足元湧出の幕湯が一番人気とのことで、休みには並ぶこともあるようです。しかし女性のギュウギュウ詰めの立湯はとんでもなく難易度が高いのではないでしょうか!

★温泉データー★(分析:平成16年8月20日)

泉  質 : アルカリ性単純温泉

泉  温 : 39.5

PH 値 : 9.4

湧出 量 : 205 L/分(自噴)

ラドンRn: -- x10-10Ci/kg

成分総計 : 151.7 ㎎/kg

使用状況 : 掛け流し(幕湯:足元自噴)

場  所 : 岡山県真庭市仲間180

電  話 : 0867-62-2953

日帰料金 : 250円(1回1時間以内・男女別の普通湯は150円)

日帰時間 : 7:00-22:00(年中無休)

備  考 : ドライヤー無・シャンプーソープ無・混浴(幕湯)

入湯月日 : 2013年3月、2015年5月

〔6.13湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)-・再訪したい度4

↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

     soon   人気ブログランキングへ

         にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
         にほんブログ村

2017年5月 5日 (金)

【真賀温泉〔木地屋旅館〕(岡山・真庭市)】~かけ流しの湯~  & 端午の節句の和菓子「あやめ」 

■散歩道、今日の写真! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dsc027161
 < 総本家駿河屋・伏見 「あやめ」 >
5月5日端午の節句は菖蒲の節句とも。
今回の上生菓子は、菓銘「あやめ」。   花言葉「よい便り」
外・練切、中・練餡

-------------------------------------------------------------------
【真賀温泉〔木地屋旅館〕(岡山・真庭市)】宿泊
入湯日:2015年5月



Dscn01651
岡山は米子自動車道湯原ICから車で10分弱のR313美作街道沿いにある「真賀温泉〔木地屋旅館〕」へ泊まってきました。湯原温泉郷の一角ということになるようです。



Dscn01841
日本家屋2階建で、昭和の湯治宿といった風格がありますね。昭和11年築とのこと。



Dscn01831
玄関を入ると、座敷の右奥に階段があり、歴史ある温泉旅館を醸し出していました。



Dscn01771
階段を登り切って、振り向いてみると、鄙びた温泉宿に来たことを実感させてくれました!

Dscn01721
一人旅ということで、6畳部屋がちょうど心地いい広さです。ボクはこういうところがすごく落ち着くんです。なんだかおばあちゃん家へ来たような。
夜のお風呂は折角なので、外湯の「真賀温泉館の幕湯」へ行くこととしました。



Dscn02701
たっぷり混浴風呂を楽しんで部屋へもどると、布団が敷いてありました。炬燵の温もりが布団へ入るように重ねてくれているのがうれしい。



Dscn03151
すっかり熟睡したので、朝風呂は内湯に入ることにしました。



Dscn02811
二人サイズの湯舟には、自家源泉が浴槽足元から注がれていました。奥にはブルーのライオンくんが口を開けていますが温泉は足元からだけ出ているようです。



Dscn03131 Dscn03141
壁には石がはめ込まれているのですが、なぜか、すずりのようなモノが埋め込まれています。何を意味しているのでしょうか?


Dscn02971
無色透明のお湯は、僅かに硫黄臭も感じられスベスベしていますが、お味は特にしませんでした。温めでとても心地よい浴感で、朝から贅沢なひと時を過ごすことができました。



Dscn03181
早朝から、湯上りに旭川の流れや新緑を眺めてボーっとするのは、とても贅沢です。



Dscn02871
そうこうしてると、女将がレモンと砂糖の入ったカップを持ってきてくれました。お湯を入れるとシンプルなレモン湯の出来上がり! これって、湯上りにいいかも。
たぶん70歳を超えているであろう女将は、足が悪く、食事を2階へ運ぶのが辛いので素泊まりしか受けていないとのコトでしたが、気配りが行き届いていて気持ちよく過ごすことができる宿なので、いつまでも続けてほしいとせつに思う温泉宿でした。



★温泉データー★(分析日:平成16年8月4日)
泉  質 : アルカリ性単純温泉(源泉名:真賀温泉)
泉  温 : 39.5
PH 値 : 9.3
湧出 量 : 測定不能 L/分(自噴)
ラドンRn: 6.3 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 180 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・消毒無)
場  所 :  岡山県真庭市湯原町仲間175
電  話 : 0867-62-2811 
日帰料金 : 立寄り不可(宿泊:素泊3000円)
利用時間 : --
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー無・ソープ有
入湯月日 : 2015年5月
〔13湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★4★
温泉満足5・清潔満足度3・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)2・再訪したい度4


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年4月17日 (月)

【天然湧出温泉 〔ゆららの湯押熊店〕(奈良・奈良市)】 & 抹茶コロッケ を食す

■散歩道、今日の一枚! 京都にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn00521
 < 京都宇治・肉のはりよし「 抹茶コロッケ 」  >
京都宇治商店街のお肉屋さんにある、創作コロッケ、抹茶コロッケを買ってきました。最初は違和感があったのですが、TVの取材もよく来るらしく店内には写真がいっぱい。
いざ、食べてみると男爵イモに抹茶を混ぜこんでいて上品な味、なかなかいけますよ~♪ ご馳走様でした~。 じつは、上のスコッチカツも気になるぅ~

--------------------------------------------------------------------
【天然湧出温泉 〔ゆららの湯押熊店〕(奈良・奈良市)】立寄り
入湯日:2015年5月


Dscn00781
奈良は、阪奈道路学園前ICより15分程の幹線道路沿いにある「天然湧出温泉 ゆららの湯押熊店」に浸かってきました。今はやりの和風モダンな風体のスーパー銭湯です。



Dscn00801
駐車場の反対には、温泉貯水タンクがあり、天然温泉であることをアピールしていました。



Dscn00771
駐車場から回り込んで行くと入口があります。木の板の看板には、天然湧出温泉と大きく記されていますが堀削動力なので勘違いしてはいけません。



Dscn00761
早速、ロビーで料金を払い、「お湯どんどん」の文字に期待をし、暖簾を潜りましょう!
中に入ってみると、カメラ・カメラ付き携帯は使用禁止とのこと。ここで写真は断念。

お風呂は充実しており、スー銭らしく、あわあわ風呂、電気風呂、炭酸風呂、露天岩風呂、足湯と多種多様な湯舟のオンパレード。毎分120ℓの湧出量では、加水も仕方ないでしょう。お湯は若干白濁りですが無味無臭で、少し塩素臭が気になるところ。街中の立派な温泉スーパー銭湯と割り切れば、手軽にゆっくり寛げるのではないでしょうか。


★温泉データー★(分析日:平成16年3月10日)
泉  質 : 単純温泉(源泉名:ならやまの湯)
泉  温 : 32.3
PH 値 : 7.5
湧出 量 : 120 L/分(動力)
ラドンRn: -- ×10-10Ci/kg
成分総計 : 251 ㎎/kg
使用状況 : 循環(加温有・加水有・消毒有)
場  所 :  奈良県奈良市押熊町2147-1
電  話 : 0742-40-1126 
日帰料金 : 720円(平日)
利用時間 : 10:00-01:00(平日)無休
備  考 : ドライヤー有・鍵付きロッカー有・シャンプー.ソープ有
入湯月日 : 2015年5月

〔5湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★3★
温泉満足3・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度2


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

2017年4月16日 (日)

【田沢温泉〔有乳湯〕(長野・青木村)】~源泉掛け流しの湯~  & 信州蕎麦・もりそば

■散歩道、今日の写真! 長野にて■ ※記事とは関連ありません

Dscn02051 Dscn02071_2
 < 長野上田市・車屋浦里店「 もりそば 」  >
長野、青木村の近くの蕎麦屋さん。この辺へ行くと空いてれば必ず寄ります。くるみ蕎麦がおススメですが、今回は甘いのが食べたくなかったので、もりそばを!
長さや太さが不揃いなのが手打らしくて好き。薬味に大根おろし。長野はこの手の蕎麦が多い気がする。麺は固めで美味いです!!ご馳走様でした~
--------------------------------------------------------------------
【田沢温泉〔有乳湯〕(長野・青木村)】立寄り
入湯日:2015年5月

Dscn02141
長野は、上信越自動車道上田菅平ICより30分程の山の麓にある「田沢温泉〔有乳湯〕」に浸かってきました。開湯は飛鳥時代だとか。田沢温泉といえば、卓球ブームを起こした映画「卓球温泉」のロケに使用された「ますや旅館」 も近くにあります。



Dscn02171
共同浴場だが、風情のある建物。裏の高台に駐車場はあります。



Dscn02401
玄関は、立派な破風屋根で歴史を感じさせますが、2000年に建て直されたものです。風情があっていいですねえ。



Dscn02371
自販機でお金を払い、早速、浴室へ向かいましょう。かけ湯槽に満たされているお湯は浴槽と違って緑掛かってますが、この源泉は2号泉らしいとのこと。カランやシャワーも同じ源泉が出てきます。



Dscn02361
浴室に入ると僅かな硫黄の香りが楽しめました。内湯のみの浴槽は、15人くらいが入れる大きさで、奥の岩の組まれた湯口から大量の100%ピュアな温泉がドバドバ出てきております。



Dscn02351
贅沢な湯量なので、半端じゃなく大量のオーバーフローを見ることができました。



Dscn02251
40℃弱の源泉をそのままかけ流しているので温くていつまでも浸かっていられます。しばらく浸かっていると、フワフワの泡付きとヌルヌル感もあり、湯口の近づくとしっかりした硫黄の香りと玉子の味を楽しめる、なんと贅沢な共同浴場なんでしょうか! 近くにあったら入り浸り、間違いないです(笑)



Dscn02471
外には、赤い丸ポストの脇に、無料の足湯がありました。こちらの源泉は、田沢温泉1号泉が使われているとのこと。



Dscn02661
その隣にある、洗濯の湯。ここは田沢共有組合権利者のみが使用でき、無断使用が禁止されているので、湯を持って帰らないようにしましょう。こちらも田沢温泉1号泉が使われているとの噂。



Dscn02671
有乳湯と書いて、「うちゆ」と読みます。子宝の湯、子持ちの湯、はらみ湯と呼ばれ、子のない婦人は37日、乳の出ない婦人は27日入浴すれば効果があるらしいです。それはともかく、ホント、いいお湯でした!


★温泉データー★(分析日:平成17年11月22日)
泉  質 : 単純硫黄温泉(源泉名:田沢温泉2号泉・3号泉の混合泉)
泉  温 : 39.5
PH 値 : 9.5
湧出 量 : 測定せず L/分(掘削自噴)※2号線は450L/分
ラドンRn: 未測定 ×10-10Ci/kg
成分総計 : 229 ㎎/kg
使用状況 : 100%かけ流し(加温無・加水無・消毒無)
場  所 :  長野県小県郡青木村大字田沢2700
電  話 : 0268-49-0052 
日帰料金 : 200円
利用時間 : 6:00-21:30
備  考 : ドライヤー無・鍵付きロッカー無・シャンプー.ソープ無
入湯月日 : 2015年5月
〔3湯次の勝手な5段階評価〕 総合評価 ★5★
温泉満足5・清潔満足度4・食事満足度(宿泊時のみ)-・
むふふ度(宿泊時のみ)‐・再訪したい度5


↓ 参考になれば、ポッチっとお願いします ↓

   にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
  にほんブログ村

  soon 人気ブログランキングへ

«【鹿沢温泉〔湯本 紅葉館〕(群馬・嬬恋村)】~かけ流しの湯~   & 「あのりぶぐ」を食す、その弐

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

rakuten

  • 使ってます!!

Adsense